ラッキー♪薔薇の苗を頂きました!

02 /28 2010




薔薇友さんから苗を頂きました。ラッキー~♪
しかもイングリシュローズで香りが素晴らしくて香水にもなっているエブリンとエマニュエル、ソニアリキエルの三本もです。感謝。

うまく育ってくれるとうれしいのですか。





エブリンは大好きな薔薇で香りも大好きで香水も買っていますが枯らしました(泣)

どこかにこの薔薇の事を「マイフェアレディ」のなかでオードリーヘップバーンが着ていたオーガンジーのドレスを想わせる色合いですと紹介してました。



スポンサーサイト

恋するべーカリーとオニババ化する女たち

02 /26 2010




最近みた映画は難解だったり哀しすぎたりでちょっと楽しそうな映画を観てきました。
フィギュア映画 COACH はあいにくサービスディではなく、「日本の青空」の第二弾「いのちの山河」 は来週ドキュメントと同時上映なので後回しにしてしまいました。

映画館では案の定凄い笑い声が聞こえてきました。
メリル・ストリープはクレイマー、クレイマー、ソフィーの選択、シルクウッド、恋におちて、めぐりあう時間たち、母の眠り、プラダを来た悪魔、マンマミーア などなどみています。
4人もお子さんを育ててこの仕事ップリ、スーパーウーマンですね。
特に、プラダやマンマは楽しかった。

この映画の主役はとてもよくできた女性で離婚後一人で三人の子供を育てて大きなベーカリーも大繁盛、さらに家を増築、一人になるのに?

女友達とセックスの話になるのですが、そこで…

宅配してくれている暮らしを耕す会のお薦めの本、
オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す (光文社新書) を思い出しました。

昔の女性は月経血もコントロール出来てトイレでつめていた綿球取るとドット経血が出たという。それぐらい女性は素晴らしい身体の力をもっていると。子宮をからにしてはいけないとか、ちょっと前のフフェミニズムから観たら怒られるかもしれませんが、子供を産むと身体の調子が良くなるというのは聞きますね。だから若いうちに子育てして充実してから仕事に打ち込めばいいのではという考えです。

現代は性と生殖が軽視されて親も娘に結婚や出産を勧めないがこれは女性の体の声を、を軽視してあちこちに弊害が出ているというのです。おばあちゃんと言えば、最近は怖いおばあちゃんが多い…
昔話の桃太郎や山姥の話の警告。

桃を食べておじいさんとおばあさんが仲良くしてできた子供が桃太郎、

ブラジルでは子供をせかさない教育、抱きとめられて育てられたからだ。しっかりとふれられていないと「受け止められている」という経験をもてず、いつまでも自分の事ばかりにこだわってしがみついている、気持ちよく老いていくことが出来ない…
昔の事ばかり言ってる人や他人を攻撃するお年寄りはいます。年重ねてシンポしていないというのは哀しい。
海外では友人同士、親子夫婦がよくハグしているのに日本では…
家庭内別居というのも他ではあんまり聞きませんね。それでは子供が不安になるわけです。

女性性が男性を導く 「ファウスト」の中でゲーテは「永遠の女性なるもの、われらを高く導く」と。
そういえばオペラ「さまよえるオランダ人」でも幽霊船の船長のオランダ人は「呪いを受け7年に一度上陸できるが、乙女の愛を受けなければ呪いは解かれず、死ぬことも許されずに永遠に海をさまよわなければならぬ」と嘆くのだ。

女性の力を畏怖して押さえつけてはきたけれどこのままでは女性も男性もダメになってしまうから…女性が本来持っている力を取り戻そうということです。

子供は矢にして放つ物、子供は親を許している、「負け犬」はまだ強い女性だけどもっと心配なのはその他大勢の女性、世代をつなぐ楽しみを生きようなど。



ストーリー:3人の子どもたちを育て上げた母親であり、大人気のベーカリーを経営する有名実業家でもあるジェーン(メリル・ストリープ)。10年前に子どもたちの父親である敏腕弁護士ジェイク(アレック・ボールドウィン)と別れて以来、シングルライフを謳歌(おうか)していた彼女だったが、ある晩、息子の大学卒業式に出席するため滞在したホテルで……。

美味しそうなお料理やクロワッサン、ケーキ!
サラダのボールが強大でびっくりでした。あれではあの旦那さんのような身体になるわけで(笑)
「卒業」のダスティ・ホフマン の顔がちらっと見えました。クレイマークレイアマーでメルリと共演してましたね。

オリンピックフィギュアスケート

02 /26 2010










日本の選手、男女全員入賞とは、すごかったですね。

鈴木明子さんのあのウエストサイドの演技!
登場した時から泣けました。

安藤美姫のクレオパトラ!成長しましたね。

真央ちゃん、荘厳な音楽で、トリプルアクセル二回も!
ヽ(゚▽゚)(゚▽゚)o∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*

長洲未来ちゃんのカルメンも可愛くてうまい!

キムヨナ,ロシェット、みなさん、よい演技を見せてくれました。
ありがとう~♪




昨日アップした薔薇のレストランの初夏の写真です。



この薔薇の絵が好きです。

続薔薇のレストランのランチとアンティーク

02 /25 2010




このレストランのコレクションの一つ。





ギャラリーの素敵なクッション!
木彫の椅子や家具も垂涎ものです。

野菜いっぱいのオープンサンドウィッチ







ギャラリーのものは即売、教室もあるようです。


  

猫の雛人形、水仙,薔薇など

02 /25 2010




真央ちゃんの雛人形を作ったとテレビで観ました。
あの菩薩か観音さんのようなお顔の真央ちゃんですから。



久しぶりに母と花屋へ。これは母が購入した花たち、見切り品も入ってます。




左はやっと咲いた私のミニ水仙テターテート、昨シーズン植えた物。

右はバランス悪い写真ですいません。前にもご紹介した薔薇のレストランの名残のバラ、たくさん花がついていました。
イギリス風の素敵な建物です。薔薇とアンティークがいっぱいです。
薔薇館
外観と薔薇が見事なのでぜひご覧ください。






レストラン入り口の花とアイアンの椅子、いいさびが出ています。





お土産に買ってもらった薔薇のクッキーやケーキ。作家もののバラのバックやアクセサリーも売っています。ほしかったのですが。
ランチと骨董は次回に。右は花屋さんのバーゲンガーデングッズ。
それでもこの猫は二万円以上でこれも買えません(泣)

女子フィギュアSPと紫子

02 /24 2010




女子フィギュアSPご覧になりましたか、
真央ちゃん、SP史上初のトリプルアクセス成功、素晴らしい~

ボンドガールになりきりのキム・ヨナさんは真央さんのことは「もう一人の私」と。含蓄のある言葉ですね。「ガラスの仮面」連想してしまいます。
鈴木明子さんもこの二人の後で頑張りましたね。
美姫ちゃんも、レクイエムのSP!

『紫子‐とりかえばや異聞‐』(ゆかりこ とりかえばやいぶん)
霧矢大夢(きりや・ひろむ)さんの月組トップスターお披露目公演を鑑賞。
随分前に峰さを理の初演(1987年)をテレビで観ました。
原作は木原敏江の漫画『とりかえばや異聞』、脚本・演出は柴田侑宏。
和風べるばらといわれるそうですが漫画は読んでいませんし脚本自体に凄く感心したという作品でもありません。というか、女性としては酷い、納得いかない場面がありました。

客席から登場した霧矢さんの綺麗なこと、口角がきゅと上がってチャアーミングですね。宝塚のトップは勿論男役なのですがこのお芝居は女性が男装している設定。
歌も演技もうまくてショーでは相手役をリフト!
男役としては小柄だと思いますが見事ですね。
トップ就任おめでとうございます!よかったですね。
宝塚は実力があるからトップというわけでないので。
でも今回の皆さんは安心してみることが出来ました。
相手役の蒼乃夕妃、恋人役の青樹泉、紫子を慕う明日海りお(あすみ・りお)敵役星条海斗(せいじょう・かいと)

実は幕が開くと又大浦さんの面影が浮かんでうるっときてしまいました。彼女は洋物がお得意でしたがNY公演ではこういう若衆姿で和物もやっていました。


以下は『ウィキペディア(Wikipedia)』より


『紫子‐とりかえばや異聞‐』(ゆかりこ とりかえばやいぶん)は、宝塚歌劇団星組により1987年に宝塚大劇場及び、東京宝塚劇場において上演されたミュージカル作品。

原作は木原敏江の漫画『とりかえばや異聞』、脚本・演出は柴田侑宏。

遊女として京の都で活躍していた紫子(ゆかりこ)が男装(余命いくばくなかった国主たる双子の兄の替え玉となり、兄夭折後は亡兄に代わり国主につく)となり活躍する、いわば「和風ベルサイユのばら」とも言える作品である。

原作とは異なり、紫子と舞鶴姫の心の交流が原作以上に細やかに描写され、また幕切れも紫子・風吹が共に落命…と原作の結末と差異がある。

紫子の峰さを理はもちろん、風吹を演じた日向薫の当たり役となった。2月1日より名古屋・中日劇場で、月組公演「紫子(ゆかりこ)―とりかえばや異聞―」が始まりました。霧矢大夢(きりや・ひろむ)さんの月組トップスターお披露目公演でもあります。

 宝塚には再演を強く希望される名作がたくさんありますが、「紫子」もその一つ。木原敏江さん原作の漫画より、1987年に上演された作品で、その存在は伝説にさえなっています。トップ男役が「実は女」という役柄で、2番手男役との悲恋を描くというストーリーはファンの心をくすぐるらしく、これまでもトップと2番手の相性がいい組が生まれるたびに「紫子が観たいなあ」という声をよく聞いていました。そしてついにやってきた待望の再演
そして紫子が恋に落ちる風吹を演じるのは、青樹泉(あおき・いずみ)さん。まだ若いのですが、立ち姿も美しい期待のホープ。こちらもどう演じてくれるのか楽しみです。もちろん娘役も忘れてはいけません。星組から異動して、この公演が霧矢さんと同じくトップお披露目となる蒼乃夕妃(あおの・ゆき)さんは、紫子が後になりすます双子の碧生に嫁ぐ舞鶴姫を演じます。

その木戸を通って

02 /22 2010




映画館で予告観たのですが見逃したこの作品、昨日テレビで観ることが出来ました。
ミステリータッチにひかれるのですがさすが山本周五郎でしょうか、こんな素性もわからない人を武士の奥方にするだけでも凄い話ですね、しかもいなくなっても自分は幸せだったと彼に言わせるのですから。
結婚野許しを得て正四郎が隅に下がって礼を言う場面など、刻まれてしまう。
映像がとにかく綺麗、すっきり。光と影と緑、屋敷。
昔の武家の屋敷は物がごちゃごちゃの現代から観ると羨ましい。

中井貴一、浅野ゆう子 は若くて綺麗~
フランキー堺 井川比佐志 岸田今日子 ベテランの味がいいですね。
石坂浩二が中井の父役です。他に 神山繁 榎木孝明
山本作品では
先日田村正和「樅の木は残った」のテレビドラマがありました。どなたかご覧になりましたか、ちょっと眠くなってしまいました。
三船主演の「赤ひげ」、最近宝田明でミュージカル化されましたが残念ながら未見です。

中村錦之助 江利チエミ の「ちいさこべ」の宝塚版「小さな花が開いた」は朝香じゅん で観ましたが名曲「小さな花がひらいた」「 もう涙とはおさらばさ」もあり、すごくいい話です。
  • 1991年花組再々演。2月23日~3月10日に宝塚バウホールで上演。

寺島しのぶさん、おめでとう~♪

02 /22 2010



第60回ベルリン国際映画祭の授賞式が21日(現地時間20日夜)開かれ、若松孝二監督の映画「キャタピラー」(今夏公開)に主演した寺島しのぶ(37)が、最優秀女優賞を受賞した。日本人では35年ぶり、3人目の快挙。舞台公演のため帰国していた寺島は大阪市内で会見し「マネジャーと抱き合って覚えてないくらい興奮した。舞台があるのに一睡もしていません」と喜びを爆発させた

キャタピラー、早く観たいですね。
goo映画
 第60回ベルリン映画祭で15日夜(日本時間16日午前)、若松孝二監督のコンペティション作品「キャタピラー」が公式上映され、会場には若松監督と主演の大西信満さんも出席した。

  現地時間2月15日、第60回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に選出されている映画『キャタピラー』の記者会見が行われた。記者たちからの戦争をめぐっての問いに、若松孝二監督と主演の大西信満が真剣に答えた。


 本作では、四肢を失い、顔にも火傷を負って戦場から戻る久蔵(大西)と妻シゲ子(寺島しのぶ)の二人のシーンがほとんど全編を占める。村民から“軍神”として敬われる久蔵だが、食べて寝てセックスするだけになった夫の面倒を見るシゲ子は、表向きは“軍神”の妻らしく振舞いながら、夫をイモムシと呼んでしまうほどの鬱屈(うっくつ)も秘めている。
 
 四肢を失った主人公という設定は、映画化もされた『ジョニーは戦場へ行った』や江戸川乱歩の小説『芋虫』など、これまでにも登場してきたものだが、若松監督は「実は12日間で撮っているんですよ。『実録・連合赤軍あさま山荘への道程(みち)』でかかったお金がまだ穴埋めできていない。それでも、気持ちがさめないうちに作りたかった。戦争では、女性や子ども、普通の人々が一番の被害者だということを少ない予算で表すのに、こういう形になった」と内幕を明かし、「レバノンで死体の山を見た。戦争は人殺しだ、正義の戦争なんてない。広島、長崎では30 万もの人が死んだ。日本は、それを忘れて、軍拡に向かっている」と訴えた。若い大西も「僕も、僕の親さえも戦争を知らないのですが、だからこそ勉強しなくてはと思います。本作では、特殊な人間ではなく、その当時の普通の人、国に忠義を尽くそうとした男を演じようと思いました」とコメントした。

四肢を失った帰還兵と言えば ジョニーは戦場へ行った を観ました。戦争を賛美する方には前線に行ってもらうとか、自分の子供を戦場へ送ってほしいです。

寺島しのぶは 琉球の風 (1993年、父の尾上菊五郎が尚永王役、また母の富司純子が尚永王妃役で共演し、配役のうえでも親子を演じた。 ) 尚寧王妃役で観た時、「気の毒に親の七光か、お母さんは奇麗なのに」なんて思ってしまった。

文学座で勉強し玉三郎の96年のふるあめりかに袖はぬらさじに出ていたがまだピンとこなかったのが、


赤目四十八瀧心中未遂(2003年)で本当に感心した。お母さんには反対されたと言うが映画の内容がいいので。
寺島が原作読み読者カードに書いて映画を熱望したようだ。

ヴァイブレータ (2003年)も評判高い

高倉健の単騎千里を走る(2006年中国の人との温かい交流描く。お勧め)にも出ている。
大河ドラマでも龍馬の姉を熱演してますね。

書く女(2006年)のあの長いセリフ。見事でした。

永井愛の歌わせたい男たちに感心して観た舞台です。
書く女で樋口一葉のイメージが変った。
桃水にお汁粉作ってもらう頼もしい一葉でした。
美しくご立派になられました、寺島しのぶさん、おめでとう!

私生活
爆笑の舞台でした。


再び実録・連合赤軍あさま山荘への道程
受賞作の夫役はこの映画で坂東國男を演じた大西信満。
大西さんは赤目四十八瀧心中未遂で各新人賞受賞。

検索していて「彼女たち」の連合赤軍―サブカルチャーと戦後民主主義 (角川文庫) (文庫)という本があるのを知りました。その表紙は豊田美術館で近代の東アジアイメージ展で観た美しい旗だったのでびっくり。

私はこの受賞を新聞の一面で最初に観ました。その後朝7時のニュース観てもなかなか出てこない、以前アメリカで活躍する野球選手の指の怪我は何回も第一ニュースだった!

寺島は左幸子、田中絹代に続く35年振りの受賞なのに。

藤田まこと・鈴木明子出演番組

02 /21 2010





三時から鈴木明子さんの「氷上の舞」(再)と「藤田まことさんをしのんで ともに捧ぐ熱唱!」見ました。

中野ゆかりさんも鈴木明子さんのフィギュアも好きなのでオリンピック三人枠が恨めしいですね。

鈴木さんはスケート場で契約社員として仕事、彼女の写真が飾ってあってもスケート靴借りるお客さんも気がつかなかったりして。

鈴木さんには映画「ウエストサイド・ストーリー(West Side Story)」でアカデミー賞助演男優賞を受賞した米国人俳優のジョージ・チャキリス(George Chakiris)さんから激励の手紙が届いたそうです。

先日も徹子の部屋に御出演のチャキリス様、小泉八雲のドラマと「ウエストサイド・ストーリー」は私には永遠です。

ジョージ・チャキリスは午前十時の映画祭
の宣伝で来日。そのブログ東京の7日間
今頃ですが先週行った温泉の梅です。
塔に見えるところには赤いシャンデリアがあります。
この下にはプールのような湯船があります。
右は地植えのクリスマスローズ、やっと咲いてきました。


  


昨シーズン植えた水仙、早くから伸びていたのにようやく黄色く膨らんできました。バラは子供がもらってきた花です。


  

藤田さんはフランク永井さんと親しくてこの番組でフランクさんの歌を万感こめて熱唱されています。この話は次回に。

猫グッズとクッキー缶

02 /20 2010




昨日とは大違いでアイスダンスは気楽に見せてもらいました。
まるで映画のようなシーンの連続、衣装も華麗~♪

天使さんRubyさんが猫グッズアップされていますので私も過去記事を探しました。
まん中の白いプラは触ると鳴く時計、温度計付き猫です。
前にアップしたはずが見つからないのでシュタイフやハーマンの猫と並べてみました。

うちの猫たちが鳴き声に反応したのは最初だけでした。



オランダ絵画のような絵柄。
缶や箱の絵にひかれて買ったお菓子がいくつかあります。
これは前に雑貨市で見つけた缶、同じ物を先日スーパーで見つけました。
フランスのクッキーでした。中身は缶の絵とは違い素朴なクッキーですが味はなかなかいいです。
イギリスの可愛い女の子の絵のついたクッキーもこのお店で購入
可愛いクッキー缶








本物の猫が一匹だけいます。
ティン缶コレクション?


hitomi5235

猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。