『コーラス』と『幸せはシャンソニア劇場から』





テレビでドミンド指揮「アイーダ」を観て思い出しました。

ちょっと前に観た映画です。『コーラス』『幸せはシャンソニア劇場から』ご覧になったことがありますか。

2005年に日本公開され、大ヒットを記録した『コーラス』内容も音楽も素晴らしくて即CDを買いずっと聴いていました。
今聞いても泣けそうにいいのです。
何と澄んだ綺麗な高音、しかも美少年!

2004年のフランス興行成績第1位、870万人を動員した感動作.第77回アカデミー賞、第62回ゴールデン・グローブ賞ともに外国語映画賞にノミネート。+クリストフ・バラティエ監督は、ジャック・ペランの甥にあたる。ペピノ役のマクサンス・ペランはペラン氏の息子。

ボーイソプラノはあんまりなのですがこのジャン=バティスト・モニエ君は違います。
3000人の候補の中から選ばれた、サン・マルク少年少女合唱団合奏団のソリスト。
悪がきという設定なのですがこの寄宿学校の校長はとんでもない人、まるでジェイン・エア。他の映画でもみたことありますけど。(男の子をたぶらかした罪!で修道院に隔離された少女の話、必死で逃げ出すのですが何という題名だったか親から引き離されてまるで罪人扱い。)

そこに音楽家になり損ねた教師ジェラール・ジュニョがやってくるのです。この俳優さんが又いい味です、
小太りで何とも言えない良き人物。
ママに逢いたい、ひたすら面会日を待ちわびる子供たち、来ない親もいる哀しさ。
ジャン=バティスト・モニエは「たけしの誰でもピカソ」に出て「赤い靴」を日本語で歌ったそうです。動画を探しているのですが。

音楽の素晴らしさを教えられて成長する物語でした。そのスタッフ・キャストが再結集して作り上げたフレンチ・エンターテインメント映画『幸せはシャンソニア劇場から』も観た。昨年の事ですがアップできていませんでした。


こちらも子供が登場します。


『幸せはシャンソニア劇場から』1936年パリ。人々から愛されてきたシャンソニア劇場が閉鎖した。劇場で働いていたピゴワルの息子ジョジョは、落ち込む父を気遣い、街角でアコーディオン弾きを始める。だがそれが元で2人は離れ離れになり……

好きな舞台のお話に親子関係、レジスタンスも出てきます。


『リトル・ダンサー』のミュージカル版、日本では上演できないのでしょうか、いい映画でした。男の子がバレエなんかやるのはおかしいと父親からも叱られるのですが…

男声版スワンレイクこちらに動画あります。アダム・クーパーのスワンレイクとリトルダンサー

『コーラス』ストーリー

世界的指揮者のピエール・モーランジュは公演先で母の訃報を知り故郷のまちに戻る。すると降りしきる雨の中、少年時代をともに過ごしたペピノが訪ねてきた。片手には日記をもって…それは自分に生きる希望を与えてくれた官舎(先生)のものだった。

1949年、第二次大戦後の貧しい暮らしで、親たちとの別居を余儀なくされた子供たち、素行に問題があり親元を離れた子供たちの寄宿舎<池の底>。そこへ新たに音楽教師のクレマン・マチューが赴任してくる。

最初に出会ったのは、母親の「土曜に迎えに来るからね。」の言葉を信じて門で待っているペピノ。驚いた事に、<寂しさ>で心のすさんだ子供たちが待っていた。子供たちの本来の純粋さを取り戻そうとマチューは、あることを思いつく。
スポンサーサイト



心の遺伝子あなたがいたから





心の遺伝子あなたがいたから
第一回は三國連太郎 自分の好きなように  運命の人木下恵介
昔から凄い存在感のある俳優だと思っていました。
兵役拒否で逃げたらお母さんが密告したとか、田中絹代の夫役のために健康な歯を抜いてしまったという話は聞いていました。

木下監督の[陸軍]最後に田中絹代が演じる母親が出征する息子を見送って延々と軍隊についていく場面、名場面です。
あの時代にあの場面は勇気が行ったことでしょう。

銀幕デビューのきっかけは大監督の木下恵介。慧眼ですね。
三國さんの動機は「ご飯が食べたい」。あのころは皆さんそうですよね。三船敏郎も。

木の下さんの紹介をしていると三國さん感極まりウルウル。司会の西田さんも泣きそうになるのを必死でこらえていました。
のちに五社協定をやぶり「犬猫、三國入るべからず」と張り紙されました。ほかの映画会社に出るとシャットアウトされた酷い時代がありました。

三國さんは勉強家で親鸞の映画[白い道]を制作。WOWOWで放送。途中までしか観ていません。




田中正造と足尾鉱毒問題を映画化した「襤褸の旗(らんるのはた)」は偶然。数年前街角でビデオを発見しました。先日徹子の部屋に沢田研二の[魔界転生」でとても色っぽい細川ガラシャ夫人を演じた佳那晃子が出ていて彼女もこの映画に出ていたことを知りました。何と西田敏行の妻になる役。この映画には中村敦夫も「幸徳秋水」役で出演。
随分前に観たので西田さんや佳那晃子さんが出ていたのも記憶にありません。

この映画ではトイレの近くの土まで食べちゃった三國さん、役者ですねえ。



田中に心酔した私はフィールドワークにも参加しました。寒い夜行バスで秩父を訪れ渡良瀬河・足尾銅山跡(一言も鉱毒には触れていなかった!)なども見学、日本の公害訴訟第一号と言われる事件です。
豊かな山野が銅の精錬のために丸裸、鉱毒で多数の被害者が出たのに、富国強兵目指す政府は放置、弾圧しました。さらに村人の家を強制破壊してしまいました。

衆議院議員だった田中は明治天皇に直訴するも狂人扱いされました。田中の権力は嘘をつくなどの言葉は忘られません。城山三郎の「辛酸 -- 田中正造と足尾鉱毒事件」(角川文庫)も感動的です。

以下は引用です。
1950年の暮れ、知人を頼って上京した佐藤政雄さん(後の三國連太郎さん)は銀座で声をかけられる。「お兄ちゃん、映画に出てみないか?」黒澤明と人気を二分していた木下惠介監督だった。そして1時間後、三國さんは映画「善魔」の主役に抜てきされていた。そして、このデビュー作で演じた新聞記者の名前・三國連太郎を芸名とし、俳優人生をスタートさせる。当時小学生だった西田敏行さんは、この作品を映画館で鑑賞。三國さんが演じた純粋な新聞記者のイメージが、そのまま今の俳優・三國連太郎さんに息づいていると言う。
生涯の師・木下監督と袂(たもと)を分かつ

演技未経験の三國さんはわずか30秒のシーンにも手こずり、思うような演技ができなかった。木下監督は三國さんに「自分の好きなようにやりなさい」とだけ言い、見守ることに徹する。かつて木下監督の下で助監督を務め、その人となりをよく知る横堀幸司さんは「(木下監督は)好きじゃないと目も合わせない人。三國さんのことがたまらなく好きだったのでしょう」と話す。

しかし、三國さん自身は俳優という仕事に身が入らなかった。木下監督は三國さんを俳優座で学ばせ、ようやく三國さんは“自分のこだわり”を探しはじめる。そして、個性を生かせる作品を求め他社の作品に出演。五社協定※を破り、恩師である木下監督と袂を分かつことになる。

※日本の大手映画会社5社が結んでいた各社専属の監督や俳優などの引き抜きを禁止する協定
師の教えを胸に映画製作で評価

三國さんは様々なジャンルの作品に参加。「異母兄弟」では、30代でありながら健康な歯を10本も抜くことで老け役を演じきった。その情熱は止まることを知らず、1972年には自主映画「岸のない川」を製作。この時も木下監督は「自分の好きなようにやりなさい」と言葉をかけた。

50代で自分のテーマを見つけた三國さんは「親鸞・白い道」を製作・監督し、カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。その後、晩年の木下監督が三國さんを招き、これまでの作品を丁寧(ていねい)に批評してくれたという。以降も俳優として幅広い役を演じ続けた三國さんにとって運命の人となった木下監督。三國さんは「監督から最後にかけられた言葉はやはり『思った通りに生きなさいよ』でした」と涙を浮かべ、生涯の指針となったその教えを静かに振り返った。

お若い時から非常にハンサムで目立っていました。
最近観た釣りバカ日誌ファイナル企業というものはそこで働く全ての人たちのもので、会長の私物ではない会社は自分のものではない経営が傾いてもしも辞めてもらうような選択をする時は、役員からそうしなくてはいけないと、残りの役員たちに釘を刺した場面がよかったですね。

この番組、最後に遊園地のコーヒーカップのように回ったのでびっくり!

サラ・ブライトマンならいかが?

The Phantom of the Opera
初演のサラ・ブライトマンなら猫さんも気に入りますか。この声はロイドウェバーのミューズでしたね。私は偶然握手してもらいました。スターに握手してもらうなんで最初で最後でしょう。
ファントム役マイケル・クロフォードさんもお元気でしょうか。

懐かしい四季版オペラ座の怪人

劇団四季版オペラ座の怪人~ミュージックオブザナイト
初演は社会的事件だったファントム。
初めてみたときは陶酔してしまいました。市村、野村、山口。
友人からCDを借りてダビング、CD買えばよかったのに、今はこの初演は結構なお値段らしい。

テープが切れてしまうのではないかとあんまり聞いていないのです。

あの頃はレ・ミゼラブル、ジーザス、エリザベート、ベルばらと大型のとびきりのミュージカルに酔いしれました。黄金時代だった。
お陰でロンドンやウィーンにミュージカル観劇旅行に行きました。
今では庭の方が好きになってしまったようです。


続行きたい庭園





イタリア、ティヴォリのハドリアヌス荘の「カノーポス」

旅人皇帝ハドリアヌスは134年にこの別荘を完成させたが、病気と愛する少年の死による心痛で4年後に死去。カノーポス(エジプト)の風景をかたどったものだそうです。こういう庭園たまりません。歴史に浸りたいです。
巌谷 国士 さんの本から







ヴァルサンジビオノバルバリゴ荘の噴水。

コッツウォルズのヒドコートマナーガーデンの噴水を思い出します。




これはロワール河の古城めぐりに参加したとき求めたポストカード、その頃はこんな花盛りの時期には行けず三月でパンジー以外は寂しいものでした。今ならヨーロッパは田舎の初夏が一番だと思います。




モンサンミシェル、あやめ?のような花が咲いていました。

強風のなかの桜




まだ若い枝垂れ桜です。



昨年に比べまだ綺麗でなくて…昨年は菜の花と桜が咲いてる写真があったのに。



新しいパネルが登場しています。この辺りは江戸時代萩の名所だったそうです。









行きたい庭園




ヘンリー8世の6番目の妻のキャサリン・パーの王妃の庭。スードリーカースルガーデンズのような崩れかかった遺跡と水のある庭のコラボいかがでしょうか。
2005年にレンタカーで回った庭の一つです。




岸恵子さんの本読んでいたらパリではモンソー公園が一番好きと書いてありましたので検索、わあ、私好みの庭です。
パリなのに風景式庭園のようです。
日本から灯籠が贈られているそうです。

モンソー公園って聞いたことあるなあと思ったら映画やジュイ布の名前にもなっています。






この感じ、ガイドブックや庭の本に載っていなかったイギリスのロココガーデンに似ています.チャールズ皇太子のガーデンの先生の庭バーンズリー・ハウス・ガーデンの見学まで時間があったので足を伸ばした庭園です。



英国ではナショナルトラスト に寄贈されてボランティアの方で綺麗に保たれている庭園も多いようです。
ナショナルトラストと言っても国の仕事ではないのを知った時はびっくり、あの ピ-ターラビット の作者ポターさんも印税で湖水地方の土地を買って100年前の景観を守りました。偉大ですね。
日本人のせいか、あんまりフランスのお城のようなきちっとした整形庭園よりイギリスの風景式庭園やコテージ庭園がいいです。

だからバガテルの薔薇園よりよりコッツウォルズやシシングハーストなどの庭がいつまでも目にちらつきます。
パリにはライレローズという有名な薔薇園がありますがそちらは行ったことがありません。ある男性はピンクのバラが多くて笑いだしたそうです。恥ずかしくなってしまうのかしら。


イタリアのハドリアヌス荘の彫刻のある廃墟のような庭、巌谷 国士 さんの本の写真で憧れています。
イタリアは一回しか行ったことなく美術館巡るのに忙しく庭園はほとんど見られませんでした。明日、午前中に自然光で写真撮ったら日からないかも。

マリーアントワネットの田舎屋の庭も可愛かったです。
ルソーの自然に帰れに影響されたようですが莫大な費用がかかり又恨まれることに。

桜とランチ

 

にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ(文字をクリック)
 桜が咲いてきました。薔薇の蕾もちょっと膨らんできました。明日は又雨とか、それでもベランダの薔薇は水やりを怠ると機嫌が悪くなります。



これは先日の河津桜です。






 





近くの人気の総菜屋さんのばってら寿司。お花見の時期しか作りません。840円
以下のランチは昨年秋の物で乗せそびれていたもので桜とは関係ないのですが。
 
  


 
  


 
  


 
  

これは前にもご紹介したケーキ屋さんのランチ、デザートが2皿!
さすがに大人の味でした。確か、バジルの味でした。
私には前菜とデザートだけでよかったかも。

カーテンやシャンデリアも黒のインテリアのレストランです。
ケーキ屋さんのランチ

宮崎あおいの「ソラニン」



久しぶりに映画試写会に行きました。またヒット漫画の映画化だそうです。
宮崎あおい、高良健吾主演。ライブシーンがあるのでファンにはたまらないでしょう。もう若くないせいか又ぬるい映画の予感。

私は宮崎さんやARATAさんが出ているので行ったようなものです。
宮崎さん、あの大河篤姫と同時とは。劒岳・ 闇の子供たち・ 少年メリケンサックも同じ頃では!闇の子供たちは問題作です。
マジックアワーやメゾンドヒミコにも出ていたベテラン柳澤愼一(短期間池内淳子さんの夫だった)のお顔があったようです。

最後に宮崎あおいがギターを弾いて歌います。簡単に同棲や、勤め先き退職しているようにも見えて、これも私だけ?

チェック:単行本が累計60万部突破した浅野いにおの同名原作を映像化した青春恋愛ストーリー。「ソラニン」という名の詩をモチーフとした切ない恋物語を軸に、リアルな若者の心情をビビッドに描き出す。会社を辞め彼と暮らす元OL・芽衣子を宮崎あおいが演じ、芽衣子の彼で音楽の夢をあきらめられないフリーター・種田を『蛇にピアス』の高良健吾が好演。宮崎自らギターを弾いて歌うライブシーンが感動のクライマックスを盛り上げる。

ストーリー:OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信が持てず、互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた。ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田は、芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが……。

NINEと大浦みずき





豪華キャストで話題のNINEを観ました。これはぜひ映画館でご覧になるといいです。これほどの女優陣を一堂になんて豪華絢爛なんでしょうか、お得です。

監督  ロブ・マーシャル
俳優 ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ステイシー・ファーガソン(ファーギー)

ジュディ・デンチ、ソフィア・ローレンの大ベテラン女優!
ニコール・キッドマンのファンです。ちょっとしか出ませんが。
ペネロペ・クルスのセクシーシーンはたっぷりでした。
マリオン・コティヤールの歌、よかったです。芸術家の妻は大変。
子供のような夫に振り回されて。

アントニオ・バンデラス の舞台も観たかった!
オペラ座の怪人も彼が主演するといううわさもあったのに残念。

1964年、イタリア。世界的に有名な映画監督、グイド・コンティーニは新作映画の撮影に取りかかろうとしていた。しかし、撮影を10日後に控えるのに、スタッフはおろかプロデューサーすらタイトル以外は何も知らされていない状況。追い詰められたグイドは自分の幻想世界に逃げ出してしまう――。フェリーニの名作『8 1/2』に着想を得て、才能ある映画監督が周囲の女性を次々と手玉に取ろうとする姿を描いた物語。ダニエル・デイ=ルイスをはじめアカデミー賞受賞者勢揃いのキャストとスタッフで贈る、ゴージャスで艶美なブロードウェイの大ヒットミュージカルの映画化。

同作は、イタリアの映画監督、フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini)の映画『8 1/2』をミュージカル化したもの。1982年にブロードウェーで初上演され、2003年のリバイバル版では、俳優のアントニオ・バンデラス(Antonio Banderas)が映画監督「グイド」役を演じた。また、作品性と興行性を同時に兼ね備えた同作は、初演当時、トニー賞(Tony Award)を5部門受賞した。




ナインというと大好きな故大浦みずき が第30回菊田一夫賞(演劇賞)を受賞したので感慨深い作品です。

もっとこういう大舞台の主役をやってほしかった。
実力があるだけに惜しすぎます。


宝塚ファン以外は大浦みずきを意外に御存じなくてそれも哀しい。
2006年は読売演劇大賞の優秀女優賞の受賞。

ナインではリリアン・ラ・フルール役でした。




この舞台、本水を使った面白い演出で、最後には池田有希子がロープをさかさまに登っていくサーカスのような妙技ばかりが頭に残っていて、話がよくわからなかったのです。
背景の三美神もよかったのですが。

さすがロブ・マーシャルはわかりやすい映画作ります。
昔の映画『8 1/2』もあんまり理解出来なかった私。
以下は引用です。パンフも買わなかったので。
2004/10/29→11/14 アートスフィア

★グイード◎福井貴一
★リトル・グイード◎永嶋柊吾 樋口 真
★ルイーザ◎高橋 桂
★カルラ◎池田有希子
レナータ◎鈴木智香子
★ママ◎花山佳子
★ステファニー・ネクロフォラス◎安奈 淳
ダイアナ◎岡田 静
オルガ・フォン・ストゥルム◎江川真理子
★マリア◎麻生かほ里
リナ◎高塚いおり
ソフィア◎高汐巴
★サラギーナ◎田中利花
ジュリエット◎山田ぶんぶん
アナベラ◎井料瑠美
★クラウディア◎純名りさ
★スパのマドンナ◎剱持たまき
★リリアン・ラ・フルール◎大浦みずき
 演出家との出会い

―― そして出合ったのが5月のイプセン原作の『民衆の敵』。坂手さん演出のストレートプレイ で、夫も子供もいる温泉地の医学博士。公害問題を告発する長台詞では、男の人がやったらプロパガンダになりかねないのを、柔らかくうまく提出してましたね。

 ああいう社会性に溢れたものって、おそらく退団してから初めてだったと思うんですよ。それで、私ってこういうことすごく好きだったんだ!と、まず思いました。男役時代って、そういう立場の役が多かったし、そういう傾向の本を好きでよく読んでいたんだということも思い出したり。退団後はすっかり忘れていたことが、あのとき刺激されて蘇ってきました。

宮田慶子さん演出の『ピッピ』 にも出演。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR