涼しい多度峡天然プールと滝と郡上八幡の思い出

 
多度大社は1095グラムの早産児を生んでしまった私の代わりに母がお参りに行ってくれた有難い神社です。
 
 

 
 
7月中旬よりプール開きを行います。 カルキや消毒剤を一切使わずに川の流れの力だけで、清潔に保たれており、水も冷たく爽快感は格別です。 期間中は、金魚つかみなどのイベントも行われます。 三重県桑名市の多度大社の近くに涼しいところがあると連れ合いが言うので行ってみたら。

2011年、8月に三重県桑名市の多度大社の近くに涼しいところがあると連れ合いが言うので行ったのですが当時はUPする時間がありませんでした。
今年はあんまり暑いので皆さん如何ですか。
 
海水浴も川遊びも心配なら(放射能で悲しい)散策するのも気持ちが良いです。
 
カルキも消毒もしない!私も郡上八幡の川で泳いだことを思い出します。
テレビで良く紹介される川のずっと上流なので泳ぐ子供も少なくさらに綺麗でした。
 
家の近くでした。冬は家の裏でちょっとスキーが出来ました。
 
父の転勤で二年しか住んでいませんが毎朝の墨絵のような山の連なりも忘れられません。
 
お盆の徹夜踊りや郡上一揆で有名な郡上八幡
 
家庭科の教師も踊っていました。当時は踊りも思春期で覚えられずおしいことしました。今ならねえ。
 
あれも郡上一揆に関連
 
中学時代はスクールバスがありましたが高校は自転車通学!
それまで祖母が自転車は危ないと運転させてもらえなかったのでさあ、大変、必死で覚えました。あのとき、郡上に行かなければ今も乗れなかったかもしれません。
怪我もしましたが良かった。
冬は道路が凍り自転車乗りながら皆さん滑ってました。
 
女子にもズボンの制服がありました、さすが!
 
大きな岩が真ん中にあり面白かった!
 
プールか、知多半島の内海でしか泳いだことなかったので冷たくて塩でベタベタもしない川の水泳はとても気持ちが良かったです。
 
多度の天然プールは山が迫ってるので涼しい!
でも子供が一杯。珍しい光景を思い出しました。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真も行方不明。楽天にUPした携帯写真しか見当たりません。
 

みそぎ滝でしょうか。
 
 
 
多度大社の「みそぎ所」であるみそぎ滝は、多度峡を流れる渓流で、落下25mの渓谷美は圧巻。春は新緑、夏は天然プール、秋は紅葉と四季を満喫できる憩いの場です。
 
スポンサーサイト



「ナチスの手口学んだら…憲法改正で麻生氏講演」

麻生太郎副総理がナチスの手口を賞賛しています。
 
 
国民にはバレないように日本国憲法を変えていきたいそうです。
 
 
参院選で自民党が大勝した結果、このようなことを平気で言うようになってきたようです。
 
 
本来、権力をチェックする役割のマスコミが機能していませんので、市民一人一人がチェックしていきましょう。
 
 
かつてニュース映像は、大がかりな機材がないと出来ませんでしたが、現在では気軽にムービーを持ち歩けるようになり、誰もがニュースの発信者となりうるようになりました。
 
 
様々な情報をチェックすることも重要ですが、デジカメやムービーを持って色んな所へ出かけていき、それをブログや動画サイトにアップし、情報を流しましょう。
 
 
海外でのテロや暴動、事故などの映像も市民のムービーの映像や動画サイトを通して知る事が出来るようになりました。
 
 
同じように、日本の社会で起きている事件も世界に向けて発信していきましょう。
 
 


 
「ナチスの手口学んだら…憲法改正で麻生氏講演」
 
 
 
 麻生副総理は29日、都内で開かれた講演会で憲法改正について、「狂騒、狂乱の中で決めてほしくない。落ち着いた世論の上に成し遂げるべきものだ」と述べた。
  

 
 その上で、ドイツでかつて、最も民主的と言われたワイマール憲法下でヒトラー政権が誕生したことを挙げ、「ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうか。(国民が)騒がないで、納得して変わっている。喧騒けんそうの中で決めないでほしい」と語った。
 
 
(2013年7月30日07時32分  読売新聞)


転載元: STAY GREEN~GREENのブログ~

映画「風立ちぬ」と「アンコール」

 
 



先週「アンコール」を、今日「風立ちぬ」を観ました。
 
二作とも妻が先に病死する物語、なんだか身につまされてブログを書く気もしなかったのですが「風立ちぬ」は久しぶりに観たジブリ作品。
監督が切実に感じていたことが映画になり良かった~
 
この様に反戦の気持ちを表すことが出来て。
 
 
重い結核の女性をと無理に結婚した、ゼロ戦の設計者を主人公にしたとの批判は当たらないでしょう。
 
あのころの結核は転地保養が出来る裕福な人たちにも不治の病でしたから短い間でも夫婦として一緒に生活したいと言う気持ちには反対できないでしょう。
 
戦闘機の技術者を主人公にしたのも今までにない新しい点で成功したと思います。
 
牛にゼロ戦引かせる当時の日本!
始めなぜ牛が出てくるのかわかりませんでした。
「陸に上がった軍艦」でも板で作った戦車など登場しました。
 
こんなに遅れてるのに世界を相手に戦争すると言う狂気、バスに乗り遅れるなの宣伝に惑わされて好戦的になってしまった国民。
 
幻影の?ドイツ人の姿も興味深いです。あらわなナチスの姿を出さなくても戦争の悲惨さが伝わります。
 
安倍のような人たちは自分が国民に号令掛け、戦争させても自分自身は絶対体がバラバラになるような戦場とは無関係な安全な場所にいられると思っているのでしょう。食料も水もないところで餓死したり、人肉まで食べざるを得ない所まで追い込まれるなんて知らないのでしょうか。
あるいは原発事故や原爆でドロドロになって死んでいくことを。
 
「風立ちぬ」は模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で宮崎駿自身が2009年4月号~2010年1月号に連載していたマンガが原作、実在のゼロ戦設計者・堀越二郎と結核の美少女を描いた物語。
「崖の上のポニョ」(2008年)以来、5年ぶりとなる宮崎駿監督の最新作『風立ちぬ』について鈴木プロデューサーは「一言で言うと、“堀越二郎”の話です」と明かした。堀越二郎は実在の人物で、第二次世界大戦時に登場した大日本帝国海軍の艦上戦闘機・零戦の主任設計者。「宮崎駿は戦争関係のものに対して非常に造詣が深く、堀越二郎という人を個人的趣味として色々調べてました。零戦を設計した人の生涯の話に、堀辰夫の恋物語をドッキングさせたらどんなお話になるだろう。そういうところから、始まりました」と、作品誕生のきっかけについて語った。さらに鈴木プロデューサーは、映画の内容について「堀越が10歳の少年時代から、物語は始まります。子供の頃から空に憧れて飛行機に乗りたかった少年が大人になった時、飛行機の仕事に携わろうと思った時に、時代は戦争の時代。そこで彼が作らなきゃいけないものが、艦上戦闘機だったという話なんです」と、その一端を明かした。そして、『風立ちぬ』のテーマについては「宮崎駿は昭和16年生まれ。戦争というものを避けて通れない。戦闘機とかタンクとか、みんなそういうものが好きなんです。ところが時代は日本が戦争に負けて、戦争反対の時代でもある。宮崎駿は、その矛盾の中で生きた人。自分の好きなものが引き裂かれているんです。一方で戦争の兵器、一方で戦争反対という。なんで自分みたいな人間が出来たんだろうということを映画の中で明らかにしたいと、そう話していました。そこが、映画の中でも非常に大きなテーマになってきます」と、今回の作品が宮崎駿監督のルーツにまつわるものだということを語った。
 
堀越二郎と堀辰雄の話がドッキングとは、意表を突きました。
堀辰雄の恋物語もゼロ戦も有名ですが、堀越二郎の事は知りませんでした。
戦争の時代でなかったら戦闘機の設計ではなく旅客機の研究だったのでしょう。
 
 追記
映画の中で主人公が特高に追われる場面が少しありました。上司たちが助けてその後の事は深く描かれていませんでした。この様なエンジニアが追われるのはわけがわかりません。
 
当時の日本には世界にも悪名高い「治安維持法」があり、今の政府も同様な法律で国民を縛ろうとしているので厳重注意です。
 
国の方針から外れるものは、戦争は嫌と心の中で思うだけでも逮捕され拷問される法律でした。
 
「昆虫社会」と言う本を持っているだけでも逮捕されたりするめちゃめちゃな法律でした。女性音楽家、俳優まで逮捕されました。有名なのは小林多喜二ですね。その日のうちに拷問で下半身は膨れ上がり亡くなりました。
 
 

もしもこのような討論番組が実現したら…決してあってはならないセッティング!

決して、
 
決して、あり得ないことですが、
 
もしも、
 
もしも、こんな討論番組があったなら…
 
              番組タイトル:TV、検察、原発、国政選挙の舞台裏
 
イメージ 1
司会者:リチャード・コシミズ
 
イメージ 5                            イメージ 6
広瀬隆                    小出裕章
 
イメージ 7                          イメージ 8 
仙波敏郎                   竹原信一
 
イメージ 9                          イメージ 10 
上杉隆                    犬丸勝子
 
イメージ 11                           イメージ 3
森ゆうこ                    山本太郎
 
 
イメージ 2

 霊界オブザーバー
 
 
イメージ 4
番組マスコット:トリモロス
 
 
某放送局社長 ダ、ダ~レだね
、こんな恐ろしい面々をセッティングしたのは~~~
 
塩柱のように固まる
 番組AD
 
卒倒してその場で気絶
 する番組プロデューサー
 
某放送局幹部:君たちはTVをジャックする気かね~~~
 
森ゆうこ:戦後偏向報道で一貫してTVをジャックし続けたのはあなた方でしょ!
 
 
某放送局幹部:放送局は敵に完全に掌握されてしまいました~
 
米軍:え~~~い構わん、この際、放送局丸ごと爆破
 
 しろ~~~
 
某放送局社長:そ、それだけはご勘弁を~~~m(__)m
 
 
 
 
ようやく、そこで全身汗まみれで目を覚ましたのでありました
 
某放送局社長:う~~~む、決してあってはならない悪夢を見たようだわい…
TVがあれば何でもできる!この魔法の兵器だけは絶対に誰にも渡さ~~~ん!
 
 
おまけ
 
日本の革命なんてか~んたん!

みんな、テレビを廃棄しよう。

受信料は出ていかないし、

プロパガンダも入ってこない。


大阪のおばちゃん。


転載元: この世の真相

子供に評判悪いランプ

 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左は最近リサイクルショップで買いました、いくらぐらいに見えるでしょうか。
器用な夫がちょっと直してくれて無事に点灯。
オークションでほしいガラスシェードがあったのですがオーナーがすぐ落札決めてしまい買えませんでした。
 

 
これはアンティークにはまった頃初めて買ってきたデコの葡萄のランプ
 

犬と猫とヌードの女性のランプ、木の上に横になっているのです。
下のサインは私には読めません。

 
 

 
 
 

 
これからはは実家のランプ、物語の一場面のようでしょう。
下の奥の半円状のものもランプです。長くブログを観てくださる方は覚えていらしゃるかも。

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オウムのランプと花のシャンデリア、作り物の花はたらないので足しました。
 
 

 
 


上はランプではなくエンジェルのインク壷。
 
左は又猫のランプ二種
 
友人がリフォームしたのでシャンデリアをくれると言いましたが凄く重くてうちではだめです。
 
ヌ―ヴォーのシャンデリアがほしいです、でも息子は暗いから嫌だと言います。
最初のランプも暗いと自分の趣味だけでやらないでと叱られました。
シャンデリア高いし買えそうにもありません。
 
寺島しのぶさんの伴侶はフランス人ですから日本の照明は明るすぎると、日本人はコンビニのようにカンカンに明るいのが好きですね。
 
日本の夏には電球は暑すぎますけどコンビニ状態もまぶしいです。
 
向こうは壁につける照明が主だとパリに留学していた友人が言います。
 
最初のランプ、中は蛍光灯の電球に替えてやっと二男に納得してもらいました。
実は私もちょっと暗すぎと感じてました。

【情報】汚染食材と食事の注意

【情報】汚染食材と食事の注意




食材の汚染や食事の注意を調査されている文鳥姉さんや食材の汚染を測定している市民グループなどの情報から、現在の状態をまずまとめます。
【引き続き広範囲に気を付けるべきもの】
・キノコ類  ・太平洋側の魚介類 (マダラ・ヒラメ・カレイ・クロダイ・スズキ・モツゴ・アイナメ等)
*スズキは他のものにも汚染されやすい魚なので特に注意)
 
 【長期間、産地に気をつけるもの】
・山菜類(タケノコを含む、本土全体) ・淡水魚(ワカサギ、鮎、イワナなど、東北、関東) 
・常緑樹の果樹(ミカン、柚子など、東北) 
・木の実(栗、クルミなど、東北) 
・ジビエ類(イノシシ・鹿肉・野鴨・馬肉・野鳥・野うさぎなどの野生の鳥獣類、東北、関東、中部)
 ・レンコン、里芋など 
・ブルーベリーやキウイフルーツなど(東北、関東) ・乾物類(切り干し大根など、東北) 
・ハーブ類(東北、関東)
【産地と生産年に気を付けるもの】
・小麦粉 ・そば粉 ・大豆・小豆 ・玄米 ・林檎、柿などの果樹
 
 【原材料に気を付ける加工品】
H23年産の穀類を使用したもの(玄米・蕎麦・うどん・小麦胚芽入りシリアルやクッキー、ビスケットなど) 
H23年産の大豆を使用した製品(豆腐・豆乳・きな粉など)
空間線量が徐々に落ちついてきましたので、外部被曝より内部に注意を要します。
食材の被曝は注意をすれば避けられることと、「平均値が1キロ40ベクレル以下にすること」という特徴があります。
この場合の「平均値」とは、たとえばお米や水のように大量に摂取するものに注意すれば、重さが軽いものや量の少ないものはそれほど問題ではありません。たとえば調味料などは使用する量が少ないのでやや安心という感じです。
(平成25年7月19日)

武田邦彦

[トップページへ戻る][○○○○ エネルギー・原発・環境・美術]
 
<個人的に追加したいもの>
▼静岡産、埼玉産のお茶から、今もセシウムが高レベル出ています。
 抹茶スイーツなどは、お茶の葉そのものですから、常食しないように
 注意が必要です。
▼ぬか漬けは、汚染された糠で漬け物を作ると、糠の中のセシウムなどが野菜の方 に 移動します。産地を確かめて、汚染されていないぬか床を使いましょう。
 


転載元: mimiの日々是好日

宮崎駿さんの反戦哲学

 
 


転載元: 支離滅裂ですが、何か?

徴兵制は「死」を前提にしているのです


転載元: 皆忘先生

結婚についての名言

 
 

 
 
武田定光さんの言葉
 
結婚はしなくても良い苦しみや苦労を相手に押し付ける犯しあいである。
 
結婚とは犯罪である。
 
この衝撃的な言葉、時々思い出すことにします。親鸞はやはり革命家
 
 

「おい宮崎駿監督が日本で猛烈に批判されてるぞ!」 海外の反応。

 
 
 
ほんとですか!
 

 
ナウシカで今の日本を予想していたような宮崎監督、私も平和憲法が大事、原発はどうしようもない危険な代物。命がいくつあっても足らなくなる。食べ物も動物も殺されます。原発なくても電機はあるのに、これでは
 
自然も破壊され滅亡。
 
それでも経済が大事?、だれが消費出来るの?
 
 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR