高遠菜穂子さん講演会











西さんからのメールです。


みなさま          西英子です。
本日の明石昇二郎さんの講演会に多数ご参加くださいまして
ありがとうございました。
さっそく、6月5日の 高遠菜穂子さんの講演会のご案内をします。

****************************************
 
高遠菜穂子さん講演会
  「命に国境はない~イラク戦争は何だったのか」
  「福島原発震災のボランティア活動の現場から」
********************************************
日 時:  6月5日(日) 午後1時30分~4時30分

会場:  伏見ライフプラザ 12F 第1研修室
     (地下鉄伏見下車、南へ5分、中消防署のあるビル)

主 催: 国民保護法制を考える会
参加 費: 1000円

高遠さんの新著 『破壊と希望のイラク』 サイン会も行います。
この本の印税はイラク支援活動費に充てられます。

大義なき攻撃でイラクに、もたらされた破壊と死。
イラク戦争から8年、残された人びとはこれまでにない苦境におかれています。
私たち日本人は何をすべきか、高遠さんが現場から見たイラクと日本の姿を
報告します。
イラク戦争孤児たちに「ナオコ」「母さん」としたわれて、高遠さんは支援ボラ

ティアをずっと続けています。イラクで失われた多くの命のために、私たちが
今できることを一緒に考えませんか。

今、高遠さんは福島原発30Km圏内でボランテァ活動をしています。放射能
被害は、人間が起こした「人災」です。何の落ち度もない人びとが放射能の
ために命が危険にさらされています。イラクの人びとが劣化ウラン弾の放射
能にされされたように。
高遠さんはこれらを共通の問題として、現場の実情をもとにお話されます。




(姉妹猫が子猫の時の写真。食事の支度のときあまりにうるさくて調理が出来ないのでケージに入れました。肉、魚などは4匹に囲まれます。≧Д≦)

高遠さんは武器をもっイラク人には殺されなかったけど、武器を持たない同胞には「殺されました。」


小泉ファン?の知人は自己責任と言って彼女を批判しましたが後で話題になったら自分が批判したことは忘れていました。忘れっぽい日本人。


自己責任の名の下に、国民を守る義務を放棄し格差社会を作った小泉政権は許せません


この日は多分日本にいないので残念ながら行くことが出来ませんので過去記事です。




高遠菜穂子講演会東郷町9条の会
 「命に国境はない イラクで非暴力は実現するか」

壇上に登場した高遠さんを一目見て会場の人々はあっと驚いた。チラシの少女のような高遠さんはそこにはいなかった。

ほとんど坊主頭のきっぱりと清々した大人の女性だった。壮絶な体験をされたのだから。前は寺島しのぶのような雰囲気だった。

今年初めての高遠さん講演会。短すぎて質問の時間もなかった。早口で淡々と話された。

こちらに映像とお話があります。

とらねこおばさんのブログも詳しいので参考になります。
とらねこおばさん

酷い御遺体の中には、子供や女性、白旗を持っている!少年がいた。

体は燃えているのに衣服が燃えていなかったり、青くなっていたり、

科学兵器の使用。病院を爆撃し、患者や医師を虐殺。

米軍が犬を集めて遺体を食べさせたのか、酷い損傷。

殺害されてから時間が経過しているので身元確認も困難。臭いが酷いのはどの戦争体験者も証言してますね。

スンニ派の指導者の遺体はお腹裂かれていたり頭にドリルで穴開けられていたり、すざまじいです。

高遠さんは「御遺体」と呼んでいた。

結婚式に集まっていた家族を爆撃したニュースは日本でも見られました。

でも日本はアメリカ寄りのニュースが多いから。知りたいことはなかなかわからない。

あの小泉の「自己責任」は酷かったですね。政府は国民を守る義務があるのに。

それなのにマスコミや心ない人たちはバッシングした。その人たちは何してるのか。

米兵も心の傷を負う。

筑紫哲也の番組に「イラク再建青年グループ」のカーシムさんと出演している映像が流れると涙がとまらなくなってしまった。

テレビでは遺体をぼかしている。会場や販売しているDVDではぼかしなし。

カーシムさんは親族が殺されている。米軍の占領、爆撃に抵抗して戦うのは当然の権利と主張していたのだが高遠さんとの出会いによって変わった。

「暴力は暴力を呼ぶほかの道を探そう」

「平和的な手段の方がより安全でより良い結果をもたらす。イラクのような状況だからこそ日本ののように武器を持たないことが必要なのです」

9条は米軍兵士や世界の人の憧れという。そんな大事なものは広める義務が私たちにはある。

広島を訪れたカーシムさん。イラクに帰国すれば命の保障はない。

名古屋の南山高校から寄贈された机には「日本とイラクの平和のために」というステッカー張って初めて日本からの物資を受けたことを表明できるようになった。

おもちゃと共に送られた机。でもその後、学校も爆撃受けて子供たちは通学できない。

子供たちがほしいのは米軍に日本が送るガソリンではない。

秩父雲竜さんのブログにも米軍が白燐弾使用して住民虐殺したことや日本との関係について記事があります。


私は二月に旅に行くと決めていましたが、三月に大事故が起きてしまいました。

東日本が酷い状態です。

これではすぐさま又こちらに地震が起きて敦賀、浜岡でどうなるかわからない。

旅の用意も上の空。腰痛やら家族、猫の事と思うと‥申し訳ないのですが一人旅で無事に帰国できるか。
今回は最初のホテルだけは予約しました。
昨年は五年ぶりに海外へ、原発大国に行きました。

今年は昨年いけなかった原発のない国へ。皮肉です。

6月11日までブログお休みします。
スポンサーサイト



MITSUKO-ミツコ と明石昇二郎講演会






初めて正式な国際結婚をした青山みつ

日本人でただ1人、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と会話した人物。

ローマ教皇、明治天皇皇后にも謁見したみつ,扇を下賜された。


「EUの父」リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギーの母




(Richard Nicolaus Eijiro Coudenhove-Kalergi、1894年11月16日 – 1972年7月27日)は、東京生まれのオーストリアの政治家。汎ヨーロッパ主義を提唱し、それは後世の欧州連合構想の先駆けとなった。そのため「EUの父」と呼ばれる。別名:青山栄次郎。


今までにも吉永小百合や吉行和子が演じています。

吉永小百合版は見たような期がしますが随分前のことです。
吉永小百合 - 1973年にNHK特集「ドキュメンタリードラマ 国境のない伝記」、1987年に「ミツコ 二つの世紀末」で、案内役兼光子を演じた、担当ディレクターは吉田直哉、音楽は冨田勲。
吉行和子 - ミツコの一人芝居を演じた。MITSUKO-ミツコ 世紀末の伯爵夫人-』(作・演出 大間知靖子)






大作です。衣装や装置もなかなかいいです。さすが小池先生

安蘭さん、町娘は可愛いし老け役も自然でうまい♪

安蘭けいの演技、歌唱も好きですが未来優希の歌唱力にも感心しているので観てきました。

未来優希はミツコの母役(夫とミツコを思って歌う歌ももっと聴きたい)ですが、後から舞踏会のシーンやミツコにインタビューしにきた記者役でも登場。彼女のエリザベートの姑役絶品でした。


エリザベートのトートを日本でも公演したマテ・カマラスが日本語で出演!

ドイツ語の響きは好きなので一曲ぐらいドイツ語で歌ってほしいぐらい。

成長した次男リヒャルトが狂言回し。

この人は映画「カサブランカ」のモデル。

ハインリッヒのマテが客席に背を向けて机に向かって座っている場面での大人になったリヒャルトがマテの後ろから、父のせりふを言うところ、よく考えましたね。マテの負担も軽くなるし。

リヒャルトの年上の妻、女優のイダ役(これに大反対するミツコ、親から勘当されて結婚したミツコに因果は回る)

AKANELIVも元宝塚(知りませんでした)、長身で綺麗、

青年リヒャルトの辛源は韓国人とイギリス人のダブル。

子役も可愛いのですが、子役からメイドなど何役も演じた演じた木村晃子、父役大谷智浩さんらアンサンブルも素晴らしかったです。




久々の一階席でしたが本来のオケボックスの上、(生演奏ですが)

しかも最前列なのでを足置く狭く、しかも上手で首がおかしくなりそうでした(笑)


昨日は薔薇のトゲが指の筋に刺さったためか自分ではどうしても取れず外科へ行きました。

もう10日ぐらいたっているので医師もてこずり、麻酔かけて取ってもらいました。



こんなことは初めてです。この先生も花がお好きで薔薇も植えてあります。

しかも外の街路に立派なアイスバーグが!

其の後、明石昇二郎講演会とこの舞台観劇に行きました。

お隣は豊橋女性市会議員でこんなお話も伺いました。

産廃業者の不法投棄を阻止したそうです。


(台風などの時にまぎれて汚物、汚水を流すので命がけで写真撮り証拠をつかんだのです。



原発も普段から放射能を撒き散らしているそうです。以上に癌や白血病が増えています。

増補版原発崩壊。購入してサインしてもらいました。


平和映画祭「ANPO」も見たかったのですが重なっていけませんでした。
こちらはDVDがあります。


東京生まれの上の2人とボヘミア生まれの5人の子を差別したり、夫を失ってからは日本風に厳格に管理しようとしたため、成長した子供たちは光子に反発し彼女の元を去った。晩年の光子と同居し、未婚のまま光子の死を看取った次女オルガは母光子を「鬼婆のようだった」と語っている。wikiより

身につまされることもあり最後のミツコには思わず涙。お隣の女性たちも。


第一次世界大戦争、第二次世界大戦、人種差別、EUと盛りだくさんです。

席が本来のオケボックスなのでみずらいのですがツバ飛ぶのも久しぶりで観ました(笑)

皆さんのダンスの躍動が伝わりました。
久しぶりにプログラムを買おうと思ったら完売でした。写真集は残ってましたが。

以下もwikiより


クーデンホーフ=カレルギー家はボヘミアとハンガリーに跨る広大な領地をもつ伯爵家であり、クーデンホーフ=カレルギー一族は東洋の島国からきた光子を奇異の目で見た。ハインリヒは「光子をヨーロッパ人と同等の扱いをしない者とは決闘をする」と言い、光子の庇護に努めた。その後、三男ゲオルフ[1]ほか4人、合わせて7人の子に恵まれる。 ハインリヒは子供たちが完全なヨーロッパ人として成長することを望み、日本人の乳母を帰国させ光子に日本語を話すことを禁じた。光子は多忙な夫以外に心を打ち明けられる人間がいなくなり、強烈なホームシックにかかってしまう。ハインリヒは日本への里帰りを計画するが、長期間幼い子供たちと離れることは難しかった。夫婦仲は良かったが、18ヶ国語を理解し、特に哲学に関しては学者並みの知識を持つ教養豊かな夫と、尋常小学校程度の妻では全く知的レベルが違い、子供たちのこと以外に夫婦でつながりを持てるものは少なかったが、彼女も渡欧後に自分の無学を恥じて、歴史・地理・語学・礼儀などを家庭教師を付けて猛勉強をした。

「MITSUKO」 ~愛は国境を越えて~

 
http://mitsuko2011.com/index.phpクーデンホーフ・ミツコ没後70年記念. MUSICAL 「MITSUKO」 ~愛は国境を越えて~
ヨーロッパでは今もなお語り継がれている最も有名な日本女性。1893年当時の オーストリア=ハンガリー帝国 の駐日代理大使として東京に駐在していたハインリヒ・ クーデンホーフ=カレルギー と恋に落ち、記録上、日本人で初めての国際結婚 を果たし た人物 ...
大作です。この歌が今の日本にいかにも合うので皆さん、ウルウルでした。
 
 

【調理方法】自分と子どもを放射能から守るには 

 
まる さんからの情報

 
パンフレット「自分と子どもを放射能から守るには」調理方法編

2011-04-28 | 放射能関連情報
 
 
記事元*ベラルーシさん*http://blog.goo.ne.jp/nbjc/e/db6978ec66e45decd4c0dc87dfd335de
 
イメージ 1
 
 
現在、子どもが放射能被爆する原因の90%は食品からです。
しかし簡単な方法で食品に含まれる放射能を減らすことができます。


牛乳
 
 乳脂肪分が高い乳製品(生クリーム、バター、チーズなど)は含まれている放射能が少ないです。
 ただし、乳清(ホエー)は危険です。
 



 
 中ぐらいの大きさに切り分けます。塩水に酢を加えたものに10-12時間つけておきます。
 肉をゆでる場合は最初のゆでた水は8-10分沸騰させた後、捨ててください。
 


野菜
 
 蒸したり煮る場合、皮を必ずむいておきます。それだけでセシウム137が20-50%減ります。
 


きのこ
 
ゴメリ州スベトラゴルスク区にあるチルコビチ村のベニタケ科きのこは1キロあたり280ベクレルの放射能が検出されています。 これを水をかえながら20時間3%食塩水につけておいたところ、1キロあたり28ベクレルにまで減らすことができました。 

 植物系の食品の場合。


 野菜や果物はよく流水で洗いましょう。


キャベツ
 
表面の葉を3、4枚取って捨てる。これだけでこのキャベツから検出されていた放射能を40分の1にまで減らすことができます。

 


・ニンジンなどの根菜 
 
地上部分に出ている茎や葉を取り除く。これだけで放射能を5分の1から7分の1にまで減らすことができます。 よく洗って皮を剥き、さらに洗ってください。ニンジンやカブなどは茎がついていた部分(根っこの上の部分)も1センチから1.5センチ切り取ってください。


・穀物 
 
表面を覆っている殻は脱穀して取り除く。これだけで放射能を10分の1から15分の1にまで減らすことができます。

 

 
・野菜を酢漬け(マリネ)にするとさらに放射能が野菜から流れ出て行きます。
 しかしその漬け汁は捨てること。
 
(日本人への応用。野菜や果物を何かに漬けて保存すればいいと思います。
 水分の多く出る漬物もいいと思います。でも漬け汁や出てきた水分は捨ててください。)
 
前に、上記の記事を読んで、野菜のぬか漬けだと漬け汁を捨てられないので、米のとぎ汁乳酸菌液に先に漬ければ、捨て易いので丁度よいなぁ~と思いました。
 
あと、カリウムを多く含む食品としてバナナなどを多めに食べる
 
ヨウ素補充には海草類(まぁこれは昆布だし味噌汁で良いと思うけどね
 
りんご、放射性物質を多く排出してくれるペクチンが多く含まれているそうで、家庭でも多く食べるようにしているそうですが、ベラルーシで開発したビタペクト2という、放射線物質の排泄を助ける商品(サプリメント?)を、内部被爆している子供たちに服用させ効果があがっているそうです。
 
 
ビタベクト2は日本で売っていないそうで、日本政府が輸入してくれるとありがたいのですが、なんかあまり当てにできそうも無いですから、急がれる方は、手作りペクチンも良いかもしれませんね。

MEMO
 
神奈川県農業技術センター りんごペクチン 作り方


          パンフレット                                             「自分と子どもを放射能から守るには」食育編            

イメージ 2
 
 
健康的なよい食生活によって放射能性物質が人間の体内へ与える影響を弱めることができます。


 放射能に汚染されていないことを前提として、より多く食べたほうがいい食品は
 
「リンゴ」「グースベリー(西洋スグリ)」「スモモ」「黒スグリ」「イチゴ」「さくらんぼ」
「セイヨウミザクラの実」です。
 


子どもが「種実類(ひまわりの種、カボチャの種など)」をかじっていても、           それを止めてはいけません。

 畑になっている「豆類」を取って食べていてもよしとしましょう。
 


 「レモン」「オレンジ」「モモ」「クルミ」をより多く子どもに食べさせましょう。
                                           

果肉入りの「野菜ジュース」や「果物ジュース」を飲ませましょう。
  その中でも赤い色をしたものがいいです。
  「トマトジュース」「グレープジュース」「ざくろジュース」など。

 


子どもには毎日必ず「ココア」を飲ませましょう。
 


体の中のヨウ素、カリウム、鉄分を増やすために
 「豆のスープ」や「そば粥」「米のお粥」「燕麦(オートミール)のお粥」を食べましょう。
 いろんな種類の野菜を使ったサラダに「ひまわり油」を使ったドレッシングをかけましょう。

 


おかずやスープ、サラダなどに「パセリ」「ディル」「青ねぎ」を
   刻んでたくさんふりかけましょう。
  「海藻類」をたくさん食べるように努力しましょう。
  (ロシアのパンフレットなので日本海側など安全な地域がいいかも)
 


お菓子は体によいものを子どもに与えましょう。
  特にいいものは「ゼフィール」「マルメラード」「パスチラ」です。
  なぜなら多くのペクチンをふくんでいるからです。
  おやつに「干しアンズ」「干しブドウ(レーズン)」「プルーン」を与えましょう。         なぜなら子どもに必要なミネラル分が多いからです。
 

 
 最後にとても大切なのは、子どもは定期的に体内から放射能を除去する必要がある、
 ということです。
 そのためには1年に2-4回、「ビタペクト」のような高ペクチン剤を摂取することです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (訳者から)
 上記のお菓子「ゼフィール」「マルメラード」「パスチラ」についてですが、私が知っている限りでは、日本では売っていません。 順に解説すると「ゼフィール」は果物のピューレに砂糖、卵白、ゼラチンなどを混ぜて固めたお菓子です。

「マルメラード」はマーマレードのロシア語表記なのですが、
日本人が想像するマーマレード(オレンジから作ったジャム)とは違います。
固形マーマレードというもので、ジャム状ではありません。
オレンジに限らずいろいろな果物(ナシやスイカまであります。)から作って固めたマーマレードで、手でつまんで食べられます。

「パスチラ」はリンゴのピューレやベリー類の果肉に砂糖(または蜂蜜)、卵白をいれて固めたお菓子です。

 さて、こうして見てみると、どうしてベルラド研究所がこの3種類のお菓子を勧めているのか分かります。一つは卵白がたくさん使われていること、それからマーマレードはペクチンが豊富に含まれていることです。
 つまり、こういう名前のお菓子が日本になくても、卵白をたくさん使った食品や、メレンゲを使ったお菓子、マーマレードを食べると同じような効果が得られる、ということです。
 
 


転載元: †Meteora†

小出先生ものを言う気がなくなった


上に動画あります。5月26日








引用させていただきました。

(福島第一原発で、震災翌日に海水注入が一時中断されたとしていたが、実際には東電の所長判断により中断はしていなかったと発表された。どう思うか?)ものを言う気がなくなった。何日も議論していたが、すぐに分かることなのになぜ今言うのか不思議。東電の発表はこれまでもコロコロ変わるし、何が本当なのか分からなくなった。

・(海水注入の準備について、東電から原子力保安院だけでなく内閣官房にも通知されていたのに、菅総理には伝わっていなかったそうだが、どうか?)菅さんに伝わったところで彼は何もできないから実際はどうでもいい。だが、連絡はすべき。

・(福島原発から40キロの地点に住むいわき市のリスナーから質問。燃料が地中にもぐって地下水に触れて爆発する可能性は?飲み水等への影響は?)水蒸気爆発は多分起きないと思う。溶けた燃料が圧力容器の中で水と接触すると爆発することを恐れていたが、すでに格納容器に落ちている。その更に下にも落ちていている場合でも、地下水に触れたとしても爆発にはならないだろう。ただし地下水を汚染し、それが海に流れ、井戸水に混ざるということがあってはいけない。

・(爆発はないが高い汚染の可能性はある?)ある。大気中の汚染が最も危険だと思っているが、その危機は1号機に関しては過ぎた。あとは地下水を汚染する、あるいは海に流れるということが問題。それは当然重要問題。食い止めないといけない。

(1号機が空気をひどく汚染する最悪の危険がなくなったとするのはなぜか?)恐れていた最悪のシナリオは、炉心が溶けて落ちたときに圧力容器の底に残っている水と反応して爆発するということ。そうなると格納容器も破壊され、大気中に大量の放射性物質が排出されてしまう。1号機についての東電の説明が本当なら、すでにメルトダウンしており、圧力容器から格納容器に漏れているという説明。それなら圧力容器内の爆発はない。

・(2号機と3号機は?)分からない。半分まで水があるというデータが続いている。炉心全体がメルトダウンしている状態ではないと思うしかない。そうならば、水蒸気爆発の可能性は残っている。ただしこれについても、東電は水位計が壊れている可能性、水が残っていない可能性を数日前から言っている。どういう状態になっているか知ることすらできない状況だ。

・(石川県のリスナーから質問。夫が第一原発建屋を覆うカバーをかける仕事に行く。中学生の子どもがおり、夫が家に放射能を持ち帰るのが心配。内部被曝も検査できる?)やる気になればできる。が、多分やってもらえない。内部被曝を測定するのは手間がかかるから全作業員には実施していないだろう。

・(となると、安全かどうか判断できない?)そうなる。防護服とマスクは内部被曝を防ぐため、それを装着していれば大丈夫と東電は判断しているのだろう。ただし外部被曝は防護服やマスクでは防げないから、線量計で測っている。

・(内部も外部も影響があるのは間違いない?)もちろん。内部被曝を測るのは手間暇がかかる。本来はやらないといけないが、かなりの人数の作業員がおり、すべての労働者の内部被曝測定はできないと思う。建屋の汚染区域に入る人は測定しても、そうでない人はしていないだろう。

・(内部被曝は専門の医療機関で日数をかけて行う?)方法は二つ。一つはホールボディカウンター。特殊な部屋に入り身体の中の放射性核種を直接測定する。もうひとつは小便大便等の排泄物を集め内容物を測定して推定する方法。これもやろうとすると大変。

・(沢山いるから実施は難しい?)できないわけではない。機器1台で1人30分だと1日50人程度。排泄物の検査も手間暇かかる。毎日何百人を測定するのは難しいだろう。

・(放射能を家に持ち帰るのではないかと不安ということだが?)原則的にゼロにはできない。着た防護服を捨ててくることが必要。クルマで入構するのは避けたほうがいい。汚染検査の基準が高いため、汚染しても見逃されて戻ってくる。持ち帰る物を少なくしないといけない。

・(福島第一原発の高圧注水系の配管が津波の前に既に壊れていたことが解析で判明した。最重要の機械で、地震で壊れたことはないと東電が言っていたものだが?)深刻。東電は、地震では持ちこたえたが津波が原因で事故となったという説明で乗り切ろうとしていた。中部電力の浜岡原発は東海地震の予想震源域の中心。地震を恐れて菅さんは浜岡原発を停めたのに、いつの間にか津波と防潮堤の話になっている。今回も地震が原因の可能性が高く、地震に注意を払わないといけない。




大阪:怒りの5・26緊急抗議集会 「それは許せん!『君が代起立条例』反対!」    ◇条例は、憲法と自由権規約、こどもの権利条約にも違反!



 現在開会中の大阪府議会6月議会において、橋下知事・大阪維新の会が「君が代起立条例」案を提出したことに抗議する集会が26日に、大阪城公園教育塔前広場で開催されました。
 小雨が降る中を仕事を終えた教職員や保護者、市民らが次々に駆け付けました。大阪新勤評反対訴訟弁護団の冠木克彦弁護士から、「本日、政府が個人通報制度批准の方針を決定した」との新聞報道が紹介され、この条例の違法性について報告しました。

 また、当初入っていなかった任命者(雇用主)ではない政令市(大阪市・堺市)の教員も対象に入れたことや、橋下知事は法律違反でも多数の権力でやることの異常さ。起立だけでなく斉唱(歌え!)も義務づけていること。「子ども・教育の問題ではなく、関係ない。服務規律問題だ。」とくり返していたのに、子どもへの愛国心教育が第一目的で、服務規律は「並びに・・・」と後になっていることなどについて報告されました。

 主催者の井前事務局長から、今回のアピールの賛同者が、すでに2日間で400人以上賛同が寄せられ、全国から続々と届いていることが報告され、さらにこのアピールを広範な人々に広げようと提起されました。
 名古屋からも仕事を終えて駆けつけた先生も、この強制が子どもたちへの強制であることの不当性を訴え、門間三中の日の丸君が代強制処分を支援したたかっている先生など、次々に発言し、言論・表現の自由を守る会の事務局長も、今回の条例が憲法違反であるとともに自由権規約18条違反でありこどもの権利条約条約14条にも明確に違反する人権侵害の条例であることを指摘し、地域の草の根から全国に条例化反対の運動を広げて違法な条例を必ず廃案にしようと訴え、会の4つの署名のチラシを参加者に配布しました。
 集会の最後に参加者全員で、「君が代起立強制条例を許さないぞー」と、教育庁に向かってシュプレヒコールを繰り返しました。(写真)

 前半、在特会によって大音響の罵声や君が代などがスピーカーで流されて妨害がありましたが、警察が対応し、後半は静かになり集会は成功しました。



[資料] 大阪府の施設における国旗の掲揚及び教職員による国歌の斉唱に関する条例 (案)

(目的) 第一条 この条例は、国旗及び国歌に関する法律(平成11年法律第127号)、教育基本法(平成18年法律第120号)及び学習指導要領の趣旨を踏まえ、府の施設における国旗の掲揚及び教職員による国歌の斉唱について定めることにより、府民、とりわけ次代を担う子どもが伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛する意識の高揚に資するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと並びに府立学校及び府内の市町村立学校における服務規律の厳格化を図る
ことを目的とする。

(定義) 第二条 この条例において「府の施設」とは、府の教育委員会の所管に属する学校の施設その他の府の事務又は事業の用に供している施設(府以外の者の所有する建物に所在する施設及び府の職員の在勤する公署でない施設を除く。)をいう。

2 この条例において「教職員」とは、府立学校及び府内の市町村立学校のうち、学校教育法(昭和22年法律第20号)第1条に定める小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校に勤務する校長、教員その他の者をいう。

(国旗の掲揚) 第三条 府の施設においては、その執務時間(地方自治法(昭和22年法律第67号)第
244条第1項に規定する公の施設にあっては、府民の利用に供する時間)において、その利用者の見やすい場所に国旗を掲げるものとする。

(国歌の斉唱)
第四条 府立学校及び府内の市町村立学校の行事において行われる国歌の斉唱にあたっては、教職員は起立により斉唱を行うものとする。ただし、身体上の障がい、負傷又は疾病により起立、若しくは斉唱するのに支障があると校長が認める者については、その限りでない。

2 前項の規定は、市町村の教育委員会による服務の監督の権限を侵すものではない。

附則 この条例は、交付の日から施行する。


転載元: 今 言論・表現の自由があぶない!

山本太郎さんを応援したい+原発ははりぼて







23日、俳優の山本太郎が、福島から来た子を持つ親たち100人を含む多くの人たちとともに文部科学省前に集結し、文科省が定めた学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定的な目安として「放射線量年間20ミリシーベルト」の撤回を訴えた。

 文部科学省は、福島第一原発事故の後、学校の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の暫定的な目安とし,毎時3.8マイクロシーベルト、つまり年間で20ミリシーベルトとした。この日、福島からやってきた多くの親たちが、子どもたちを守るため、この殺人的な基準値の撤回を求めた。山本も、そんな親たちとともに立ち上がった勇気ある著名人の一人だ。

 これまで山本は、自身のツイッターを通して「脱原発」のメッセージを伝え続け、4月10日には、反原発デモへ参加して、「原発反対!」を訴えた。彼ほど、「脱原発」を声高に訴えてきた芸能人は多くはないだろう。

 年間20ミリシーベルトという数値を撤回させるため、福島から文科省を訪れた親たちとともに、山本は、「3月11日を機に、もう自分を守るのはやめたい」ときっぱり言った。「電力会社はメディアの最大のスポンサーですし、さまざまな事情はあります。でも、自分たちが守るべきものはなんなのか? 今、福島の子どもたちが、これから先、病気になるのはわかりきっている。まるで死刑台に向かって、列を作らされているようです。何も行動しなければ、僕は自分を許せない」と涙で声を詰まらせた。

 母子家庭に育った山本は、女手一つで彼を育てた母親に守られ、たっぷりの愛情を受けて育ったことを自身の本「母ちゃんごめん 普通に生きられなくて」でつづっている。「大人は子どもを守るものだということを、僕は母親に教えてもらった。だからこそ、今こそ僕ら大人が子どもを守らなければならないんです」という山本は、「彼らを選んだのは僕たちなんだから、みんなに責任がある。大本営が発表したことをただ信じるのではなく、自分たちで異を唱えないと何も変わらない」と訴えた。

原発はつぎはぎだらけのハリボテ…なのに電力会社の力でメディアを黙らせてきた功罪を糾弾

[シネマトゥデイ映画ニュース] 「エネルギーを原子力に頼っていてよいのか」という問題意識が日本中で高まっている中、19日渋谷のユーロスペースでは、原発に代わるエネルギーへのシフトを提案した映画『ミツバチの羽音と地球の回転』が上映され、トークショーに鎌仲ひとみ監督と、代替エネルギー研究で知られる環境エネルギー政策研究所の飯田哲也(てつなり)氏が登場した。

 この日の朝、日本産科婦人科学会理事長が、NHKで「妊婦であっても、年間50ミリシーベルトは大丈夫」と発言したことを、鎌仲監督は、信じられないような顔で会場の人々、そして、飯田氏に伝えた。「犯罪のようなメッセージを発している意図は何なのか」という鎌仲監督の問いに、飯田氏は、「一番濃い雲は官邸にある。一般の人に不安を与えず、パニックを起こさせないようにしている。秩序を維持するためには、真実も、論理も、科学も、いくらでもゆがめていいことになっている。専門家が専門家ではなく、プロがプロではないから、言葉に責任を取らない」と答えた。

 原発の開発にもかかわってきた飯田氏は、日本の原子力発電所を、「表面はきれいに着飾ろうとして、安全だ、世界最先端だ、とのたまっているが、裏側をみれば、ベニヤ板をくっつけたようなハリボテ」と表現し、「これまでたくさんの事故を起こしているにもかかわらず、電力会社の力でメディアを黙らせてきたことが、ベリベリとはがれおちた」と体制そのものの問題を糾弾した。だが、はがれたメッキはひどくなるばかりで、いつまでたっても収束しようになく、状況は悪化する一方だ。

 3月11日に東日本大震災が起こり、メディアには御用学者たちが多く露出しており、「安全だ」ということを伝え続けている。原発を「ハリボテ」と呼ぶ飯田は、ネットで生放送の番組に数多く出演し、本音を語っているが、いまだ出演するテレビ番組はすべて“生”ではなく、“録画”型だという。発言はすべて、編集され、メディアに出てくる学者は、前出の吉村氏のように「大丈夫です」の一言を繰り返している。真実に向き合うのではなく、全員が「安全、大丈夫」と繰り返す報道番組。視聴者の多くが両方の意見を聞きたいはずが、一方の意見のみだけがテレビから聞こえてくる。賛成意見があれば、反対意見がある。それが通り一辺倒の意見では、自分たちが考えることもできないままだ。

 「放射線や被爆には歴史的なプロパガンダがあり、わたしなんかが槍で向かっていっても太刀打ちできない。でも少しでも崩したいと思って頑張ってきたんです」という鎌仲監督は、カメラを片手に、12年間、原発という大きな敵と、闘い続けてきた。映画『ヒバクシャ 世界の終わりに』『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』と常に放射能汚染の恐ろしさと向かい合ってきた鎌仲監督の作品には、必ず“弱者”が登場する。映画『ヒバクシャ 世界の終わりに』では、劣化ウラン弾により、白血病やガンに苦しむイラクの子どもたち、『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』では、原発問題と闘う住民たち。わたしたちが、エネルギーを消費する裏では、いつも誰かが泣いていた。本作は、そんな弱者たちを救う、希望の光となる代替エネルギーを取り上げている。トークショー終了後、鎌仲監督に、いま一番伝えたいことを聞くと「決して泣き寝入りをせず、みんなで日本を変えていきましょう!」と力強い笑顔で答えた。






『六ヶ所村ラプソディー』も見なくては。

関西圏の危険度、福島以上!日本は戦場なり!急ぎましょう!原発ストップを


↑暗黒夜考さまより転載します。
 
【転載開始】

(転載開始)
◆若狭湾の津波 関電が調査検討

5月26日 21時28分  NHKニュース
 
全国で最も多くの原子力発電所が集中する福井県の若狭湾で、
およそ400年前、地震とともに波で家が流され、多数の死者が出たとみられる記述が、
複数の文献に記されていることが分かりました。
関西電力は、これまで津波による大きな被害の記録はないと説明してきましたが、
誤解を招くものだったとしたうえで、
東日本大震災で想定外の事態が起きたとして、
当時、津波の被害があったのか、調査を検討するとしています。
 
福井県の若狭湾は、関西電力や日本原子力発電などが運転する
全国でも最も多い14基の原発が集まる場所です。

原発は、建設時に
過去の地震や津波について調査を行うことが義務づけられていて、
関西電力は、
調査の結果、
若狭湾で、津波による大きな被害の記録はないと、
これまで地元の住民や自治体に説明してきました。
 
しかし、東日本大震災のあと、
日本の中世の歴史を研究している敦賀短期大学の外岡慎一郎教授が調べたところ、
京都の神社に伝わる「兼見卿記(かねみきょうき)」という文書に、
天正13年(西暦1586年)に起きた「天正大地震」で、
若狭湾を含む沿岸で波が起こり、
家が流され、
多くの人が死亡したという記録があることが分かりました。
 
また当時、日本に来ていたポルトガルの宣教師、ルイス・フロイスが書いた「日本史」の中でも、
同じ天正大地震の記述として、
若狭湾とみられる場所で「山と思われるほど大きな波に覆われ、
引き際に家屋も男女もさらっていってしまった」と記されていることが分かりました。
 
これらの資料は、
国史の編さんにも使われる歴史資料としては一級のもので、
NHKの取材に対し、
関西電力は、昭和56年には2つの文献の内容を把握していたが、
信ぴょう性がないと社内で判断し、
住民や自治体には、津波による大きな被害の記録はないと説明してきたとしています。

しかし、これまでの説明が誤解を招くものだったとしています。
そのうえで、東日本大震災で想定外の事態が起きたとして、
文献の記述のような被害が大きな津波で起きたのかも含め調べるため、
ボーリング調査など科学的な調査を検討するとしています。
 
関西電力は
「どのくらいの大きさの津波に備えるのかは、文献の調査だけでなく、
活断層の動きから計算する科学的なシミュレーションも行っているので、
これまでの津波の高さの想定に問題はなかったと考えている。
ただ、東京電力福島第一原発の事故を踏まえ、見直していくべきところは見直していく」
と話しています。
(転載終了)
 
全国の原発の実に26%が集中し、“原発銀座”と呼ばれているのが福井県若狭湾一体である。
あの”狂えるモンスター”「もんじゅ」をはじめ、

今回のNHKによる報道にて、同原発を建設する際、
関電が地元住民や自治体に対する地元説明の中で、
「若狭湾では津波による大きな被害の記録はない」と説明してきたことが明らかになった。

関電が「過去に巨大津波があった」と記されている2つの文献の存在を把握しながら、
これを”意図的”に「信ぴょう性がない」ものとして”もみ消し”ていたことは自明であろう。
電力会社ごときが、
一級の文献をして、これを「信憑性がない」として切り捨てる合理的理屈付けなど
できようはずがないことは言わずもがなである。
 
そして今回の報道に対し、
関電の出したコメントがいかにも無理筋で見苦しいこと極まりない。
「科学的な調査」
「科学的なシミュレーション」
 
実際に若狭湾沿岸部を大津波が襲ったという事実は
変えようがないにも拘らず、関電は”科学”の力で何を証明しようというのであろうか?

要は、”科学”という名のもとに、
一級の文献に記された内容を「無きもの」として
闇に葬る口実作りをしようとしているだけのことであろう。
 
もし、若狭湾に大津波が押し寄せたら、一体どんな事態が起きるのであろうか?

日本原子力発電の「もんじゅ」だけでも
”プルトニウム爆弾”に限りなく近い被害が発生するところに、
 
関電の「美浜」「大飯」「高浜」が加われば、フクシマどころの騒ぎではないであろう。
 
若狭湾沿岸が大津波に飲み込まれたという史実については、
今回の報道で初めて知ったが、
浜岡原発同様、運転を停止し、
段階的にこれらを廃炉にすべきであるとの意を強く感じる次第である。
 
【転載終わります】
 
みんなを騙し続けてきたのですか?!
古文書を無視したの?
なんと!
 
関西圏の危険度は、福島以上になる!あぁっ!
日本列島は、戦場です!
 
直ちに全ての原発ストップ!!
日本が滅ぶのをくい止めましょう☆
 
悪いことは出来ないものですね。
腐れ○ンパンジーの「神さま」発言は、
  古文書無視の冒涜と一致してしまう。
 


転載元: 模型飛機

室井佑月がNHK生放送番組にて「福島産野菜摂取」「内部被曝」を糾弾 ~芸能界に”反原発”の波~


↑暗黒夜考さまより転載します。
 
【転載開始】
 

「福島の子供たちが給食で福島産野菜を食べさせられているのは問題だ。」
「福島の子供は地産地消で福島産の野菜を食べさせられていて、体の中からも被曝している」
「基準値ギリギリのものを食べさせなくてもいいじゃないか」
昨日のエントリーにて取り上げた俳優・山本太郎に引き続き、今度は、作家の室井佑月が”反原発”発言をおこなった。
しかも、室井佑月の場合はYOUTUBEといったネット媒体ではなく、テレビでの発言であるから、その意味するところは非常に大きいものである。
更に言えば、民放ではなく、国営放送たるNHKの生放送番組内での発言だけに、その反響は尚のことであろう。


《吉田照美のリツイート》
 
上記の吉田照美のリツイートにもあるように、
スタジオ内はこの室井発言に、さぞや凍りついたことであろう。

同番組には、あの”御用学者”中の”御用学者”である中川・東大教授が
出演していたというのであるから、まさに「白と黒」、対照的な絵である。
 
明日以降、NHKにて室井佑月の姿を観ることはないであろう。
”メロリンキュー”山本太郎同様、「干される」ことは想像に難くない話である。
 
兎にも角にも、昨日の山本太郎に引き続き、
室井佑月の勇気ある発言に対して素直に拍手を送りたい。

今後、この手の芸能人・タレントによる、
空気を読まない”反原発”コメントが 連鎖反応的に起きることを期待したい。
 
今まで芸能人・タレントのもつ”影響力”を散々利用して
国民を騙してきたマスゴミが、
今度はその”影響力”にやられる番である。

これぞまさしく「反原発ブーメラン」であろう。
 
【転載終わります】
 
時代が求める人間像について
敏感に反応するのは、その人の感性が優れているからです。
 
「子どもたちを守りたい」強い思いは、愛情の深さ。
 
「守りたいものがある」は、愛の姿なり。
 
いま・・素晴らしい日本人が現れている。
今後も、ただいま・・・この瞬間にも
勇気ある日本人が立ち上がっている。
 
今、子どもたちを守るための、「日本は戦場」です。
 
心から励まされる自分を思う。感謝が熱くこみ上げる。
 
ストップ全ての原発を!! 反原発の行動を!


転載元: 模型飛機

明石昇二郎講演会と平和映画祭のお知らせ・猫




西さんからのメールです。

みなさま    西英子です。

明石昇二郎さんの講演の内容がわかりました。すばらしい講演になります。
**************************************************************
 講演会 『 原発崩壊~福島原発事故は想定されていた!
         東海・東南海・南海地震で浜岡はどうなる!』
**************************************************************
【 講演の内容 】
(1)福島取材
   ・住民の被曝と避難(学童疎開など)について
   ・福島で、作業していないのに被曝した「原発作業員}
   ・事故収束に当たる作業員

(2) 原発事故とマスコミ報道
   ・なぜ、これほどの偏向報道がまかり通るのか
   ・自身の体験
   ・敦賀湾周辺での「悪性リンパ腫多発」調査報道
   ・浜岡原発での事故シミュレーション
   ・そして今、報道は福島事故をどう伝えているか

(3)大事故の原因を作った御用学者たちについて

(4)事故はいつ収束するのか
   ・「判断材料」となる情報が公表されない
   ・周辺住民の健康管理(健康調査ではなく)→「放影研」に要注意
   ・安全委員会の解体的出直し


日 時: 5月28日(土) 午後1時30分~4時30分

会 場: 名古屋市 女性会館 3F ホール (350席) ←会場は伏見でなあり
ません。
    (地下鉄名城線「東別院」①番出口 東へ3分)

講 師: ルポライター   明石昇二郎さん
               ルポルタージュ研究所代表

新刊 『原発崩壊 (増補版) 想定されていた福島原発事故』(当日販売とサイン

    5月24日発売の「朝日ジャーナル」に明石さんが書かれた
    「フクシマ取材で試される 報道機関の存在理由」が掲載されています

 
主 催: 原発震災の講演実行委員会
参加費:  1000円




ウィルあいちで開催される平和映画祭です。

「グラントリノ」「インビクタス/負けざる者たち」
はお勧めです。

「ANPO」が観たいのですが、講演会と重なっています。

開場:10:00
「カティンの森」      10:30~12:32

「ANPO」          13:30~14:59
      
  講演:石川真生さん     15:20~16:20

   講演はチケットの半券をお持ちの方はどなたでも聴けます


「インビクタス/負けざる者たち」 16:40~18:54






最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankich 天邪鬼&極楽蜻蛉

動物園訪問日記

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR