ゲーム・オブ・ラブ―恋のたわむれ


http://show.blogmura.com/musical/

久しぶりのミュージカル観劇、しかも歌のうまい人ばかりなので楽しみにしていたのだが「レ・ミゼラブル」
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/28613008.htmlのような大型の社会派の舞台でもなくプレイボーイと五人の女性との恋愛がオムニバス式に綴られていく舞台。

ピアノ、チェロ、バイオリンの奏でる音楽はウィーンって感じなのに。
しかも今日は大千秋楽だというのに、岡さんが登場してもジワが来ない。

玉三郎じゃないので仕方ない。

最近眠くて仕方がない、ライブ見ていても。私の体が変なのか、

シルビアとのコンサートの方が楽しかった。
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/27163860.html

今井清隆は勿論、熟女の華やかさの寿ひずる、スリムで素敵な紫城るい、皆さん上手いのに。

こんな時代にこのような題材だからなのか、私には響いてこなかった。

バスの時間待ちに出待ちしたわけでないがミュージシャンを見送った。
岡さんは出てこないうちにバスの時間になった。

16年の初演はどなたが演じたのか。

検索すれば嫌な話ばかり出てきた。



引用です。
http://chubu.yomiuri.co.jp/kyoiku/tokai_plaza/plaza090528_1.htm
 ウィーンを舞台にしたミュージカル「ゲーム・オブ・ラブ―恋のたわむれ」(台本・作詞=トム・ジョーンズ、翻訳・演出=勝田安彦)が、31日午後1時から中日劇場で上演される。

 伊達男アナトール(岡幸二郎)が、友人のマックス(今井清隆)を相手に来し方の恋を振り返る物語。女優(寿ひずる)や人妻(彩輝なお)、若い娘(菊地美香)らとの恋の駆け引きが、オッフェンバックの優雅な音楽に乗せて描かれる。オムニバス仕立てのロマンチック・コメディーだ。

 原作はシュニッツラーが19世紀末に書いた連作の1幕劇で、日本では1990年に勝田の演出で初演された。「世紀末の退廃と華やかさを持った大人向けの作品。グランドミュージカルとは違う軽やかさを楽しんでほしい」と岡。さわやかな青年役から弾けた3枚目まで達者にこなすが、「プレイボーイ役は初めてかも。いやな男にならないよう、一人ひとりの女性に対する懸命な思いが伝わるよう演じたい」と語る。

 一方の今井は、マックスについて「『マイ・フェア・レディ』でいえばピッカリング大佐的な存在で、アナトールの良き理解者」と分析。初演の際、アナトール役をオファーされていたと明かした上で、「今の自分にはマックスの方が合っていると思う。音楽もいいし、やりがいがある」と続けた。

 菊地が演じるのは19歳の娘アネット。実年齢より6歳下の役だが、「レ・ミゼラブル」のコゼット役がぴったりはまる清純派。身長150センチと小柄なこともあって、「できるだけ大人っぽくなるよう、ひとつずつ勉強していきたい」と目を輝かせていた。

 ほかに名古屋出身で元宝塚娘役トップの紫城るい、小笠原一葉らが出演。

スポンサーサイト



猫とさくらんぼ2


http://cat.blogmura.com/amesho/

動画です。
http://plaza.rakuten.co.jp/ribon5235/diary/200905310001/

http://plaza.rakuten.co.jp/ribon5235/diary/200905310000/

写真、猫姉妹です。眠いのでこんな顔しています。

今朝はこの2匹が、追いかけっこして私の向こうずねに激突、2本、引っかき傷が赤く、イタっ(苦笑)

猫とさくらんぼ


http://cat.blogmura.com/amesho/
このママ猫の表情が好きです。

娘のブランがテーブルの上のサクランボをゲットして遊んでいます、コノオオ

この子はなすのヘタ、丸のままの大きなキュウリなども運んでしまいます。

写真は子猫時代のダブル、父ちゃん猫にべったり。

楽天に動画アップしました。
http://plaza.rakuten.co.jp/ribon5235/diary/200905300002/

今日は久しぶりにミュージカルを観劇します。
長身で歌唱力の高い岡幸二郎です。

ベランダ栽培どうしたらいいの?




ベランダは軒下と同じでどうしても風通しが悪い。

特にこのベランダがフェンスが分厚く、軒下も深いのでバラ栽培には不向き。
実家から持ってきたオリズルランだけ巨大化。

北や西のベランダは問題外。

リサイクル店で木の棚1500円で見つけ、バラの鉢台にすることにした。

薔薇があるベランダは細いフェンスのところが多く屋根も深くないのでまし。なんとかこの花台に載せて風にあてる。

前にも200円でゲットした花台がある。
幅がなく細長いので狭いベランダで重宝している。
これですべてのバラを台に乗せて高くできた。なんとかなるかな。

以前、夫は大きな花台作ってくれたのだが古いエアコン室外機を撤去したためそれは分解。
今は木彫りのハイチェア作るのに忙しく頼んでも無駄である(苦笑)

これはとりあえずアイビーの鉢を置いただけ。

すぐ薔薇のあるベランダに移動。

最初バラを始めた時は薬剤は掛けたけれど風のことは考えてなかったのにどんどん育ったのが不思議です。

猫ってどうしてジョウロの水やふろ場のお湯が好きなんでしょう。

素敵な個人バラ園です。


このようなお庭が憧れです。


この猫さんもいいでしょう。



無粋なブロックや高い塀で隠さないでオープンに見せて下さる方はどんな方でしょうか。

猫の捕り物とすいか


先日夜中にチーンと今シーズン初めての蚊の来襲

ところがそばに寝ていたダブルンの目がキラリーン、

眠くて仕方のない私。

次の瞬間、ガサゴソ、ハグハグ、蚊は消えた!



昨年の捕り物、一家総出演
般若顔のブランが怖い。
父さん猫がとったセミを横取りしたこともある。

うちにはゴキブリの姿が見えません!



ダブルンの子猫時代





ママ猫の好物



夏時間の庭


http://movie.blogmura.com/moviereview/

夏時間の庭公式サイトhttp://natsujikan.net/

このサイトのギャラリーをぜひご覧ください!

ただのオルセー美術館20周年企画だけでなく人生の機微を感じさせる映画です。

子供が検索していた映画で私もこれは美術、骨董、庭では逃せないなと観ました。

オルセー美術館は20周年を迎えた、私が行ったときはまだ始まって数年だったようです。

この映画によるとナンシーの部屋まであるそうです。
あの頃は印象派の絵画ばかりだった。

あのレストラン、日本人観光客。

気持ちよさそうなパリ郊外の邸宅のアールヌーヴォの家具、日本の桐タンス、ガラスの美術品、デッサン帳、ルドンの絵、壊れたドガの彫刻、それが後で…

長女は高島屋に作品を出してるらしい。

日本でも遺産相続は大変らしい。よく立派な日本建築が解体されてマンションになってる。もう二度と作れない本建築なのに。おしい。

このフランスでも美術品は売ったり寄付したり、
長男は家やコローの絵は残しておきたかったけれど。

そんなことは母は見越していた。秘密もある母だった。

その孫たちにもつながっていくお話。

誕生日プレゼントに贈られた電話は使われることもなく…

お手伝いさんの人生も変わらざるをえない。

バルビゾン派の代表的画家カミーユ・コローの手による2枚の抒情的な風景画をはじめ、「独創的な幻視者」と言われたルドンの晩年のパステル画がさりげなく壁を飾ります。どっさりと書類が置かれている美しい机は、アール・ヌーヴォーの家具デザイナー、ルイ・マジョレルの作品。パリの芸術家に日本の美を広げたフランス随一の印象派銅版画家フェリックス・ブラックモンの花器には、庭で摘んだ花が活けられます。観賞用ではなく、劇中では日常的に使われているという設定の美術品の数々を堪能できるのも本作の大きな見所です。
また、アトリエと広大な庭があるのは、セザンヌやモネなど印象派の画家たちが愛してやまなかったパリ郊外のイル・ド・フランス地方ヴァルモンドワ。きらめく夏の日の陽光や、美しい自然が映画を一層輝かせています。 ビノシュと『ポンヌフの恋人』(91)で共演したエディット・スコブが三人の母親役を演じるなど、豪華なキャストが揃っています。また、クリント・イーストウッドの息子で、ジャズミュージシャンとして活躍しているカイル・イーストウッドが、ビノシュの恋人役に扮し…

シネマツディhttp://cinematoday.jp/movie/T0007315
チェック:フランス・オルセー美術館20周年企画の一環で製作された、美しい芸術と印象派を思わせる自然を堪能できる感動的な家族ドラマ。母から遺された貴重な美術品を整理する兄妹たちの姿を通して、いつの時代も変わらぬ人の心を描きだす。主演はオスカー女優のジュリエット・ビノシュ。フランス映画の異才、『イルマ・ヴェップ』のオリヴィエ・アサイヤスが監督を務める。スクリーンを彩るコローやルドンの絵画、アール・ヌーヴォーの家具など、色あせることのない本物の重みが印象深い。

ストーリー:誕生日を祝ったばかりの母親(エディット・スコブ)が亡くなり、3人の兄妹(ジュリエット・ビノシュ、シャルル・ベルリング、ジェレミー・レニエ)たちは母が遺してくれた美しい邸宅と美術コレクションを処分することにした。遺品の相続処理が進む中、3人の心はそれぞれの思いで揺れ動く。

エリザベートの名場面


Yami Ga Hirogaru (Yuki)
http://show.blogmura.com/musical/



内野聖陽さんと結婚された一路さんは今育児休暇でしょうか。
エリザベートで一番、私が好きな場面です。
皇太子役の香寿たつき三も上手い人なのでいいですよ。

このミュージカルをウィーンで観てノックアウトされました。
高い歌唱力、舞台装置、美術、演出の素晴らしさ、
帰国してから、ルードビッヒやシシー関連本を読みあさりました。

これを宝塚でやると聞いた時はびっくり。

アイカムウィズザレイン



早くオルセー美術館20周年記念映画「夏時間の庭」 をアップしたいのだが夕刊にあの「ハゲタカ」
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/18621631.htmlと
「アイカムウィズザレイン」 の宣伝が!
http://icome.gyao.jp/

キャア、イ・ビョンホンとキムタク、ハーネット の共演。全然知らなかった!

「良い奴・悪い奴・変な奴 」
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/28636659.html
より先にこれが!

6月は観劇もないので映画この2本は見逃がせない。

今日はバラに風を当てるためベランダの模様替え、

一言メッセージの与謝野晶子の歌と大逆事件、朝日新聞の戦争報道の過ち もアップしたいのだが。

産屋なるわが枕辺に白く立つ大逆の十二の柩 与謝野晶子

友人が復刻を希望していた写真集「トランクの中の日本」をもとにしたドキュメンタリー解かれた封印
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/25565421.html
緒方拳さんのドラマ「風のガーデン」「帽子」が受賞したそうです。

スポニチより
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20090529033.html
放送分野の優れた番組などを表彰する第35回放送文化基金賞(主催・財団法人放送文化基金)が29日発表され、テレビドキュメンタリー番組部門の本賞にNHKスペシャル「解かれた封印~米軍カメラマンが見たNAGASAKI」(NHK福岡放送局)、テレビドラマ番組部門の本賞にフジテレビの「風のガーデン」が選ばれた。

「トランクの中の日本」は被爆した長崎の写真集です。

北村 肇講演会


http://www.blogmura.com/

長髪の愛嬌のある北村さんの講演会初体験です。

このちょんまげ姿は9条が根づくまでは髪を切らないということだそうです。

「マヤ歴で言うと2012年が地球滅亡の年」、から始まりました。

テーマ: 『新自由主義がもたらしたものは? 今こそ発想の転換を!』

 北村 肇さんは『週刊金曜日』編集長

異常に多い日本の自殺者、一日に100人だったか、インフルエンザで大騒ぎのマスコミがあんまり取り上げていませんよね。

スェーデンの人に悩みはと聞くと怪訝そうにないと、年取っても若くても心配のない社会だから。
哲学的な悩みで自殺する人はいるそうですが。

「カネがすべて」という新自由主義のもとで、人間が本来もっているやさしさや 寛容は、効率と功利の名の下に踏みにじられてきました。根本的な発想の転換をはかり、100年に一度の変革期にしなければなりません。
・『週刊金曜日』では「トヨタの正体」「三菱重工の正体」など大企業の強欲に正面から切り込んできました。
・北村さんは、30年以上にわたり毎日新聞などメディアの最前線に立ち、04年 に週刊金曜日の編集長に就任しました。

一、「貧困」は生まれたのでなく、つくられた
一、「拝金主義」から自覚症状なしの「隷金主義」ヘ
一、すべては米国の覇権主義から始まった。

 馬鹿にされている小泉、米国の奴隷的な日本。
簡保も郵貯も郵政民有化も

田中角栄の運転手は自殺にされてしまった。アメリカにやられた。
アメリカの頭越しに日中国交回復をしたからロッキードでやられた。

金丸信は北朝鮮に近づき過ぎてやられた。

一、誰が小沢一郎をはめたかーそのカギは「年次改革要望書に」
  クリントンはひどい。

一、「新時代の日本的経営」が目指した日本版奴隷制社会

一、「ミサイル問題」「豚インフル騒ぎ」「草なぎ事件」の共通項

一、いよいよ「支配者側に立ち始めたマスコミ」

一、「生存と実存の闘い」が幕をあげる

一、「左翼・革新」はなぜ嫌われたのか


 優しくないから、資本論読んでないとか、馬鹿にするから。受け入れるのが大事。

一、「神」「理性」の次にくるものはとは

タミフルは危ない。世界の70パーセントのタミフル買いこんでいるアメリカ

地震も震度2で臨時ニュース、煽り立てる。。

裁判員制度は違憲。
警察権力は怖いと恐怖感植えつける。

貧乏人が金持ち麻生の家を見物して逮捕される。
だいたいこういう内容でした。

東京新聞のある記者をほめていました。

アーリー・ハイブリット・ティー・ローズ

http://www.blogmura.com


サフランピンクのマドモワゼル・フランチェスカ・クリューガーサ
バラ友に伺っていたとても良心的な
ローズ・アンティークさんhttp://rose-antique.com/2007_menu.html
に初めて注文しました。


アーリー・ハイブリット・ティー・ローズはハイブリッド・パーペチュアルとティーの交配で生まれた
 ハイブリッド・ティー第一号    『ラ・フランス』1867年     『ラ・フランス』以降 『ピース』以前に
     発表されたハイブリッド・ティーを
     アーリー・ハイブリッド・ティーと呼ぶ


イエローブレンドのスヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタン
咲いていたのはイエローですが気候などにより色は変わります。




前にもネットでみたのですがあまり聞いたことのない難しい名前のバラ達が並んでいて気おくれしていました。

以前、苗を取り寄せた日本ばら園さんは安いのですが高級品はそれなりの価格でしかもごく小さな苗。土や肥料は他では見たことがないようないい物なので今も注文しています。でも箱代が意外とかかります。

ローズ・アンティークさんは箱代不要で8号鉢2本で輸送費525円!


小さいピンクのバラは冬に咲いていたローズフォエバー社
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/27596837.html
のポリアンサ、うどんこでこんな小さな花です。

立派な箱はいりませんから。その苗も立派で花が付いているのもあり感激しました。セール品しか買わないのでびっくりするような価格。

花もアーリー・ハイブリット・ティー・ローズ、幻というか、ヨーロッパでははっきりとした派手なバラが好まれるせいか、すたれてしまったようなバラです。寒さにも弱いらしい。

オールドローズのようにうつむいて咲いたり、複雑な花色は好まない方もありますが私はそれが好きでバラにのめりこんだのですから。

切り花にするともちが悪いかも知れません。ガーデンに咲き続けるバラのようです。旅をしてきたせいかもしれません。


マドモワゼル・フランチェスカ・クリューガー
色サフランピンク

俯いて咲く風情は将に極上のアンティーク花!
樹高:1m~
四季咲き性:◎
耐寒性:○
作出年:1880
鉢栽培:◎
花の大きさ:中輪

オヴァン・ドゥ・トロンシェール
アイボリーピンク マリー・ヴァン・ウットと並んだ大型な直立性のTea

花容も良く似ていますが よりピンクが濃く時として

薄っすらと紅が差します 開き切ると椀型ロゼット咲きに

弁質は兎も角スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾンの花を

一回り大きくした様な風情があります 芳香品種
樹高:1.5m
四季咲き性:◎
耐寒性:○
作出年:1899
鉢栽培:○
花の大きさ:中大輪オヴァン・ドゥ・トロンシェール

 エンジェルズ・キャンプ・ティー
ホワイトピンク Found Tea 小さな花弁数が多い椀状のライトな八重花

多花性 樹勢も強く栽培は比較的容易

Miss Sasaki presented the photograph
樹高:1m
四季咲き性:◎
耐寒性:○
作出年:不明
鉢栽培:◎
花の大きさ:中輪

スヴェニール・ドゥ・ピエール・ノッタン
花色:イエローブレンド 別名:イエロー・ママン・コシェ

両親はママン・コシェとマーシャル・ニール

エトワール・ドゥ・リヨンの花と似ていますが

バターイエローの花弁の上に時としてほんのりと

紅が射すのが特徴 樹は半横張性で上にも良く伸び

枝に棘は疎らです 香りはマイルドなフルーツ香
樹高:1m
四季咲き性:◎
耐寒性:○
作出年:1902
鉢栽培:◎
花の大きさ:中輪


モーツアルト  バレリーナの方が薄いピンクで可愛いのですが。
こういうのとティ-ローズは趣が全然ちがいますネ。

今朝このモーツアルトにコガネムシの小さな幼虫発見。これが土の中に入り大事な白い根を食べ肥え太る、にっくき薔薇の敵。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR