秘密保護法はまさに「死のおきて」(白土三平『ワタリ』より)

明日国会に上程されるようですが、もしこんな法律が成立したら「ワタリ」の時代に戻ってしまうのかも。
以下、阿修羅様より。
 
 
秘密保護法はまさに「死のおきて」(白土三平『ワタリ』より)
http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/366.html
投稿者 gataro 日時 2013 年 10 月 23 日 14:53:48: KbIx4LOvH6Ccw


 
秘密保護法はまさに「死のおきて」(白土三平『ワタリ』より)
http://blog.goo.ne.jp/liveinpeace_925/e/2b3d5a004ff133ff1aa79a21e120825f

 秘密保護法の最大の問題点は、何が「特定秘密」にあたるのかが公開されないことにある。こんな法律ができたらどうなるのか、それを端的に示した漫画がある。


 
 画像は白土三平の忍者漫画『ワタリ』の一コマである。忍者たちは「死のおきて」なるものに縛られており、これを破った者には死が待っている。しかも、本人は自分のどんな行動が「死のおきて」にふれたのかわからないまま、有無を言わさず処刑されてしまうのである。
 そのおきては、実は、忍者たちを分断支配するために都合のよいある「秘密」のことなのだが、それが何なのかを知っているのは幹部だけであり、一般の忍者には知らされない。
 それを偶然知った、もしくは知った可能性がある者たちに対して「おきて」が発動される。
 自分のどんな行動が「死のおきて」にふれるのかがわからない忍者たちは恐怖支配の下に疑心暗鬼に陥りながら過ごしている。
 漫画ではその恐怖支配を打ち破ろうと忍者達が結束する場面もあるが、その勝利はつかの間のものであり、より大きな権力によって打ち破られていく有様が、当時(1965年~66年)の少年漫画としてはひどく凄惨な展開で描かれ、結末も主人公たちが孤立無援の苦しい闘いを強いられ続けることを予想して終わっている。
 白土三平の父親は、小林多喜二と同年配のプロレタリア画家であり、治安維持法や、秘密保護法との類似が指摘されている「軍機保護法」の恐ろしさを身をもって知っていた。この漫画ではその父親の体験が色濃く反映されている。 
 治安維持法は1925年の制定当初は死刑の規定はなかったが、1928年に死刑が加えられた。また1985年に提案された「スパイ防止法」(各界の猛烈な反対により廃案になる)では死刑までが含まれていたのである。
 もし秘密保護法が成立してしまったら、それは私たちにとってまさに「死のおきて」となろう。何しろ、その「特定秘密」が何であるかということを知ることもできないのだから。裁判にかけられても弁明もできない。裁判官ですら判決に具体的に何の罪であったのか書くこともできないのである。(鈴)


転載元: 無心

ちょっと涼しくなると猫が…

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
 

 
ちょっと涼しくなると…
 

 
ボケボケですが左がママ猫、産んだのはすべて雌でした。
ママも姉妹ばかりで生まれました。
 

 
 

 
 

 
 

 
この母子猫は私が寝るのを待ち構えていて、一緒に寝ます。
もっと寒くなると母猫は体温高い夫の布団へ(爆)

SONGS「五輪真弓」とキリシタン迫害

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
最近テレビで観た藤原紀香さんのルーツ、
中村獅童の父の反骨ぶり SONGS「五輪真弓」とキリシタン迫害
見どころありました。見逃した方、再放送があったらぜひどうぞ。
 
 
藤原紀香さんが、13日の自身のブログで「秘密保護法案」(藤原さんは「秘密保全法」と書いている)について「国民の一人として」堂々と危機感を表明し、現在行われている法案の概要へのパブリックコメント(意見公募)に自らが応募したことを明らかにし、意見をあげようとよびかけた。
国際活動や人道支援への協力も上記のWIKIに載っています。
 
 
ヴァイオリンだけでも11人の「恋人よ」は絶品でした。
 
 「恋人よ」の誕生エピソード。

究極の別れの歌を書きたい、と思っていた五輪さんに、
アルバム「少女」の編曲担当だった木田高介氏の訃報が届いた、
初めてのレコーディングで戸惑う彼女を兄のように支えてくれた人の死がこの曲を作ることになった。

 
 
 
世界10月号でも秀吉や徳川幕府の残酷極まりないキリシタン迫害の記事がありますが10月12日放送されたSONGS「五輪真弓」にも
明治になってからの五島列島久賀島のキリシタン迫害
200人が6坪の牢屋に押し込められ座ることもできず、42人が殺された!
 
五輪さんがお墓参り キリストの愛にもとずく信仰、それがなぜ迫害に遭わなければならないのか。
 
今この時代にもアベ政権は秘密保護法で国民を江戸幕府や明治政府と同じように国民を縛りあげようとしています。
 
このキリシタン迫害は他人事とは思えません。
 
 
私も一人旅でコッウォルズでタクシーもない場所で往生したことがあるのでわかります。
 
五輪真弓が、ニューミュージック界期待の新人シンガー・ソングライターとしてデビューして40年。独自の感性で紡いだ曲を数多く歌ってきた。番組では、父の故郷である長崎県五島列島の久賀島を訪ね、キリシタンとして生きた先祖の苦難や父の面影に触れながら、自身の歌のルーツを振り返る。久賀島を初めて訪れた時に作曲した「時の流れに~鳥になれ~」は、島全体を見渡す高台で熱唱。島の空気を満喫する五輪さんの一日を追う。
 
佐世保の九十九島遊覧したばかりなので五島列島の美しい映像にも惹かれましたがこの様な悲劇があったとは。
 
虹の松原も美しく海水浴場ですが私が毎日のように泳いだ知多半島の内海海岸は本当に細かくて白い綺麗な砂浜です。珍しい海岸です。昔はサンドスキーが行われていたとか。この千鳥ヶ浜海岸の水質は「日本の渚百選」のひとつ
 

 

 
友人と観た内海海岸のサンセット 前の画像と同じ海岸です。秋 
先日の快晴の九十九遊覧も私たちが乗ったすぐあとはそのあとはサンセットクルーズでちょっと残念、
最近BSで再放送された永 六輔出演の各地のサンセット録画しました。
船長は曇りの時わずかな太陽の姿を求めて船を移動させてました。
見せてあげたい気持ち一杯!

日本三大松原の一つ唐津虹の松原

 blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
 

WIKIの画像です。こんな良い写真撮りたいものです。虹の松原も知りませんでした(恥)
 
10月11日福岡空港から唐津へ。午後二時過ぎの飛行機で1時間ぐらいで福岡には付きましたが高速通ってマリンセンターおさかな村で早い夕食  ホテルに着くころには暗くなってしまいました。
車中でも宝くじが当たるという島など紹介してもらいましたが黄砂でお天気なのにもやっていました。それでも一夜あけるとご来光も拝めました。
 
テルは虹の松原近くなので朝散歩しました。
 
虹の松原(にじのまつばら)は、佐賀県唐津市唐津湾沿岸に広がる松原日本三大松原のひとつで特別名勝に指定され、日本の白砂青松100選日本の渚百選かおり風景100選日本の道100選にも選ばれている。玄海国定公園の一部。長さ約5kmにわたって弧状にクロマツの林が続く。海水浴場と隣接することでも知られる。
 
唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。
NHK「21世紀に残したい日本の風景(BS2)」の投票で、第5位 に選ばれました!
 虹の松原七不思議
 

松林が続いています。上から見ると海岸に巾広く松が植えられているのがわかります、変わった形の松が一杯。
 


 
唐津城

 
東京駅の設計者・辰野金吾貧乏な唐津藩史から大建築家になった人。
ホテルにこの旧唐津銀行のポスターが貼ってありました。ポスター観ただけでも燃えてしまいます。見学したい!
 
東大仏文科で小林秀雄三好達治らを育てたフランス文学者・辰野隆は息子である。
 

 
唐津ロイヤルホテルの朝食会場、バイキングですがお城と海を眺めながら朝のバイキングに“朝からつ茶漬け”がありこれが又美味しいかったです。
 
せっかくの名物食べないで通常の料理食べている方が多く勿体ないと思いました。
 

 
 

 
 

 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
朝食会場から観た風景
 

 
 
唐津城に行く地下道にはお祭りの陶画が並んで目を楽しませてくれました。

西九州の名物料理は美味しい!

 blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
 

 
今回の西九州で頂いた料理です。7つの味という旅行社の宣伝でした。
 
まず唐津のお魚村でイカ造り、透き通って綺麗。
ゲソは食べないようにと言われました。すぐ天ぷらにしてくれますから。
 

こんなお刺身やデザートもついてました。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この上左の写真の料理+刺身が付いていたのでもっと高いはず、今回のツアー食事が全部付いていたのではないからかえって美味しいものが食べられてよかったです。
唐津ロイヤルホテルではお城と海を眺めながら朝のバイキングに“朝からつ茶漬け”がありこれが又美味しいかったです。
 
右はおさかな村で、私には珍しいい様々なクジラが並んでました。
アケビなども一パックに何個も入っていて凄く安い。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蟹も小鯛も安い。右クジラのベーコンなど。
 

 
びっくりのドイツのお城のコピーがある有田ポーセリンパークでのランチ
 
美味しい佐賀牛、海鮮丼ですが寿司飯で嬉しい。サザエ。蟹。満足でした。
 
ハウステンボスの日航ホテルに夕方着いたのですが夕食は付いていなくて連休なので高いホテルのバイキングを仕方なく。
コンビニとホテルの値段が開きすぎ(泣)ホテルオークラのパンも残り少なく。
こんなことなら3900円出して(高い!翌日のチケットだけついていました)夜のハウステンボスに入るべきでしたが昼間、
 
唐津城、見帰りの滝、九十九島遊覧、泉山磁石場(日本陶器発祥の地)見学で疲れてしまいました。ホテルオークラまで往復しただけ。
 
ホテルオークラの夕食はもっとお高くお呼びでない。
 

これは土日などしかできないと言う巨大パエリア、ワールドフラワーショー近くで。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

牛肉の巻きずし、これも高くはなくてなかなかの味、和服の女性が販売。
 
他にもワイン、バラジュース、バラアイス、花苗、九州の物産が売られていました。まだまだフラワーショーや京都の記事は続きます。
 
今日は気功、セルフリンパに参加してから一時間かけて高濃度ビタミン点滴したので疲れも吹っ飛び寝られそうもなく記事を今頃UPしました。
 
いつもは早寝しています。

大きな別れ道 再びその道を走るのか

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
世界10月号石川逸子 大きな別れ道 再びその道を走るのか 
 
今一番嘆き憤慨しているのは、地底あるいは海底に沈んだままのアジア・太平洋戦争による彼我の死者たちではないか。
 
島根県の川本晃  檀家寺の境内に独力で「万国慰霊碑」を建立。
死後も永代供養の約束を取り付けています。
 
 
 
なんぼ人を殺いとるかわからんですよ
 
首を切っとりますよ
 
突撃の時は首を斬りますけんなあ
 
魚雷にやられて船が沈んでいく  海んなかですけえ
 
戦友が浮きつ沈みつしながら 沈んでいたですよ
 
天皇陛下万歳たあ言わんなあ ありゃ
 
大きけなウソでお母さん言うなあ多い
 
稲刈りの最中 夫に召集
 
二歳、三カ月の乳飲み子抱え呆然
 
二十年四月 夫はビルマで死んでおりました。
 
明治大学の学生で学徒出陣の渡淳さんの痛ましい死
 
三八式歩兵銃の部品をなくし天皇陛下から預かった兵器の部品だと激しく追及され
三日三晩飲まず食わずで広い野原を探したが見つからずついに銃口を眉間にあてて自決してしまった。
 
「人間の条件」読んだり観たりしたのと同じです。
 
古い銃しか持たされず食料もなく中国はじめとするアジアを焼き尽くし奪い尽くし犯し尽くし、結局餓死した日本兵の多いこと。
 
自分たちを死に追いやった戦争責任者とごちゃごちゃに祀られて、果たして心は穏やかでしょうか!
 
元々天皇方の死者だけを祀り、大日本帝国によって殺された日本アジアの幾千万のアジア・太平洋戦争の犠牲者は祀られていません。
 
 
初代文部大臣の森や福沢諭吉のアジア蔑視のイデオロギーが今も多手を振って闊歩している。
 
もう一度悲惨な過ちを繰り返さないと改心出来ないのでしょうか。
 
川本氏の方言の力強い詩に感動しました。
 
 
 

爆笑、そしてうっとり♪歌会

 blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
 
オペラも歌えるのではないかと思わせる実力派のメンバーがミニスカート(細くまっすぐな脚が綺麗。めちゃ短いスカートなのに見えないww)や派手なガクラン、女装で御笑いまで♪
ミュージカルも来ないからと名鉄ホールのHP観ていたらこの演目がみつかってしまいました。そのあと、続々ミュージカルやコンサートが来るのがわかりしまったと
思いましたが買った後。
 
若い原田優一演出家が見なきゃ損と、1時間半というのに2時間ノンストップで楽しませてくれました。この原田さんもレ・ミゼのガブローシュ演じていたんですね。
女装は可愛く、歌は勿論多才な方なんですね。
 
今までも観た事があるかもしれないけれど。
 

 
最初は客席から全員銀色の華やかな衣装で登場、椎名曲やピアノ・音楽監督のYUKA曲から始まりました。
衣装やアクセサリーが豪華なので嬉しい。
それにグランドピアノYUKA、チェロ村成爾、パーカッション菱谷大介もたっぷりと!
 

 
携帯撮影なのでボケボケ、スマホ撮影は大きすぎて。
 
樹理咲穂(宝塚時代の歌をテレビで聞いて可愛くてこんなにうまいのにトップではなくて憤慨するほど、今はキュートでお笑い専門に見えちゃいますが「オペラ座の怪人」のクリスティーヌの歌にはうっとり、彼女に結合双生児の舞台観たかったです)
和音美かずね・みおう(読み方難しいwww、彼女も素晴らしい美声、BSの宮川さんの番組でおもちゃの人形にふんして歌ったさまは絶品)の二人が歌った後は何と男性陣がドレス姿で!
原田君は可愛い少女、今井さんの女装も岡幸二郎との競演で観た事があるのですがやはり笑えます、案外可愛いのです。
歌い終わると舞台上袖でメイク直しスーツ姿にこれも爆笑。
 
今井清隆は時々背中に小さな羽根(体格が立派なのでおかしい)と頭に天使のリング付けてバレエ姿で出てきて、笑いをさそいます。
元四季でミュージカル界のスターなのに、暖かい人柄のようでこんなことまでしてしまいます。
レ・ミゼの「彼を帰して」「スター」、オペラ座の怪人にはうっとり。
 
昔のように固いことばかりでなくスターも御笑いしなくては皆さんをここまで喜ばせること出来ないので、大変ですね、楽しんで演じてらしゃると思いますが。
 
開演アナウンスから笑えましたが送り出しも宝塚の「さようなら皆さま♪」
なんだかこの曲も心穏やかになります。昔の方の言葉使い優雅です。
 
 

国際的に孤立に進む日本の人権政策

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
 

 
昨日脱走して手こずらせたおバカパパです。
世界10月号 寺中誠 p201~ 
勧告を無視しようとする日本
 
6月18日安倍内閣は国連拷問禁止委員会の勧告に関する質問主意書に対して
 
「勧告は法的拘束力をもつものではなく締約国に従うことを義務ずけているものではない」と閣議決定。
 
これに先立つ5月、国連の拷問禁止委員会での審議の席上、
 
「日本の刑事司法手続きが
 
自白偏重に偏っており、まるで中世のようだ」と指摘したモーリシャス出身の委員からの指摘に反応し、日本代表の上田人権大使が「シャラップ!シャラップ!」と場内を怒鳴りつけた!
 
何という時代錯誤、傲慢さでしょう。条約を結んだ意味がありません。
第二次世界大戦前の日本のようです、これは許せないことです。
 
日本は「警察での取り調べ中の自白より近代的で科学的な証拠に依拠すべきだと言う勧告を受けている。
 
上田大使はこの発言の後、「日本はこの分野において最も先進的」と主張!
 
感情的な反発を交えつつ、一切の国際的非難を受け入れないと言う強硬な態度を示した!ここまでとは驚愕します。
 
日本の軍部の性奴隷制の問題を軽視したり、強制連行の問題を矮小化させる橋下などのような政治家の発言が目立つ。
 
もっと話題にして糾弾すべきではないでしょうか。
 
続きをぜひどうぞ。

木曽赤沢休養林の森林鉄道と紅葉と猫の脱走


木曽赤沢森林鉄道(+ 再生リスト)
向きがおかしいのですが、すいません。
blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
 
今日はお天気だったので突然紅葉を見に行こうと言われました。
 
信州木曽上松町の赤沢休養林です。ここは平均樹齢300年以上のヒノキの天然林です。日本三大美林のひとつ。
 
古くから強度の高い良質のヒノキがとれることが知られていましたが、江戸時代に築城や城下町の造営が盛んになり、ヒノキが乱伐されたのを憂え、尾張藩が直轄地にして「ヒノキ1本、首一つ」と言われるほど、厳しく管理していました、このことは書物では知っていましたが今観光地としてトロッコ列車を走らせている、紅葉と渓谷が綺麗とも今まで知りませんでした!
 
行きは車も少なかったのに駐車場に着いたら600円もかかり、群馬や奈良殻の観光バスも何台も止まっていてびっくり。
 
トロッコ列車は団体さんで一杯、800円。木の切符が記念になります。
帰りは勿体ないけど渓谷沿いを気持ちよく歩きました。
これは携帯画像です、またデジイチの画像はUPします。
 
初夏に乗った北海道釧路湿原ノロッコ号と違い短時間の乗車でしたが眺めは負けていません。釧路湿原は空から見た方が絶景でしょうね。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
近くには秘湯といわれる飲むこともできる灰沢鉱泉もあるのですがお休みで入れませんでした。ゆっくり1泊するといいところです、森林浴としても最初に有名に?なったところだそうです。寝覚めの床の近くです。
 
帰宅したら空腹のはずの父猫が脱走、あちこち逃げ回り往生しました。近くによその猫がいて…野良ちゃんの雌?
 
娘のブランは外へ行かないし、ビビリのダブルも「閉めちゃうよ」と言えばあわてて帰るのにオスは困ります。
家族総出で何とか捕獲しました。

動画「ステルスマン」をご覧下さい。


転載元: 支離滅裂ですが、何か?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR