八瀬瑠璃光院秋の特別拝観



 

大原の三千院、寂光院、実光院の拝観を終えて下っていくとなにやらざわついていて…


八瀬瑠璃光院秋の特別拝観でした!ここは拝観した記憶がない。

八瀬瑠璃光院HP秋の特別拝観

八瀬の豊かな自然の中の数寄屋造りの建物や、三つの名庭(瑠璃の庭・臥龍の庭・山霞路の庭)を特別公開する。 また、寺宝の屏風や掛け軸の特別展示も行われる。


 

ここ「八瀬」の地は、「矢背」とも記されるように、壬申の乱で背中に矢傷を負われた
大海人皇子(天武天皇)が「八瀬の釜風呂」で傷を癒されてより、平安貴族や武士たちに
「やすらぎ」の郷として愛されてきました。
本願寺歴代門跡もしばしば訪れたと記録に著され、

明治の元勲三条実美公は、当時の庵に「喜鶴亭」と名付けて直筆の命名額を下されています。(瑠璃光院に現存)

その後、大正末から昭和の初めにかけて、一万二千坪の敷地に延二四〇坪に及ぶ数奇屋造りに大改築するとともに、自然を借景とした名庭を造営。

建築にあたった棟梁は、京数寄屋造りの名人と称された中村外二、
築庭は、佐野藤右衛門一統の作と伝えられます。
その後現在まで、日本情緒あふれる名建築・名庭として多くの人々に親しまれ、
囲碁本因坊位の対戦場となったことなどが知られております。
そして今、文化財の保護と公益を目的に、
一般の方々にも公開する機会を持ち、皆様に「心のやすらぎ」を提供するに至りました。

叡山電鉄、八瀬比叡山口駅より高野川の清流に沿って歩き、吊り橋を渡ると瀟酒な山門が
 目に入ります。
ゆっくりと登る参道の傾斜地に植えられた百種以上の楓紅葉が秋ともなると錦繍を競い合います。


 


瑠璃(るり)の庭

 瑠璃色に輝く浄土の世界を表わした当寺の主庭。
 数十種の苔のじゅうたんをぬって一条のせせらぎが清らかに流れます。

 


 


 


 



 






臥龍の庭(がりょう)の庭

 天にかけのぼる龍を水と石で表した池泉庭園。
 眺める人の心を解放し昇運の兆しをもたらすといいます。















茶庵「喜鶴亭(きかくてい)」

 三条実美公命名の由緒ある茶室。和敬静寂の精神を映す千家第六代覚々斉原叟好みの佇まい。

書院を飾る屏風 文化財
数百年の歴史を有する当寺の寺宝の数々を、毎年数点ずつ公開。名建築、名庭とともに
貴重な文化財をご鑑賞ください。

八瀬名物「かま風呂」

 日本式蒸し風呂の原型であり、「八瀬のかま風呂」の現存する希少な遺構。ご見学も可能。


京都のお庭は本当に借景が上手い。 ここに無粋な建物が出来て邪魔したら…

祖父が盆栽や和風庭園が好きで母は祖父の望み通りの庭を作りました。
バラを植えようとして祖父(母の父)に叱られバラは塀の外に植えたものでした。

私は京都にあこがれ学生時代は京都で過ごしせっせとお寺に通いました。
歴史や仏像、庭が好きでした。

今ではバラやイングリシュガーデンにぞっこんになってしまいましたが。

和風庭園はとても素人の手に負えず費用もかかりますからもう無理です。
見学させてもらって幸いです。
洋風は自分の好みでぼちぼち育てることが出来ますから。
スポンサーサイト



京都大原寂光院と建礼門院徳子大原西陵



  

先日犬山の寂光院の御開帳に行きましたが今回は



寂光院の住職の瀧澤智明でございます。
ここ大原寂光院は聖徳太子様のご創建になり、『平家物語』大原御幸で知られた建礼門院様が隠棲し晩年を過ごされた尼寺でございます。
2000年5月不慮の火災により、由緒あるご本堂が焼失し、本尊地蔵菩薩様も大きく焼損いたしましたが、幸いに皆様のご支援により5年後に元通りに復興し、私も2005年6月に新住職になりまして今日を迎えております。
1982年に寂光院に入寺しましてずいぶん年月が過ぎましたが、歴代を初め、先代様のご遺志を引き継ぎ、天台宗の尼寺としての伝統と格式を保持しつつ、よりよいお寺になるよう護持して参りたいと念じております。
どうか皆様のお力添えをいただき、寂光院にお越しになる多くの方たちと語り合い、ともに学び歩みながら、現代人にとっての心の癒しとなれるようなお寺にしたいと念願いたしております。


 

 

 

 

 

 孤 雲 (茶室)

京都御所で行われた昭和天皇の即位の御大典の際に用いられた部材が寂光院に下賜され、それをもとに茶室を造り、昭和6年3月に千宗室宗匠をたのみて献茶式を催し茶室開きを行ったものである。
「孤雲」の名のいわれは、建礼門院のもとを訪れた後白河法皇が、粗末な御庵室の障子に諸経の要文とともに貼られた色紙のなかに、「笙歌遥かに聞こゆ孤雲の上 聖衆来迎す落日の前」という大江定基の歌とともに、「思ひきや深山の奥にすまひして 雲居の月をよそに見んとは」という女院の歌を御覧になって、一行涙にむせんだという『平家物語』の大原御幸のなかの一節にちなむ。


 

茶室「弧雲」への玄関門の屋根の部分。 写真に撮られている方をカットするとこんな具合。
温泉と昼食後で人も多く、昔のような感慨も薄れます。

 

 

再建されたご本堂


 


 

春には石段の下の扉が閉まっていたと言う建礼門院徳子大原西陵

ドラマや歌舞伎などでもお馴染みの建礼門院徳子、子供の安徳天皇も失い一人生き残った気持ちはいかばかりだったでしょう。


 




 


 
兎や虎、馬など干支の小さな置物


 

大原三千院~寂光院へ行く途中の洋品店(アンティークなタンスなどに洋服が展示されてました)で猫の首をむんずとつかんだ女性に、お店の人は「よく捕まえましたね、野良でつかめないのに」と。私もあまりの勢いにびっくり、お店の看板猫かと思いました。

次は特別公開の瑠璃光院です。

京都のお土産と子猫の思い出写真



 

上はホテルで買ったブックカバーとフリース。

他に京野菜金時にんじんのどあめ、賀茂トマト飴、豆腐ケーキ、生八橋など。


彼女からはうちで生まれた子猫のブックカバーも頂いていますのでプレゼント用です。


 

お友達に頂いた猫の缶、旅中に持ってきてくれたのでパリのお土産と一緒に写していました。



 

ハンカチは豊田美術館で。小銭入れは長久手の温泉に売っていたもの。


 

こんな小さな時もあったのです。ちょっと白っぽいブラン。最後まで離乳食を拒否しておっぱい飲んでいました。
雌らしく、今では一人でいることが多い。夜はほとんど二男のベッド。
後の三匹が私のベットに集合しているときも来ない。


 

この親子、リボンとダブル、昨夜と今朝、多分寝場所を巡ってパンチ合戦(汗)

こんなに大きくなってもおっぱい貰っていたのに。パパっ子のダブルです。


 




楽屋が写っていて汚いのですが、さばいてる刺身をもらおうと並んでいる?リボンママとダブル 

喧嘩しても又、しばらくするとママのそばに行きなめてもらおうとするダブルです。
ママもなめてやります。

京都大原実光院の桜と紅葉~♪



 

京都大原実光院
宝泉院と同じく勝林院の坊である、この実光院の
見所もまたお庭。ただしこちらのお庭は眺める庭だけ
ではなく、歩ける庭なのが嬉しいところ。鑑賞式庭園
の契心園は江戸から続く実光院の主庭ですが、もう
一つの回遊式庭園は元々理覚院があった土地に、
植木や石の一つ一つに至るまで、現住職が手づくりで
造り上げたもの。中心をなす 珍しい桜で、紅葉と桜を一度に観賞できる点でも楽し
みの深いお庭です。

 その植物の種類は小規模の植物園並みの数。その全てを程よい大きさに保つには並大抵ではない
手入れが要求されますが、プロの庭師の設計ではないからこその自由な造りのお庭には、人の暮らす庭への親密な愛情がたっぷり詰まっています。この生き生きしたお庭のそぞろ歩きは植物好きには
この上ない楽しみ。
理覚庵と名づけられた、わび加減が好ましい茶室も見ものです。

一般:700円(お抹茶・八ツ橋饅頭付き)
電車で行くとくとく切符は割引きがあるのですが。


 
広大な庭ではありませんがお抹茶を頂きながら眺める不断桜と大原の紅葉は素晴らしい。
しかもお庭を歩いて桜の近くに行くことも出来ます。


 


ちらちら見えるのが不断桜。四季桜、各地に増えてきましたね。


 


 



 

 

これは三千院の紅葉


 

寂光院へ行く前にここの温泉へ。良い温泉で露天風呂もよかったです。

でも温泉に入るためには食事をしなければなりませんでした。
安いおにぎりセットがあるのを知らず高くて美味しくもない味噌鍋を(苦笑)桜の大木を観ながら食事が出来ます。


 


 



 


 

あのハーブ実践家ベネシアさんのお宅はどこにあるのか。

紅葉真っ盛り京都大原三千院



 

大原三千院

天台宗五箇室門跡の一つとあって平安時代に皇族が
お住まいだったそのお寺はさすがに優美な雰囲気。
客殿の襖絵や古文書を背に池泉回遊式庭園の聚碧
園を望めば、さながら優雅な平安貴族のような気分。
涼しい空気が縁をそよいで肌を撫でていきます。
やさしい風と贅沢な庭の眺めに、時間も忘れてつい
のんびり…。存分に眺めを楽しんだら、境内を散策に
出かけましょう。
ここでの見所は往生極楽院。藤原時代に建てられた49の常行堂のうち、唯一現存する御堂です。
重要文化財の阿弥陀三尊が、安らかな面持ちで訪れる人を迎えてくださいます。さらに足を伸ばすと、
7月に見頃をむかえるあじさい苑や、不動明王を頂く金色堂。階段のもとに滴る金色水は福寿延命のご利益が。そっと手をすすぎ、金色堂から観音堂へとお参りを済ませたらさらに奥へと。
やがて鎌倉時代の石仏のもとへ辿り着きます。

呂川のせせらぎを越えてこんなに坂道があったとは、ウン十年ぶりで、全然覚えていません。ここから寂光院も散歩にはいい距離でしたがもっと近いと思っていました。




 

京都へいく前日は雨、伊吹山から
雲が沸き立ってるようでした。


 

朱印帳は忘れてきてしまったのです。母へのお土産のひとつ


 

名神栗東から初めて琵琶湖大橋を渡り大原へ
下の二枚は大原の里に入ったところの民家の紅葉です。見事なお庭のようで観ることが出来ないのが残念。


 
ここからは大原三千院の写真

 


 


 


 



 
ボケてしまいました。


 


 


 


 

左に見えるのが往生極楽院(重要文化財)藤原時代に建てられた49の常行堂のうち、唯一現存する御堂で阿弥陀三尊(国宝)がまつられています。

脇侍の勢至菩薩像像内の銘文から平安時代末期の1148年(久安4年)の作とわかる。阿弥陀如来、観音菩薩(聖観音)、勢至菩薩の三尊が西方極楽浄土から亡者を迎えに来る(来迎)形式の像で、両脇侍が日本式の正座をしている点が特色である。
2002年に国宝に指定されている。
(三千院と往生極楽院は元来は別々の寺院であった)

帰りに名神栗東の近くのスーパーで赤いサラダ大根や水菜、春菊を買ってきました。安くて美味しかったです。


 

京都府立植物園のばら園



 

銀閣寺や瑠璃光の特別拝観はパンフレットをもうちょっと読んでからアップします。 

京都府立植物園入り口のもみじ、写真が良くないですね。

京都の植物園は以前花見に来たことがあります。

春ならもっと華やかでしょうが比叡山をバックにした洋風庭園、ばら園、なかなかのものです。

植物園から賀茂川の景観が観られないのが残念。

植物園近くの橋から観た景観もよかった~

ロンドンのキューガーデン見学して東山植物園の温室がそのコピーと知りました。それ以来温室のデザインも気になります。


 


 



 


 


 



   
 


 

こういう大木を観ると鶴舞公園やイギリスのヒドコートマナーガーデンの木を思い出します。


 

イタリア式?噴水

[

 



 



 



 


 

売店の猫のバック、可愛いけれど結構高くて買えない(残念)

ここで小野蘭山没後200年記念大森文庫展 を開催していました。11月28日まで。

小野蘭山はシーボルトから日本のリンネと呼ばれた江戸時代の本草植物学者。
日本のボタニカルアートも美しい。


 

植物園200円、温室200円、60歳以上無料。
しかし駐車場代が800円とは。銀閣寺近くの駐車場と同じく高い!

やっぱり最高、京都の紅葉♪



  

京都の紅葉は混雑ぶりに恐れをなして近ずきませんでしたが昨年の宇治が学生時代とは雲泥の差で非常に感動したのでウン十年ぶりに出かけました。

初めて琵琶湖大橋渡り大原へ。

春にも大原などの桜の京都を堪能した夫と出かけました。


 

一日目

三千院、実光院の不断桜と紅葉の庭、三千院(学生時代あんなに歩いたのか全然覚えがありません)、寂光院、大原の温泉八瀬の瑠璃光院特別拝観、下鴨神社、糺の森。

二日目はホテルから近い銀閣寺が特別拝観と知り行きました。
東求堂の中へ。庭や山が素晴らしい。昔は銀閣しか目に入らなかったのか。

比叡山をバックにした植物園の洋風庭園・バラ園、人の洪水のような東福寺!

銀閣寺、瑠璃光院最高でした。



 


 


 

府立植物園のイングリシュローズ

カールじいさんの空飛ぶ家



 

もう冒頭の数分だけで観たかいのある映画です。
評判高かったけれど映画館では観られずテレビ鑑賞です。


 

大好きな絵本バージニア・リー・バートンの「ちいさいおうち」と
尊敬するクリント・イーストウッド監督の「グラン・トリノ」がだぶってきてしまいますが悪役の顔がイーストウッド監督の顔に似ていませんか。

幼馴染の二人が協力して古家を改装し悲しいことも乗り越えていくのだが、ついに妻に先立たれる。そして

長年暮らした家をついに追い出される事になる。誰にでも起きそうな普遍的な話なのですがその後が予想外の大冒険に発展!

超映画批評より3DCGアニメーションで知られるピクサー社は、最強のアニメーションスタジオで、この会社は15年にわたり「オリジナル」にこだわり続けてきたこと。

「100万回生きたねこ」 の佐野洋子さんもおなくなりになってしまいました。お母様との確執でお悩みだった佐野さんの本、図書館でリクエストしました。

「100万回生きたねこ」は沢田研二のミユージカルも観ましたが、原作が素晴らしいですね。思わず泣ける絵本です。

ヤン・イー著「老処女」あまりに寂しい話でともかく結婚し子供を産み育てる生活が幸せなのか「鬼ババ化する女たち」よんでもそう思わされました。

玉三郎、ハープと共演

 
 
こちらでは三月にこの公演があります。
自分の覚えなのでコメントお気使いなく。

玉三郎の夜叉ケ池

 
http://show.blogmura.com/musical/

ずっと探していた映画です、今日偶然見つけました、この映画全部見たいのです。でも絶望的らしい
以下はWikiよりの引用です。
夜叉ヶ池伝説は古くから伝わっており、題材とした泉鏡花の戯曲『夜叉ヶ池』(岩波文庫ほか)もある。これを原作として、1979年に映画(坂東玉三郎主演、篠田正浩監督、冨田勲音楽)も製作されたが、テレビでは1回放送されただけで、それ以降一部の権利者がソフト化を拒否する等、権利関係の調整が難航しているため、DVD発売等の二次利用の見通しは立っていない。パブリックドメインとなる2050年(公開後70年)まではソフト化、ネット配信は絶望的であり、それまでに原板やプリントが廃棄されれば永久に日の目を見ないことになる(封印作品)。
 
今年アメリカの教授が生徒に全部見せたと言う話も!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR