Dr.パルナサスの鏡





ヒース・レジャーの急逝を、ジョニー・デップにコリン・ファレル、ジュード・ロウという名優たちが救ったという本作、旅芸人の舞台という私の好きな、設定なのです。しかもジョニー・デップ!

奇妙に美しく不思議な映像の連続、3人が入れ替わってるのも全然違和感がありません。それなのに難解で(苦笑)

魂を悪魔に売り渡すファウストのような話です。

鏡の中に入るというのは「オペラ座の怪人」でもあります。最近舞台とは御無沙汰です。歌舞伎座に行きたい気持ちを無理やり抑えてます(汗)

Dr.パルナサスの鏡公式サイト
予告編ご覧ください。

『Dr.パルナサスの鏡』がアカデミー賞美術賞と衣装デザイン賞の2部門でノミネートされました!!

2007年、ロンドン。今にも壊れそうな馬車はタワーブリッジの袂で停車すると、そこから奇妙な舞台が現れる。旅芸人の一座の出し物が始まるのだ。座長は1000歳以上だという老人、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)。座員は、博士の美しい娘ヴァレンティナ(リリー・コール)、彼女に想いを寄せる曲芸師のアントン(アンドリュー・ガーフィールド)、皮肉屋で頭の回転が速いこびとのパーシー(ヴァーン・トロイヤー)。アントンの口上で始まったのは人が心に秘めた欲望を具現化して見せる「イマジナリウム」。パルナサス博士の瞑想に導かれて鏡を通り抜けた観客はそこに広がる自らの願望を形にした幻想世界を体験できるのだ。※PG12
監督 テリー・ギリアム
出演 ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー
説: 『ブラザーズ・グリム』などの鬼才、テリー・ギリアム監督による幻想的なファンタジー。悪魔との契約で不死身を望んだ男を取り巻く人々の皮肉な運命を豪華キャストで描く。謎めいた青年役に、これが遺作となった『ダークナイト』のヒース・レジャー。彼の急逝により危機に陥った本作を救ったのは、ジョニー・デップにコリン・ファレル、ジュード・ロウという名優たち。撮影途中の役を彼ら3人が演じ分けた、奇想天外な物語に息をのむ。
シネマトゥデイより

ゲキシネ蜉蝣峠(かげろうとうげ)





「劇団☆新感線」のチラシやポスターは芸術的で昔から好きです、なのに生の舞台は「犬夜叉」しか観ていません。東京・大阪の公演が多いので。
最近はゲキシネもDVDもありますから助かります。

「劇団☆新感線」と古田新太のファンなので初主演映画も観に行った私ですが
小森生活向上クラブと沢田研二

共演の堤真一もカッコいいのですが冒頭の軍鶏?の着ぐるみのお笑い場面も長すぎるし、下品すぎてついていけませんでした。
ファンの方すいません。
詳しい話はTB下さったぴかちゅう様の記事をどうぞ

五右衛門ロックやアテルイは好きでしたが。


古田さんって本当に不思議ですよね、二枚目じゃないのに色気があり魅力的、歌もうまかった。でも作品自体は全然でした。

あまりにも汚い場面連続。劇団三人の場面はよかったです。
連続殺人事件や役人の汚さを言いたいにしても。
最後の殺陣はよく出来ていますが今はあんまり見たくない感じです。
局部とられたから女形っていうのも私にはいただけません。
役者はいいのに。宮藤官九郎は歌舞伎も書いています。

勝地涼、木村了、梶原 善、粟根まこと、高田聖子、橋本じゅん 、右近健一、

以下は引用です。

 昨春、東京・大阪で上演された「劇団☆新感線」の舞台「いのうえ歌舞伎☆壊<PUNK>『蜉蝣峠(かげろうとうげ)』」が、2月13日(土)から新宿バルト9ほかで全国公開されます。本作は最新のデジタルシネマカメラで撮影し、映画館用に音を調整したお芝居を、舞台の臨場感を再現する「ゲキ×シネ」と呼ばれる手法で上映されます。
 
 「蜉蝣峠」は、蜉蝣峠に住む主人公・闇太郎の失われた記憶を軸に、アクションと笑い、涙を織り交ぜた物語性豊かな時代活劇です。脚本は「池袋ウエストゲートパーク」や「木更津キャッツアイ」(ともにTBS系列)で知られる宮藤官九郎、出演は古田新太、堤真一、高岡早紀ら。今年、結成30周年を迎える「劇団☆新感線」が総力を結集して作り上げた名舞台を、ぜひ映画館でお楽しみください。

のだめカンタービレ 最終楽章 前編


藤田まことさんがお亡くなりになりました。ミュージカルの「その男ゾルバ」は忘れられません。寂しいことです。




やはりのだめカンタービレ最終楽章前編観てしまいました。前にテレビのだめカンタービレをアップしたとき,観たことがない方がただのおふざけコミックと思っていたことがわかりました。

「部屋が片付けられない」、「おにぎりが得意料理」、「アニメ好き」というリアルのだめさんがモデルなんですね。

千秋 真一(玉木宏)は、パリのダメオケのルー・マルレ・オーケストラを立て直す。期せずして「インビクタス」と同じですね。指揮するだけでなくピアノとヴァイオリンの演奏も本場のプロ級。お料理も掃除も完璧な恋人、理想すぎ(爆)
今度も笑いがいっぱいではありますが

のだめ(上野樹里)が音楽が好きで楽しくピアノを弾いてたのがライバルのピアニストに惑わされて自分の道を見失う…という道を極める真摯さもあります。
何よりクラッシック音楽の美しさや音楽家のたゆまざる研鑽、ウィーン楽友協会などの豪華ホールも堪能出来案す。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートはいつもテレビ中継されますが私はこの建物の前を歩いただけです。

オペラやオペレッタ、ミュージカルは観たのですが。

のだめ 「コンサート舞台裏」

玉木さんの指揮ぶり、ハンサム振りにうっとり(笑)
他の俳優さんもいいですよ。
上野樹里のだめから大河ヒロイン!
上野さん、綺麗~♪
「江~姫たちの戦国~」又、戦国から江戸初期の有名女性の一代記ですか。上野さんには期待します。

上野さんの芸達者ぶりは「ジョゼと虎と魚たち」ちグーグーだって猫である
幸福のスイッチ(沢田研二と共演)などでも拝見してます。

インビクタス/負けざる者たち





イーストウッドは監督30作!素晴らしい!
最近観た映画は「のだめ」や「おとうと」難解な「Dr.パルナサスの鏡」も観たのですがこの「インビクタス/負けざる者たち」 はわかりやすくてスポーツ好きな方も満足ではないでしょうか。
私は全くラグビーがわかりません(苦笑)
映画でもスクラム組んでうんうん言ってる!のがわかります。
大変そうなスポーツ、日本は弱そう、145?対二ケタで負けたらしい。
元は弱かった南アメリカ共和国のラグビー、国内の融合のためにこれを勝たせるために…

練習に余念ない選手に黒人の子供たちを指導させる、初めはいやいやだったけど、教えることは学ぶことでもありますし、その後、マンデラが収容されていたロベン島にも行きます。
インビクタス公式サイト
クリント・イーストウッド×モーガン・フリーマン×マット・デイモン

マンデラの名もなき看守は終身刑服役中の反アパルトヘイト運動指導者マンデラと看守の物語でしたがこれは大統領になってからの話。

マンデラはネルー賞、ユネスコ平和賞、アフリカ賞、サハロフ賞、ノーベル平和賞、国際検察官協会名誉章受章など。称号には名誉法学博士(早稲田大学)

1964年に国家反逆罪終身刑となりロベン島に収監される。1982年、ケープタウン郊外のポルスモア刑務所に移監。この時、イギリス人傭兵の有志が集まってネルソンを救出する作戦が立てられたことがあったが、南アフリカ側への情報漏れで中止されたと言う。

冒頭、釈放されるマンデラの車を観て白人が吐き捨てるように言う言葉と大統領選挙に長蛇の列作る黒人たち。どんなにこの日を待ったことでしょう。

ラグビー観戦でも初めはブーイングされたり水の入った紙コップ投げられたり。
27年も監獄にいたマンデラにはお見通し、シークレットサービスの黒人たちは心配するのですが、そこへ敵だった白人の公安も入れるマンデラ。

憎む、復讐することでは何も解決しない、報復の連鎖だから。
まだイラクに10万人もの軍隊投じているアメリカ。アフガンにも!
マイケル・ムーアが映画の宣伝に来日しても元気なかったのもこれが原因です。

誰に対してもや優しい心使い、言葉でちゃんと表現するマンデラ。
これって日本の男性は苦手でしたね。

黒人はサッカー、白人はラグビーだった。
白人女性と黒人男性が恋愛関係にあると射殺されてしまったことなど昔読みました。


硫黄島からの手紙
チェンジリング
グラントリノ
感動的な実話をもとにした作品。愛情、許し,和解。尊敬します。


以下はウィキペディア(Wikipedia)より
舞台は南アフリカ共和国。ネルソン・マンデラは 27年間の牢獄生活より解放され、初の黒人大統領となった。中枢部で働く白人たちは、マンデラの報復が始まるのでは、と戦々恐々で荷物を纏めようとするが、そんな彼らにマンデラは過去は過去とし、赦しこそがこの国の未来の礎となる、と説くのだった。マンデラのボディーガード陣も、マンデラ本人の意向で、前大統領の白人警備スタッフも採用し、黒人と白人の共同チームとなった。

そしてマンデラは多忙な政務のなかで、南アフリカのラグビーチーム「スプリングボクス」が、黒人のレギュラー選手が一人というような前政権を引き摺る体質ゆえに国民である黒人の大多数に忌み嫌われていることを知る。南アフリカ議会のスポーツ評議会が、ボクスの名称・ユニフォームの変更を満場一致で決議した直後、突然現れたマンデラは白人との和解を強調し再議決を強く要求、マンデラに賛成が何とか多数ということで、ボクスは、そのまま存続となる。1995年のラグビー・ワールドカップを通して国民をまとめあげてゆこうとするマンデラは、ボクスの主将フランソワ・ピナールを茶会に招き、黒人と白人の架け橋としてのある計画への参加を依頼する。ボクスのメンバーも、以前の考えそのままの人もいたが、徐々に考えを改める。乗り気でなかったメンバーもいたチーム主催の黒人少年らを対象にしたラグビー教室も、活気が生まれる。

ワールドカップも、南アフリカのボクスが勝ち進み決勝戦に進む。強豪のニュージーランドのオールブラックスが相手である。両国選手入場の後、マンデラ大統領が、スプリングボクスのユニフォーム姿で登場し、両国選手に声をかける。オールブラックスの先住民マオリの気合入れハカを披露し、試合が始まる。

フィギュアスケート男子SP





カッコいい~♪
初めて高橋選手を観た時は日本にもこんなステップが出来る人が出てきたとうれしかったものです。

しかも今回は膝の大けが、じん帯断裂と半月板損傷を乗り越えて!
担当医師さえ、「手術をしても、100%元に戻るか」という状態で厳しいリハビリを続けていた高橋の緊張の糸が切れた。周囲との連絡を断ち、リハビリをボイコットしていた話は有名ですね。
二度目のオリンピックで落ち着いています。
宮本賢二振付,cobaさんの「eye」のアコーディオンの調べに乗せて。二連続三回転ジャンプから、トリプルアクセル,トリプルルッツ、成功。
cobaさんのブログ
私はキャンデロロなどは一流の舞台俳優のようで好きです。



高橋大輔、自己最高の90.25点の高得点をマーク、
三位。

プルシェンコはスタートの横顔だけで点が取れそうな感じでした(笑)

プルシェンコがSPで首位 高橋3位 織田4位、バンクーバー冬季五輪
プルシェンコは出だしで4回転ジャンプを成功させ、演技後に「4回転がなければ男子のフィギュアスケートではないよ」と話している。

 プルシェンコは、ただ一人4回転のコンビネーションジャンプを成功させるなど、技術点ではトップの成績を収めたが、構成点ではライサチェクと高橋を下回り、ライサチェクとの差は0.55点、高橋との差は0.60点と僅差になっている。

 4位には84.85点で織田信成(Nobunari Oda、日本)が、5位には84.63点でトリノ五輪銀メダリストのステファン・ランビエール(Stephane Lambiel、スイス)がつけた。

 小塚崇彦(Takahiko Kozuka、日本)は79.59点で8位だった。
織田さんは美男だけで横暴な信長とは全然違いますね。
小塚さんはハンサムになってきました。
佐藤コーチって本当に優しいいいお父さんという雰囲気。

まだ全員の演技は観ていません。とてもリアルタイムでは怖くて観られず吉永小百合の「おとうと」を観に行って携帯で高橋さんが三位になったのを知りました。

  倉敷市の小さなスケートクラブのメンバー一人一人に毎年、バンクーバー冬季五輪フィギュア男子代表の高橋大輔選手(23)から年賀状が届く。

フィギュア川口悠子、師とともに戦う五輪
ペアの選手川口悠子さん、ロシアで代表になるなんて並みの努力ではありませんね。日本にはいいペアのコーチもいなかったそうで母親のように慕うロシア人のモスクビナ・コーチにスケートの楽しさを教えられたそうです。

ドイツペアのピエロの演技も冒頭の女性の顔から素晴らしかった。

オリンピックフィギュアスケート・ペアのSP





綺麗~かっこいいけど殺伐としたゲキシネ観た後で余計うれしい~♪

ロシアから出るとは感無量、伊藤みどりさん以外はロシアの美しい選手を一人で観ていた時代がありました。

私は国の競争より美しいものが観たいので。
中国はあのお馴染みのペアが!(中)




フィギュアペアSP 首位に立った中国ペア
以下は引用です。出来たら追記したいです。
(ロイター) 2/15 13:23
フィギュアペアショートプログラムで76.66点で首位となった中国代表のシン・セツ、チョウ・コウハク組=14日、パシフィックコロシアム

(時事通信) 2/15 13:17

フィギュアスケート・ペアのSPで演技する川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ(ロシア)組。74.16点で3位につけた(14日、バンクーバー)(EPA=時事)

大舞台で演じ切れた充実感=川口、歴史背負う重圧なく〔五輪・フィギュア〕
(時事通信) 2/15 16:22

 14日行われたバンクーバー五輪のフィギュアスケート、ペアのショートプログラムで、五輪出場のためにロシア国籍を取得した川口悠子とアレクサンドル・スミルノフのペアは3位で発進した。
 白鳥をあしらった白の衣装に身を包み、両手をはためかせて演技に向かう川口の表情は柔らかい。旧ソ連時代の1964年からペアの金メダルを譲っていないロシアの偉大な歴史を背負う重圧は感じさせなかった。求め続けたひのき舞台で演じ切った「白鳥」に、SP自己最高点がついた。首位に2.50点差の3位。ロシアペアの五輪13連覇に手が届く位置につけた。
 いつも自分に厳しい川口が「満足した」「楽しかった」と言っている。スミルノフと並んで跳んだ3回転トーループは美しい。スピンは一体に見えた。1本の腕で引き合いながら遠心力で女性が氷すれすれを回る「デス・スパイラル」は最高難度レベル4をつけた評価シートを見るまでもなく、音と調和していた。
 中国が送り込んだ3組の強豪とドイツペア、それに川口ペアを加えた5強が小差で並んだ。SP世界歴代最高点で首位に立った中国ペアの趙宏博は会見で「すべての中国選手の思いを代弁できる。われわれは金メダル獲得という一つの夢、ゴールのためにここに来た」と川口の隣で言った。
 そんな鬼気迫る思いを耳にしても、川口は笑っている。フリーでは大技のスロー4回転サルコーを入れますか?  いつもなら嫌がる定番の質問にも楽しそうに、「豪華な夕食をいただいて、心をまっさらにしてから決めます」。初の五輪で一つの作品を演じ切れた充実感に、まずは浸りたかった。(バンクーバー時事).(時事通信) 最終更新:2/15 18:24



五輪・ホウ清、トウ健組 

(時事通信) 2/15 14:54
フィギュアスケート・ペアのSPで4位のホウ清、トウ健(中国)組(14日、バンクーバー)(AFP=時事)

「コレクションを極める」と堀尾実展


週刊金曜日を立ち読みしたら坂本龍馬は死の商人、船の沈没の際、部下も見捨てて自分は逃げた当たり屋だ!と、
坂本龍馬 大絶賛はちとおかしいぜよ新井喜美夫ほか
そう言えば相楽 総三(さがら そうぞう)『赤毛 』岡本喜八監督、三船敏郎主演の映画も思い出しました。
薩長に年貢半減の宣伝させられた相良は裏切られて処刑された…


名古屋市美術館のコレクションを極める展

いつもより安い当日券600円で常設展も鑑賞できます。


入場すると若い女性カメラマンが絵の撮影中でした。
美術館員の女性に絵を鑑賞しているポーズをつけていました。
美術館の外観はこちら猫の絵とコレクションを極める展




展示トップは 宮脇晴の「母の像」 非常にリアルな母の像。息子のために正装した昔のお母さん、(今の母はこんな地味ではないので隔世の感ありです、映画でも昔のお母さんはお気の毒ぐらいです。今は何着てもいいのに伯母なんかもこれは派手とかよく言って自分から老けこんでいました。)筧忠治 の母の絵を思い出しますが筧の絵が異端といわれるのがわかります。

宮脇綾子(1905年-1995年)アップリケ作家 は、妻。野菜や魚のアップリケは懐かしい。
私の母が習いに行っていたので懐かしい。昨年豊田美術館で公開されていました。 宮脇檀(1936年-1998年)建築家 は、子。雑誌や本でお馴染みだっTのに早く亡くなられて残念です。

チケットの絵は三岸好太郎の「海と射光」他に「構図」。妻の節子の「ブルゴーニュの麦畑」「生物 も展示されています。

藤田嗣治の「家族の肖像」 鉛筆とパステルなのに忘れがたい、猫もいます。初期の風景画は別の画家のようで又面白い。

舟越桂「かたい布はときどき話す」(1988)
キスリング、ローランサン、シケイロス、シャガール、ユトリロ、
タマヨ、北川民治、鬼頭鍋三郎、櫃田伸也、岡鹿之助などなど

杉原 千畝 (すぎはら ちうね)に助けられてて神戸に来たユダヤの写真父子,仮睡の写真もあります。

フリーダ・カーロの の「オブジェとしての自画像」(1946)はいつも常設で観ていたのですがこれが美術館で収集したフリーダの写真やリボンで形作った自画像とは、初めて知りました。

東郷青児「帽子をかむった男」(歩く女)珍しい!いわゆる東郷の美人画とは全く違います。抽象画のようでした。


ハイム・スーチン「セレの風景」 (1922)写真上段左


ディエゴ・リベラ 「ヘンリー・ノーウェッブの肖像」 1922年頃 上段左から二つ目

馬場八潮  少女の像 上段左

池田遥邨 灯台 (1953)下の段左 寄託作品 これが全く実物の綺麗な色が出ていません。絵本的なのですがありえない構図に注目、図録はカラーでないし、ポストカードも売られていませんでした。中日新聞には載ってるかも。

フェルナン・レジェ「青い背景のコンポジション」 (1930)下の段左から二つ目

リサ・ミルロイ「皿」 1922 ラフに描いてるようにみえるのにリアル、好みなお皿が!



中村正義「風景」
美の巨人
この牧歌的な優しい絵を描いた方が日展の最年少審査員も辞して抽象画に!

熊谷守一「八ヶ岳 秋」 (1930)
赤瀬川原平「復讐の形態学」 有名な巨大お札!
横山大観「日月」 (1929)など90点。

生誕100年記念 堀尾実展 も開催。ミロ風あり、屏風やフォトコラージュ。バラの連作。

その他常設では風景画のような写真やエコールドパリ、メキシコ絵画とこれで600円とは!

昨年知人が抽象画の個展を開いたり灼熱の女流画家桜井浜江に感動したりして抽象画も観る機会が増えました。
2010。2.12朝日夕刊


以下は名古屋市美術館HPからの引用です。
名古屋市美術館には現在4000点を超える作品が収蔵されていますが、今回の展覧会では「人物」「風景」「静物」という3つのキーワードによって選ばれた90点の作品をご覧いただきます。「コレクションを極める」というタイトルには、数多くの所蔵品の中から選りすぐりの作品をご紹介するという意味もありますが、それぞれの作品の真価を味わい尽くすという意味も込められています。美術品の楽しみ方には、色や形といった造形的要素を楽しむ、描かれている人物や風景に思いを馳せる、作品に込められた作者の思いや狙いを探る、などなど様々なアプローチの方法がありますが、優れた作品ほど見るものに豊かな解釈と、視覚にとどまらない複雑な喜びを与えてくれます。この複雑にして豊かな作品世界のすべてを味わい尽くすことこそが「コレクションを極める」ということに他なりません。90点の出品作品の中には、すでにお馴染みの作品も少なくないでしょう。しかし、あらためてじっくりと見つめ直すことによって、思いもかけない魅力がそこから浮かび上がってきます。だから美術は面白い。だから美術は奥が深い。展覧会場を後にするとき、多くの方がそんな感想を胸に抱かれることでしょう。さあ、あなたも名古屋市美術館のコレクションを極めてください

キャットタワーでブランとダブルが~♪






猫が我が家に来た時即、夫が作ってくれたキャットタワーです。私が頼んだのではありません。
猫がゴロゴロするのも知らなかった人なのでびっくりでした。

暗いのでこんな画像ですが。右は子猫時代のブラン、障子の桟に乗ったり柱に飛び乗ったり、今はデブランなので出来ません(爆)


今はキャットタワーで遊ぶのはほとんど娘のダブルだけ。
昨日珍しく、姉妹で遊んでいました。
ダブルの陣地なのでしょうか、夏には頂上でリボンが寝ていたりしました。
父母猫が子猫の時に遊んでる写真はデジカメでないので又出てきたらアップします。
先日、真夜中に子猫の時でも障子に登ぼったことがないダブル(ちょっと臆病な子、子猫時代、人間を怖そうに見ていました)が奇声上げて乗っていました。
うちの障子はもう諦めてカーテンにしました。あばら家です(苦笑)




生まれた頃は皆女の子だとはすぐにはわかりませんでした。




この二枚はブラン、スリムな子猫時代。
その他の写真はこちらです。

大竹しのぶと幸徳秋水




非戦の心 清貧いとわず ニッポン人・脈・記2.9朝日

このシリーズは「差別を超えて」から今の「神と国家の間」に。
注意細心阿修羅を抱くと大逆事件

今日の祝日は?です、せっかくの夕刊の続編が…
今年は韓国併合、大逆事件100年。
映画日本の青空はご覧になりましたか。愛妻家の高橋和也主演。はなまるカフェでファン一号だった奥さんの事をどんどん好きになると話したと思います。お子さん六人、良き夫、父でもありますね。





日本国憲法草案者の一人鈴木安蔵の妻俊子(映画ではロシア語の翻訳者で思想ゆえに職を得られない夫の代わりに家計を支えたとしかわかりませんでした)と吉野作造、幸徳秋水、大竹しのぶがこの連載でつながりました~♪

自由民権運動、大正デモクラシー、も関連する日本国憲法は押し付けではありません。

米国人宣教師アニー・S・ブゼル(尚絅女学校の創設者)に影響を受けた吉野作造は大正デモクラシーの旗手。

大竹しのぶの写真の横の写真は彼女の祖父母吉川一水と妻八重子
その下の写真は1906年、サンフランシスコの八重子、右端に幸徳秋水

大竹しのぶが手にしているのは祖父の100年前の辞書。
祖母八重子は内村鑑三の聖書講読の会に出て皆に愛された少女だった。
八重子は社会主義者に近づいていた。日露戦争で非戦論を唱えた幸徳秋水は弾圧を逃れるようにサンフランシスコに。同行者三人の一人が八重子。赤ちゃんを抱いている!同行者の中に夫がいたのか?

1915年、八重子は非戦・清貧に生きた吉川と再婚。

大竹しのぶの舞台はグレイガーデンズ スウィーニー・トッド、「太鼓たたいて笛吹いて」、どれも愛嬌も実力もあってよかった。
映画では新藤監督の「ふくろう」

ニッポン人・脈・記2.9朝日


「国民主権」思想の源流 2.5朝日
左上は「日本の青空」の映画監督大澤豊、大学の映画会でお話を伺った。この様な映画が映画館で上映出来ないなんて、どういうこと!?

中左は『日本憲法学の生誕と発展』校了の日の鈴木安蔵と妻の俊子と長女鹿島理智子さん(右の写真も)
俊子の父栗原基は鈴木の親友の父、京都旧制三校の英語教授。「ブゼル先生伝」の著者。

鈴木安蔵は相馬中学では上級生の暴力追放の「同盟休校」をしている。
京大に進学、
映画の警察の取り調べシーン「鈴木安蔵だな、女手ひとつで帝大に、あいすまんと思わんかのか、アカに染まりくさって」

鈴木は治安維持法第一号で逮捕され禁固刑になった。




「愛国心の裏側を嗤う」2.8朝日
2008、パリで幸徳秋水と中江兆民の著作の仏訳が出版された。
写真の女性クリスティーヌ・レヴィさんの訳。日本に留学して戦後の労働運動を研究して秋水や境利彦、中江らを発見。

秋水は説く。自国のために他国を侵すのが「愛国心」ならばそれは野獣的天性、迷信、…好戦の心である
レーニンの帝国主義論より16年も前に出た秋水の「廿世紀之怪物帝国主義」にクリスティーヌさんは秋水の慧眼を感じた。

この13年後、欧州のインターナショナルは愛国心をあおられて分断され第一次世界大戦でお互いに殺し合うことになったから。

来年は秋水が大逆事件で処刑されて100年。
クリスティーヌさんは「大逆事件とドレフュス事件をめぐる日仏シンポジウムを開きたいと。レヴィという名はユダヤ系の名。
叔父はガス室送りになった。学生、弁護士、医者がまず殺された。


ロベスピエールもマルクスもクリスティーヌさんの息子も寅年!
彼女の訳した「帝国主義」の表紙は寅の絵。毛沢東は「帝国主義は張子の虎」と言ったから?

中江兆民ら明治の青年たちがフランスからルソーなどの著作を取り寄せ、憲法草案作成していたことを思い感無量です。

今の憲法に近い民主的な憲法草案は明治政府により弾圧されてしまったけれどそれは大正デモクラシーや鈴木安蔵らにひき継がれたのです。

「コレクションを極める」は下書き中です。

猫の絵と「コレクションを極める」展





名古屋市美術館のコレクションを極める展へ行くのに違う道を通りましたら公園では猫に会うし、美術学校の前の歩道では猫の絵が埋め込まれているのを発見。下左。トップの画像と右は又違うギャラリーの猫の絵です。


  






   


入場者より係員よりの方が多いのではないかと思うほどガラガラ、
良い作品がいっぱいなのに。ちょうどカメラマンが撮影していました。常設展では中学生もいました。
絵については後日。

大家の絵がズラリ並んでいて又解説が興味深く珍しく真面目に読んできました。

黒川紀章設計の美術館。レストランも休止。寂しい。

科学館は出来た当時だったのか、学校からプラネタリウム見学に行った思い出があります。改築中。上、右の写真



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR