浄瑠璃寺から岩船寺へ





浄瑠璃寺から途中の石仏にひかれて岩船寺

車だったら実際にはどちらかのお寺に車を置いて歩いて別の道を行ったほうがいいです。




京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43番地
関西花の寺霊場15番札所 
仏塔古寺18尊霊場第4番札所







729年(天平元年)聖武天皇の勅願で行基が建立したのが始まりで、806年(大同元年)智泉大徳が報恩院を建立しました。
813年(弘仁四年)嵯峨天皇が皇子誕生を感謝し、堂塔伽藍が整備され
岩船寺となりました。

最盛期には39の坊舎をもつ大寺院となりました。

1221年(承久三年)承久の変により大半が焼失してしまいました。

それ以後、再興された堂塔も再度の兵火により次第に衰え、現在は本堂と三重の塔のみとなりました本堂は江戸時代のものが老朽化し、1988年(昭和六十三年)に、再建されたものが、現在にも至っています。

三重の塔は834~847(承和年間)仁明天皇が智泉大徳を偲んで、建立されたものです。

十三重石塔
  (鎌倉時代)重要文化財
 軸石のくぼみの中から水晶の五輪舎利塔が
 みつかっている。







浄瑠璃寺の萩




浄瑠璃寺手前で。岩船寺付近にはミニトマトやおかきなど沢山の食べ物がぶら下がっていました。



このあと石仏を見て、大阪歴史博物館へ。

走ってる車からの撮影でちょっとですが、右の方に竪穴住居?再現

開館10周年記念特別展民都大阪の建築力見学

勿論ヴォーリズ建築も!





翌日は京都のフェルメール展と白沙村荘へ。

運転手の連れ合いには無理させてしまいました。


東京電力の電気料金算定のもとになる見積もり(燃料費などを除く)が、実際にかかった 費用よりも、 過去10年間で計約6千億円高いことが政府の「東京電力に関する経営・ 財務調査委員会」の調査でわかった。 ...電気代が必要以上に高く設定

政府も水が溜まらないダムを税金593億円をかけて完成したなど無駄使いばかりしているのにすぐ増税ですか。













友人お気に入りの骨董屋さん、哲学の道をちょっと入ったYUKI PALLISCOLLECTION私設美術館やっと入れました。

女性なら大好きなもので一杯。モリスの柄のバックかと思ったらこれが違いました。

北欧の作品でした。



サラリーマンNEOに出てくる猫は

みかん載せたままじっとしていてCGだと思ったら‥リンゴや猫缶まで載せてます!

paruさんが動画載せています。

サラリーマンNEO最終回見損なってしまいました。

これCGでないと朝日に載っていたのに。再放送チェックしたいです。

サラリーマンNEOセクスィー部長、最高です。


レミさんの記事で亀ちゃん(市川亀治郎さん)猿之助、香川照之さんも市川中車を襲名!

を知り昨日のお昼の番組、観ました。香川さんの決意に泣けます。

亀ちゃん(市川亀治郎さん)猿之助になる!香川照之さんも市川中車を襲名される!!

大ニュースですね。先日テレビで亀ちゃん主演の井上ひさしの「雨」

観て、ますます実の父より叔父さんの猿之助に似てきたなと思っていました。

キネ旬の香川さんのエッセイ愛読していますが、父の猿之助とのツーショット観て驚いていたところです、

前は拒絶されたと聞いてたので。

二人とも実力があるので楽しみです。和解良かったですね。
先代市川中車、子供の時に見たような、お子さんを歌舞伎に入れたいと言ってはいましたがびっくりです。

右近さんたちはどうなるのかちょっと心配。

初夏に見た右近さんたちの新水滸伝に凄く感動しましたから。

スカステで今放送中の4月に御園座で上演された歌舞劇綺譚桜姫

赤い長いリボンが舞台に~スーパー歌舞伎の影響?

大和悠河の桜姫
元宝塚トップの強さが出て綺麗で面白いです。

鶴屋南北×荻田浩一×斉藤恒芳、オペラですか?

追記

京都の友人の友人のお寺に亀ちゃんがロケに来たそうです、結構が言葉使いもがさつでお坊ちゃんだからと思ったそうです。。
スポンサーサイト



春夏から咲き続けているイングリシュローズ





黄色のセントオールバンとピンクのウイズリー、飾りきれないのでどんどん差し上げています。

今年はあまりバラの記事がかけませんでした。





春のERイングリシュローズセントオールバン、つるバラではないのにピエールより大きくなって花を切るのに一苦労、しかもパラパラ散ります。花つきが良いバラ

ER作出のデビット・オースチンによると生花店のようなフレッシュな香り






春のピエール・ド・ロンサール



頂いたHT夕霧



Tea Rose スヴェニール・ドゥ・ヴィクトル・ユーゴ 
中心がややクリーム掛かり アプリコット・ゴールド・ピンクが季節折々変幻自在に入り混ざる
ファジーな花色。樹性は大変旺盛ながら
あくまでTeaらしく優しく柔らかな株立ち。
「はんなり」と云う形容がぴったりの古き良き時代の芳香品種です。

明治~昭和初期に植栽されていましたが、現代では殆ど絶えてしまった貴重なアーリー・ハイブリット・ティー・ローズの苗も保存・繁殖に努めています。 ローズアンティークさんHPより





頂いたERエブリン バラの香水製品の中にこの品種を使用したものがあります。



一季咲きのカマユ、すぐ葉が汚くなり落ちるので枯らす覚悟でメチャメチャカットしても又出てきました。一季先は強い?!



これも頂き物ソニアリキエル、強香



ピエール





バレリーナと香りの名花ブルームーン



若物のハンスト4日と命のビザ杉原千畝





杉原千畝ミュージカル杉原千畝ミュージカル






昨日ご紹介した若い人の天晴れな行動力です。週刊金曜日











内部被爆とは?お話を聴きに参りませんか?「拡散希望」




 

             


             
            先日のデモに参加した私達の仲間です。












            東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
            被災者の方々は、家族や知人を失った悲しみの中で、いまでも 大変な毎日を送っておられるかと思います。
            どうか頑張り抜いてほしいと切に願っております。
            福島原発では危機的な事態が続いています。
            丸木美術館では「福島の子どもたちの未来の為に20ミリシーベルト基準を撤回して下さい  子どもの被曝を減らすために最善を尽くして下さい」という要請の署名を始めました。
             

            丸木美術館では「さようなら原発1000万人アクション」 に賛同し、署名集約に協力しています。









             

            肥田舜太郎さん講演会
            「原爆から原発まで、内部被ばくの怖さ」




            10月22日(土)午後1時30分より 参加は自由です。当日の入館券が必要です。
            起こるべくして起きた福島の原発事故。
            66年前あれだけの放射能被害を受けた日本は、またしても原発の放射能にさらされている。
            肥田さんは、自らも被爆し、医者としてずっと被爆者の方達と共に生きていらっしゃいました。
            内部被曝はその時すぐには症状が表れないけれども、何年か何十年か経って、だるくて何もできなくなる 「ぶらぶら病」など原爆病と認めてもらえない症状の患者さんと今も向き合って、 内部被曝の恐ろしさを私達に発信しています。
            福島から電話が入り、「子どもの下痢が止まらないんです」と訴えたお母さん。
            福島でも放射能の被害者がすでに出ているということです。

            私達は、知らなければならないのです。
            人工的に作られた放射能の恐ろしさを……そして子ども達の未来を私達大人が奪う権利はどこにもないのです。
            今からでも遅くはありません。
            私達が気づいたときに、黙ってないで行動していくことが子ども達を守ることにつながっていくのだと思います。
            ~たくさんの人達が聞いてくれることを願っています~
            肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)
            1917年広島生まれ。
            1944年陸軍軍医学校を卒業、軍医少尉として広島陸軍病院に赴任。
            1945年広島にて被爆。被爆者救援にあたる。全日本民医連理事、埼玉民医連会長などを歴任。
            現在、全日本民医連顧問、日本被団協原爆被害者中央相談所理事長。
            著書に『ヒロシマを生きのびて』(あけび書房)、『内部被曝の脅威』(共著、ちくま新書)など。



            ドキュメンタリー映画上映会
            「世界は恐怖する 死の灰の正体」

            11月12日(土)午後2時より

            解 説:安田和也氏(第五福竜丸展示館 主任学芸員)
            参加は自由です。当日の入館券が必要です。

            「世界は恐怖する 死の灰の正体」
            この映画は、米ソ核開発競争が激化するさなか、原水爆実験によって生み出される死の灰の放射能、 放射線の生物への影響を記録した科学ドキュメンタリーです。
            現在福島で起こっている現実は、安全神話にとらわれている人達や、今すぐ症状が現れないため恐怖感が 薄れている人達など、まだまだ恐怖の実態が捉えられていません。
            そして目の前の経済を語っている経済界や政治家の人達も未来の恐怖はわからないのです。
            死の灰は、国境を越えてあらゆる土地に降り注ぎ人類全てを揺り動かす恐怖なのです。

            亀井監督はこのように言っています。
            「死の灰が記録映画に向かない題材だということはよく知っている。しかしこの人間の歴史始まって依頼の 大規模な生命の危機が迫っている現実を、黙って見過ごしてはいられない」
            「死の灰の恐怖は、人間が作り出したものであって、地震や台風のような天災とは根本的に違います」…
            人間が作り出した恐怖を今すぐにでも解消していかなければならないのだということを、私達はしっかりと 受け取っていきましょう。
            日本も癌死亡率が高くなったのは、見えない汚染によってではないか・・と言う人はたくさんいます。

            この映画を観て、私達ひとりひとりが死の灰の実態を科学的に見極めていかなければならないのだと思います。
            知ることの大切さを改めて感じます。
            古い映画なのであまり見る機会もありません。この機会にぜひご覧になってください。




            劇「フクギの雫」上演と大田昌秀氏講演の集い

            沖縄・宮森小学校ジェット機墜落から52年  普天間基地撤去を求める沖縄の願いを東京で受けとめるために
            劇「フクギの雫」上演と大田昌秀氏講演の集い成功のために丸木美術館も取り組んでいます!
            2011年12月3日、文京シビック小ホール(東京都文京区)で、昼の部・夜の部の2回の上演予定です。
            【劇「フクギの雫」上演と大田昌秀氏講演の集い】呼びかけ文章
             


            転載元: 支離滅裂でも、真実を?

            山本太郎氏告発は「京都党」を使って原子力村が起こしたものである!?と言う根拠が出てきて騒然!拡散中!

            -7℃さんが書いた記事が,出してまもなく削除されました。
            反原発について、ブログを書かれていらっしゃる方々、不都合な真実を消そうとする見張りの目があちこちに光っています。
            ご注意下さいね。
             
            -7℃さんが書かれた記事は、「山本太郎さんを告発したのは、
            「京都党」を使って、原子力村が起こしたものではないか」という
            以下のブログ記事だったと思います。(私も見たかったのに、見る前に削除)
             
            そんな小さな記事を削除すると言うことは・・・・・
            やっぱり事実でしょうか!
             
            以下、削除覚悟で、ブログを貼り付けます。
             
            山本太郎氏告発は「京都党」を使って原子力村が起こしたものである!?と言う根拠が出てきて騒然!拡散中!ht tp: //p .tl /Ep k2  [詳細]
             
            ****************************
             
            日々雑感さまのブログ

            昨日夜(9/21夜)に俳優の山本太郎さんが告発されたと話題になりましたが、告発した政治団体「京都党」と、原子力ムラとが癒着関係にあると、ネットで話題が出て拡散し始めているのでその経緯を紹介



            昨日の記事
            俳優の山本太郎さんを告発 とその内容


            流れで説明すると

            山本太郎を佐賀地検に告発しました
            http://ameblo.jp/kyoutotouin/entry-10988512900.html (ブログは消えました)
            ウェブ魚拓(ウェブ上に保存されたキャッシュのことです)


            WWW を検索 megalodon.jp を検索
            「京都党をまじめに考える会」の人間が脱原発の山本太郎を告発。

            ↓↓で、

            その「京都党」のHPを見ると・・・

            京都党 最高顧問 堀場雅夫 株式会社堀場製作所最高顧問
            http://www.kyoto-party.com/members/

            京都党の最高顧問:堀場雅夫氏は、株式会社堀場製作所の最高顧問



            ↓↓で、その


            株式会社堀場製作所(HORIBA)

            文部科学省が使う、簡易放射線測定器「はかるくん」の製造元

            「はかるくん」とは?
            http://hakarukun.go.jp/html/what.htm


            さ☆ら☆に

            政府が自治体に配っているガイガーもHORIBAとのこと

            (クリックで拡大)



            政府に卸しているPA-1000(画像中のガイガー)がそうだと思われる。

            類似品
            環境放射線モニタ PA-1000 Radi(ラディ)
            http://www.horiba.com/jp/scientific/products-jp/scintillation-detectors/details/pa-1000-environmental-radiation-monitor-radi-3124/


            そ☆し☆て

            二人は、原発や核エネルギーが大好き

            京都党村山代表と堀場製作所・堀場雅夫氏について【原発推進主義】
            http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48095246.html

              _, ._
            (;゚ Д゚) …!?
            こ、これは・・・

            プンプン臭いますね~


            文科省『大量発注の見返り、と言ってはなんだが、ちょっと・・・頼むよ、堀場さん』



            これはあくまでも、ネットで話題になってることを纏めただけです。
            (どうか私がターゲットになりませんように!)




            堀場製作所は空気中の放射線量を測る測定器の増産を始めた。東日本大震災の前まで年間100台程度の生産だったが、月産400台に引き上げた。
            京都工場(京都市)の人員体制を拡充し、東日本大震災の被災地を中心とした需要に対応し、製品供給を通じ、復興作業を後押しする。
            http://www.kaiteki-kadenlife.com/higashinihon_eq/higashinihon_eq012/198642.html



            誰か太郎さんに教えてあげて!





            追記

            京都党Officail Web
            www.kyoto-party.com/

            「山本太郎氏告発」の記事に関して
            平成23年9月21日より各社にて報道されております、「山本太郎氏告発」の記事でございますが、本党は一切関与しておりません。
            告発者が主宰する「京都党をまじめに考える会」における、各コメント等につきましても本党は一切関与していない事を重ねてお知らせ致します。

            だそうです。

            しかし
            ↓↓

            ÃæÅçÂóºÈ.jpg
            中島拓哉(京都市会議員)
            https://twitter.com/#!/nakajimata/status/116722160701149184
            京都党の党員でしたが、今回の騒動で迷惑をかけたとのことで、離党すると本人からご連絡がありました。


            ↑↑
            やっぱり京都党の党員じゃねーか!

             
            転載ここまで・・・。
             
            *****************************************
             
             
            こちらは山本太郎を告発した人
             
             
            自分たちに不都合なことは消していく・・
            知られてほしくないから・・・・
            知られてほしくないことにこそ真実がある・・・。
             
             
            京都党、注意しましょう!


            転載元: mimiの日々是好日

            関口詩織さんたち若者4人の経産省前でハンガーストライキ





            みなさま    西英子です。

            本日発売の「週刊金曜日」の8ページ をごらんください。
            今年の春、名古屋で「浜岡ストップ」の運動をもりあげてくれた
            あの高校生 関口詩織さんたち若者4人の経産省前の座り込み
            の様子が写真つきの囲み記事で掲載されています。

            12日の朝、彼女から『マスコミが取材に来ないので、紹介して!』
            という電話がありました。 私はすぐに「金曜日」に電話し、取材依頼
            と東京新聞への依頼をしました。
            4人の若者たちが、すでに4日間の炎天下で、水と塩だけで過ごすという
            まさに命をかけたハンガーストライキをなしとげていた行動に、私は感動
            して涙が出ました。
            彼らは私に、そして日本中の人に大きな勇気を与えてくれました。
            今日、「関口さん、おつかれさまでした!」との留守電をいれておきました。

            私も泣けます。明日、「週刊金曜日」を買ってきます。



            彼女たちの行動力に頭が下がります。



            ル・モンド紙も見抜いていた。「補償したくないために住民を避難させず。」

            6月29日 Le Monde.fr / AFP (ルモンド紙ウェブサイト)

             フランスの非営利団体CRIIRAD(放射能に関する独立研究情報委員会)は、日本における情報収集作業を終えて帰国し、福島原発事故における日本当局の危機対応に「重大な怠慢がある」と報告した。

             29日未明リヨンで行われた記者会見で、「チェルノブイリ事故から25年経った今、なぜ未だにこれほど事故対応が怠慢なのか?」と、5月に日本で放射線量測定とサンプリングを行った同委員会メンバーのブルノ・シャレロン氏(原子力物理学技師)は嘆いた。同氏によれば、「十分な範囲にわたって住民避難が行われなかった」だけでなく、住民を甲状腺被害から守る「ヨウ素剤の服用も行われなかった」。ヨウ素剤は被曝の3時間前に服用しなければ効果はない。さらに現在も事故収束への進展が見られず、新たな放射性物質排出の危険性がある中で、「住民へのヨウ素剤の配給もなく、汚染された食物を食べさせられている」という。

             「チェルノブイリと同じことが日本でも行われている」

             シャレロン氏によれば、「原発から20キロを超えた地域でも発ガンの危険性を孕む量の放射線が検出されており、一般的とされている発ガンリスクの20倍の数値がまかり通っている」と語る。
             さらに同氏は、「現場の日本当局と産業関係者は状況にただ唖然としている」と感想を述べ、原発周辺の避難区域をさらに数十キロにわたって拡大するか、土壌の除染作業をすることが必要だと語る
             
             同委員会のロラン・デボルド委員長は、「原子力事故がある度に、被曝許容量の数値が上げられることに不安を感じる」と述べ、さらに
            、「経済的理由から、チェルノブイリで行われたことが日本でも同様に行われている。それは重度に汚染された地域に住む住民を避難させないことだ」と語り、その理由は高額に及ぶ賠償金額のためだという。
              ↓             ↓             ↓
            先日 9/20(火) の種まきジャーナル  永岡さんのまとめ。
              
            福島事故で、緊急時避難区域、今月中に指定解除であり、官房長官、それを明らかにしています。

             小出先生のお話
            避難準備区域解除の見通しについて、住むことは認めるが子供、妊婦はダメいざとなったら逃げろ言うことですが、事故の収束かと思うのですが、官房長官、解除の要件が整った、復旧計画を市町村が国に出し、(その内容は小出先生もご存じない)除染の計画であり、住民を戻す時期の計画提出なのですが、除染計画、科学的に見て、日本の一般の人は1ミリシーベルト/年以上は法律で禁止、避難区域は20ミリ以上は入れない、準備区域は20ミリには達しないが、1ミリははるかに超える、法律を作った国が、法律を破っているのです。


             解除により、子供、妊婦、入院患者も住めるようになると政府はいい、被曝を我慢しろと言っているのです。科学的には、1~20ミリは、小出先生のような特殊な人間への基準であり、
            子供も含めて放射線従事者になれと言うに等しい、子供にも大人にも危険がある、子供の危険は何倍もある、少なくとも、子供、妊婦には帰ってほしくない。胎児にも影響が大きい。

             政府は除染とセットにしていますが、平野さん、南相馬を歩き、干し草を干せないと言われて、土の上5cmを取っても大変、除染はできないのです。除染できないところに戻るのは、やってほしくない、子供が遊ぶところは除染してほしい、膨大なはぎ取った土は知恵を絞り片づけてほしいのです。
             
            子供に野山に入ってほしくないというのは、子供をやめることです。


             リスナーより、脱原発は本当にできるのか、上手に原発と付き合っていくべきという意見があり、しかし「どういうのが上手か分からない」のです。
            安全な原発があると思うなら不思議である、安全と言われてきた原発がこんなに壊れているのです。現実の社会で脱原発は不可能というのですが、「政治家、経済界の人がかしこくなればいい」、電力供給に原発は要らない、政府、財界も知っている、今原発をすべて止めても、電気に関しては落ちない、発電所周辺の補助金で生きてきた人、雇用には影響があるが、それ以外は困らないのです。


             野田総理、脱原発は不毛と言い、1回事故を起こしたら日本がつぶれるのに、まだ原発は必要なのか?他の方法もあるのです。
             なぜ、政治家の口からそういうことが出てこないのか、小出先生、政治家は言うことを聴いてくれたのに、何一つ実現していないのです。タンカーも実現していないのです。


             水野さん、何か科学的な根拠があり避難区域解除と思っていたのに、そうではないと感想を語り、平野さん、無責任と言われました

            将来の補償もあり、元の住居に戻ると補償しなくていいということなのです
            今日のお話は以上です。


            転載元: mimiの日々是好日

            ヴィッラ・アドリアーナ(ハドリアヌス帝の別荘)世界遺産





            前に一枚だけ写真をご紹介したハドリアヌス帝の別荘入り口付近の風景です。

            ローマの地下鉄B線のポンテ・マンモーロ駅からコトラル社のバスに乗り換えてティヴォリへ。

            バスは三人ぐらいしか乗っていなくて不安になるので前の女性客に降りる場所を教えてくれるように頼みました。

            ちゃんと教えてくれます。

            エステ荘前のバス停ではバスのチケットを分けてくれてハドリアヌス帝の別荘も教えてくれた女性たちにも感謝です。

            ネットで検索しても皆さんハドリアヌス帝の別荘行くには苦労されているようなので私だけではないとホットします。

            現にローマからの地下鉄の中でコロッオに行くのに反対方向の列車に乗っているカップルもあったので。私もよく反対方向に行きました(汗)

            ヨーロッパの駅はその駅名だけで日本のようにわかりやすく、前の駅と次の駅が書いてないことがあるのです。

            豪華な噴水が何百とあるエステ荘は近いのでとハドリアヌス帝の別荘と同じ日に行きました。







            巌谷 国士著のイタリア庭園巡り でこの写真を見ていっぺんに魅了されてイタリア再訪しました。

            旅人皇帝ハドリアヌスは134年にこの別荘を完成させたが、病気と愛する少年の死による心痛で4年後に死去。

            エジプトの神殿とその門前町を再現させたカノプス




















            こんな現代彫刻も傍らにあります。




            博物館入り口のメデューサ(メドゥーサ)

            メデューサはギリシア神話に登場する女の怪物です。蛇の髪の毛と、覗き 込むと石になるという瞳を持ち、肌は青銅のウロコでびっしり覆われ、背中には大きな 黄金の翼が生え、口からはイノシシのような鋭い牙が覗きます。髪が蛇である以外は髪が蛇である以外は美しい(?)少女の姿であるとする説もありますが、いずれにしろ、その目を見ると石になると言う点は変わらず、恐ろしい怪物であることに変わりはありません。
            ..
















            ヴィッラ・アドリアーナには広大なヴィッラ・アドリアーナの遺跡群模型もあったのですが、学生さんの団体で一杯で写真撮り損ねました。




            帰りのバスはエステ荘からのお客で満員でした。エステ荘とヴィッラ・アドリアーナを午前中に回るというツアーもあったのですが、午前中だけではとても心残りがあると思い、単独行動にしました。広いので見学には時間かかります。

            エステ荘しか行かないという方も多いみたいですが遺跡好きにはこちらも見逃せません。





            カノプスの水面には顔だけの彫像が浮かんでいました。



            ウィリアム・モリスのケルムスコット・マナーに行く途中に偶然見つけた風景式庭園の広いバスコットパークの噴水です。
            イタリアの影響でしょうか。



            ティヴォリは、ローマの東約30kmにある丘陵の上にある、穏やかな気候に恵まれ、豊かな森に囲まれた街。ここは古代ローマ時代から上層階級の保養地であった。

            ハドリアヌス帝は、118年よりティヴォリの麓で広大な別荘(ヴィッラ・アドリアーナ)の建設に着手した。121年に最初にローマ帝国の巡察旅行に出かける前のことである。煉瓦の刻印を分析することによって、この別荘は2段階で建造され、完成したのは133年であることが判明している。ギリシャのアテナイのアゴラにあった彩色柱廊(ポイキレ)を模したポイキレ、エジプトのアレクサンドリアとカノポスを結ぶ運河を模したカノポスなど、皇帝が巡察旅行で魅了された建物や風景を偲ばせる建造物を建設させたといわれている。別荘の建物の数は30を超え、敷地の面積は、1.2km²に及ぶ。

            ハドリアヌス逝去後、後続のローマ皇帝たちがこの別荘をどのように使ったのかはあまり記録されていない。しかし、この別荘の改造は3世紀までつづけられたことが判明している。そのあと、蛮族の石切り場と化し、廃墟となった。

            15世紀ごろから、美術品を求めて、ピッロ・リゴーリオなどがこの別荘を発掘しはじめた。ピッロ・リゴーリオは、ティヴォリ丘陵の上にエステ家の別荘の設計をした人物である。

            一枚のハガキ

             
            太平洋戦争末期、中年兵として招集された松山啓太ら100名の兵士は、上官によるくじ引きで決められた戦地に赴任する事になっていた。くじ引きが行われた夜、フィリピンに送られる事になった仲間の定造から、妻より送られてきた一枚のハガキを手渡される。定造は、もし啓太が生き延びる事ができたら、妻にハガキは読んだと伝えてくれと依頼する。やがて戦争が終わり、生き残ったのは啓太を含め100名のうち6名だけだった…。goo映画より
             
            定造は薄幸の女性友子と結婚するとき田を売ってしまったんで小作で暮らしていた。
             
            仏間にはたたみもろくにない。定造、友子夫妻は納屋に住んでいた。
             
            どんなときもご飯を作り、水を川から運び、それを沸かして飲んでいる。過酷な農作業と水運び。
             
            最後に麦作りに励み実る麦、一番大事なのは作物と水、それを汚してしまうのが原発事故。

             
             


             
             
             
             
            カラーは今回の映画、
             
            モノクロは新藤監督1960年の裸の島http://nihon.eigajiten.com/hadakanosima.htmの乙羽信子
             
            そっくりでしょう。
            戦中戦後の話なのに大竹の衣装が現代的だと思ったら乙羽さんへのオマージュもあるのでしょうか。
             
            乙羽信子は元宝ジェンヌで戦後、再開された公演で娘役トップスター(主に雪組公演出演)として淡島千景と人気を二分し、男役トップスターの上級生、春日野八千代の相手役として戦後の宝塚歌劇第一期黄金時代を支える。
            1950年、娘役に限界を感じ始め、松竹入りした淡島千景に倣うように退団。
            退団後、大映に入社する。大映は、宝塚歌劇団時代から人気のあった「えくぼ」に「百万ドルのえくぼ」というキャッチフレーズをつけて、純情型のスターとして売り出す。デビュー作は同年の新藤兼人脚本、木村恵吾監督の『処女蜂』で、上原謙と共演した。その後、何作かに出演したが、魅力を出し切ったとはいえなかった。しかし、1951年の新藤兼人の第1回監督作品『愛妻物語』で、夫を陰で支える妻を好演し、映画界でもスターの地位を手に入れる。

            近代映画協会と新藤兼人 [編集]

            1952年松竹を退社して「近代映画協会」を設立していた新藤兼人の第1回自主制作映画『原爆の子』に大映の反対を押し切って出演する。これを機に大映を退社し、近代映画協会の同人となる。
            以後、近代映画協会が製作する映画に立て続けに出演する中で、それまでの「宝塚歌劇団出身」「お嬢さま女優」「百万ドルのエクボ」「清純派」のイメージから180度転換し強烈なリアリズムあふれた演技を見せ、日本映画史にその名を残すこととなる。それを象徴する作品で、代表作となったのが、1960年の『裸の島』である。せりふが一切なく、登場人物も狭い島で働く夫婦(乙羽と殿山泰司が演じた)だけという実験的な映画であったが、そのリアリティーあふれる画面は大好評となり、第2回モスクワ国際映画祭でグランプリを受賞するなど、世界的に高い評価を受ける。WIKIより
             
            演劇見慣れない方の中には大竹しのぶを大げさな演技などと、非難されるのが寂しいです。
             
            あれだけの侵略戦争を起こしながら今も政治家などには真の反省もなく今又国民を地獄に落とそうとしています。
             
            だからあれぐらいの激しさで鼓舞して頂いていいのです。
             
            新藤監督、大竹しのぶ、がんばってくださいました。
             
            身毒丸でもそうですが大竹さんは歌も歌ってくれています。いつまでも可愛くて、稀有な実力のある方です。
             
            9.19東京、10万人も集まったのではないかといわれる方もあるぐらい、60年安保反対運動以来とも。
             

            デモ逮捕は見せしめ?「9.11脱原発」半数以上立件見送り (東京新聞)

             
            映画の話に戻ると
             
            映画陸に上がった軍艦http://www.youtube.com/watch?v=-IBh_MrPkn8で描かれていたいたので知ってはいましたが先日の舞台身毒丸でも凄い演技を見せてくれた大竹しのぶは見なくてはと思い昨日映画館へ。
             
            陸に上がった軍艦では上官のいわれないリンチ、初年兵いじめ、もうろくな軍艦もなく、板の戦車で訓練する場面が出てきます。
             
            軍隊の凄惨なリンチ、いじめは映画真空地帯や人間の條件http://www.youtube.com/watch?v=uYYHlKZlNkkに詳しい。
             
            今日で公開も終わるので昨日の女性ディも満員でした。
             
            有名なせりふ、「今日はお祭りですがあなたがいないので何の風情もありません」
             
            陸に上がった軍艦でも大竹さんがナレーターを務めています。
             
            この映画によって新藤兼人監督は、2003年6月の第25回モスクワ国際映画祭で特別功労賞を受賞
            大竹しのぶは最優秀(主演)女優賞を受賞した
             

             
            一枚のハガキで最後に大竹がワンピース姿になるのですがそれが映画ふくろうのこの服を連想しました。
             
             
            時代は1980年頃。舞台は東北地方の山奥にある希望ヵ丘開拓村。ここは役所からタダで提供された開拓地。ここには、すべての財産を売り払って満州へ出かけていったため、やっと日本に戻ってきても帰る場所のない、満州からの引揚者たちが、最後の希望をもって入植してきた。しかしそこは名前とは裏腹に、「不毛の地」だった。いくら努力しても作物は育たず、そこで食っていくことは不可能だったのだ。そのため20軒の入植者は次々と・・・。



             
             
            上は朝日費新聞。
             
            大竹しのぶの写真の横の写真は彼女の祖父母吉川一水と妻八重子
            その下の写真は1906年、サンフランシスコの八重子、右端に幸徳秋水

             
            大竹しのぶが手にしているのは祖父の100年前の辞書。
            祖母八重子は内村鑑三の聖書講読の会に出て皆に愛された少女だった。
            八重子は社会主義者に近づいていた。日露戦争で非戦論を唱えた幸徳秋水は弾圧を逃れるようにサンフランシスコに。同行者三人の一人が八重子。赤ちゃんを抱いている!

             広島型原爆2280個分の「死の灰」が六ヶ所村に到着

             追記
            新藤監督はリアルなひり島原爆投下の映画を撮りたいと言われていました。
            いち早く乙羽信子主演で「原爆の子」を作られましたけど。
             
            大竹さんは乙羽さんにつぐ、監督のミューズですね。お三人とも尊敬しています。

            野田佳彦首相インタビュー:一問一答(ウォール・ストリート・ジャーナル)2続き

             
            T​O​M​M​Y​ さんより転載の下記記事の続き
             
            野田佳彦首相インタビュー:一問一答(ウォール・ストリート・ジャーナル)
             
            WSJ:個人的には憲法を改正したほうがいいと?
            野田首相:個人的な意見としていろんな思いはあっても、最優先の課題は東日本の復興と当面の日本経済の建て直しなので、憲法改正がいまの内閣の最重要課題ではない。
            WSJ:債務問題や国債格下げなど、米国経済が日本に似てきたとの指摘がある。オバマ大統領にアドバイスするとすれば何か。
            野田首相:当面の課題が共通しているということは言えると思う。経済成長と財政再建の両立を図るということだ。9月9日にオバマ政権は景気雇用対策を打ち出した。こういう対策が功を奏すことを友好国、同盟国として期待している。アドバイスというようなおこがましいことではなくて、経済成長と財政再建というのは、これは一様ではなくて、各国それぞれの違いがあると思うので、私から特にアドバイスすることはないが、成長と再建に向けてアメリカがしっかりと成果を上げられることを期待したい。また我が国も人様のことを言うだけではなく、文字通り成長と再建を両立することによってアメリカと同じように世界の経済に貢献できるようにがんばっていきたい。
             
             
            黒マグロさんより転載

            原発再稼働、首相「来夏めど」郵政株売却には慎重姿勢

            9月21日 05:02
            野田佳彦首相は20日、訪米前に米紙ウォールストリート・ジャーナルのインタビューに応じ、原発の再稼働問題について「来年の春以降、夏に向けて再稼働できるものは再稼働していくということを、きちっとやっていかないといけない」と語った。これまで安全性が確認された原発の再稼働は容認していたが、時期を明言したのは初めて。
             首相は電力需給の状況について「今年の夏は乗り越え、今年の冬も大丈夫だろう」と指摘したうえ、「もし電力不足になると、日本経済の足を引っ張ることになる」と述べ、来年夏までの再稼働を目指す姿勢を示した。一方で「脱原発依存は国民のコンセンサスができている。原発に可能な限り依存しない社会をつくる」とも強調した。
            朝日新聞社【転載終了】
             
             
            イメージ 1
             


            転載元: †Meteora†

            最新記事
            最新コメント
            月別アーカイブ
            カテゴリ
            ブロとも一覧

            acaluliaのブログ

            鳥待ちdiary

            『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

            アマルフィに憧れて

            しあわせの青い鳥

            東京にしがわ散歩

            心の隙間

            リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
            プロフィール

            hitomi5235

            Author:hitomi5235
            猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

            検索フォーム
            RSSリンクの表示
            リンク
            ブロとも申請フォーム

            この人とブロともになる

            QRコード
            QR