大琳派展とハンマースホイ展




       




28日に、国立西洋美術館長の青柳さんがBSの「私の1冊」で五味川純平の「人間の条件」を挙げてくださってうれしいです。


「人間の条件」http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/18661640.html
は原作・映画とも私の最も尊敬する作品のひとつです。







les_fleursさん http://blogs.yahoo.co.jp/les_fleurs3106/46026576.htm
「この展覧会は、宝物がぎっしりつまってて、その輝きに目がくらんだり、目移りしたりで気持ちが高まりっぱなしだった」とアップされましたが同感です(*^o^*)

平成館はいつも見どころ満載でさすが東京、そのあとのハンマースホイのモノクロの世界との対比!

美術館めぐりは玉三郎観劇と個人的にセットになってるので時間限られ十分には見られませんが、本物の前に立っただけでも幸せです。


大琳派展については美術館内も撮影されている弐代目・青い日記帳さん
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1545
もお詳しい。

絵はもちろんお宝満載でしたがぼってりとした厚みのある素晴らしい抹茶茶碗がインパクトありました。

その本阿弥光悦作「赤楽茶碗 銘 峯雲」「黒楽茶碗 銘 雨雲」越しに光琳の「風神雷神」を弐代目・青い日記帳さんのブログで観ることができます。

ほかにも宗達デザインの団扇やボタニカルアートな小袖、などに目が釘つけでした。

朝一の大琳派展鑑賞の後、はしごで西洋美術館に行ったらさすがに疲れてまずレストランへ。

レストランはまだすいていて窓際の席から中庭の緑が眺めることができました。

屋上庭園には入れないのが残念です。
最近では病院などでも眺めのいい高層にレストランや屋上庭園があります。
安全のためにせっかくの景色が鑑賞できない建物もありさみしい。





西洋美術館の建物は常設展のブロンズなどが展示されている場所など凝っているなとは思っていたのですがコルビジュジェ設計なのですね。
だから世界遺産願ってるのでしょうか。
私は建築にも大いに興味がありレトロな建築はアップしています。


に行ったときこのハンマースホイ展はまだ開催前でその看板だけ見て「あ、フェルメールの現代版みたい」と気になっていました。その時初めて知った画家です。

生前は有名だったハンマースホイも死後は忘れられていたそうです。

中には「暗い気持ちになってしまった、朝日新聞は…」という奥様もいましたが。私は当時もすでに骨董だったロイヤルコペンだけでもうれしいかったです。非常に珍しく不思議な世界でした。


誰もいない部屋こそ美しい ハンマースホイ展
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2008/1116/index.html


続きます。
スポンサーサイト



バラのカレンダーと大苗




http://www.blogmura.com/ ブログランキング・にほんブログ村へ
http://clickbokin.ekokoro.jp/  イーココロ!クリック募金


みっちゃんに頂いた豪華なバラのカレンダーです。

BISESの雑誌や単行本は海外庭めぐりやバラ栽培のために愛読してきました。

今年はカレンダーも買わず

(2008年度版はうちのネコたちがカレンダーになった
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/18205095.html

ので買いまくり皆さんに配りました。親ばかですね。

姉妹猫のリンゴのブックカバーは
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/21088648.html

リンゴのお母さんが買ってプレゼントしてくれました。

3つのカレンダーの出演料はカレンダー一組だけでした!)

バラの大苗も買っていません。

みっちゃんご紹介のバラの紳士にブラックバッカラ
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/26544722.html

光彩
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/folder/897273.html

など珍しくて立派な苗をいただいたからです。


2枚目の写真、濃いピンクのバラは前からあるERです。

今シーズン最後のバラでしょう。

私は日本ばら園のこだわりの園主に「大苗はダメ」と聞いてるのに今日またしても園芸番組で大苗を推薦している!

私もまだこれから最後の花を咲かせてくれる頃にバッサリ切って苗や根を風にさらしていいのかなと思ってました。何回も失敗しましたから。

水やりも難しい。

初めはどんどん咲いて置き場に困り友人たちに何本ものバラ苗記を嫁入りさせるという不遜なことをしました。

バラは奥が深く数々失敗してきました。



園芸番組の後は日曜美術館
http://www.nhk.or.jp/nichibi/
今日は学生時代に友人といった思い出の平泉。

紅葉と遣り水の絶景。

平泉の毛越寺の遣り水をおぼえているはずです。

源氏物語の世界!

アートシーンでは俵屋宗達や若冲に影響与えたえという朝鮮絵画
の案内でした。栃木県美術館、他の美術館に巡回します。

毛が1本1本描いてないのにリアルな犬の絵がそっくりなのです。

女性画家の作品も紹介されました。今夜、再放送があります。

「ミュージカル南十字星」


http://show.blogmura.com/musical/ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
http://show.blogmura.com/ にほんブログ村 演劇ブログへ


今晩、教育テレビで劇団四季の舞台「ミュージカル南十字星」http://www.shiki.gr.jp/applause/minamiが放送されます。
李香蘭、異国の丘、に続く戦争3部作でB,C級戦犯を描いています。

B,C級戦犯は理不尽なことに当時日本兵として召集された韓国の人たちが含まれます。
B,C級戦犯獄窓からの声http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/25136285.html

李香蘭http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17291527.htmlは劇団四季のオリジナルミュージカルで私が一番、おすすめする作品です。




中居正弘の「私は貝になりたい」の映画も上演されています。
偶然「砂の器」の再放送見て豪華キャストに驚きました。

テレビ版「私は貝になりたい」の感想
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/18621144.html

前壊れたと思っていたパソコンが無料修理でかえって来ました。長くかかったので仕方ありませんね。これで家族分のパソコンが揃ったのでまあいいでしょう。まだ3年も経ってないので変だと思っていました。HDD内蔵は故障が多いそうです。これはテレビも観られますから家人には大事。ゲームも好きなので。

でも他のパソコンの接続が切れるようになってしまいました。

昨日、サド侯爵夫人の舞台を見ました。
篠井さん主演ですがアリtoキリギリスの石井さんが出ていてビックリ。皆さん、大熱演でした。

ベルばらKidsと子猫



朝日連載中のベルばらKidsと我が家の子猫です。

安蘭けい『外伝 ベルサイユのばら ―ベルナール編―』


http://show.blogmura.com/musical/ にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカル
http://show.blogmura.com/ にほんブログ村 演劇ブログへ


久しぶりに宝塚を観劇しました。
安蘭けいさん、綺麗で歌がいいのです。
[解 説]は引用です。
 パリに住む新聞記者ベルナールは、その生い立ちから貴族を憎悪していた。そして革命運動に携わり、「黒い騎士」とよばれる義賊となって、貴族たちをおののかせていた。
そんな中、絢爛たるベルサイユ宮殿の仮面舞踏会に、黒い騎士が潜入した。近衛隊長のオスカルは、黒い騎士の正体を突き止め、ベルナールをとらえるが、彼の言葉の中に真実があると悟り、父将軍たちをごまかした上で、彼を自分の家にかくまう。
ベルナールの看病に当たるのはロザリーだったが、母を貴族に殺されたという似た境遇の二人は、互いに心惹かれて…」

安蘭けいの「エルアルコン」の感想
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/23481363.html

70年 代の初演からたびたび上演されているベルばら。
初演は社会的なニュースになったようです。

私が主に見たのは90年代、踊るフェルゼン編とも言われたなつめさん(大浦)の舞台。
大浦さんはダンスはNY公演までされ有名ですが知性、歌唱、演技でこの方以上の人を観ていません。ダンスも玉三郎と同じく一瞬にして世界が変わります。
飛翔感のある素晴らしいダンスです。

90年代はトップのためかフェルゼン編、オスカル編とか、原作からみると?でした。やはり主役はオスカルでしょう。

このマンガが金字塔であるのは池田理代子さんがオスカルという人物を造形したことにあると思います。ヒントになった人物はいたようですが男性でも漫画を読めばは共鳴できるでしょう。

貴族の令嬢なのに男装のキャリアウーマン、しかもルソーなどの啓蒙思想にふれ、その地位を投げ打って民衆側に就くのです。

機関誌の「歌劇」でやりたい役として大浦さんのオスカル、朝香じゅんさんのアントワネットの美しい扮装写真が載っていました。大浦さんもオスカルがやりたかったでしょう!

今回は何と義賊、新聞記者のベルナール編
ベルばらファンならいいけれど、漫画も読まず、今までの舞台見ていない方はおいていかれそう。

ベテラン箙かおるさんが一手に?聞いたことのあるセリフを引き受けて説明する感じです。

90年代の彼女の舞台とベルナール演じていた一樹千尋さんの歌唱、演技力は忘れられません。
お二人とも、トップにはなってないけれどトップ以上の実力です。



この舞台、最後、時間は飛んでナポレオン暗殺計画!

アランの腕がない!

生き残ったベルナール安蘭けいとロザリー遠野あすかの背後にオスカル、アンドレが浮かび上がりあちこちですすり泣き。

私も、、、、、、、と思いましたが我に返るとこれって「レ・ミゼラブル」のあの場面と同じ、しかもアントワネットとフェルゼンまで登場するとは、ファンサービスですね。

評論家の扇田さんは「レ・ミゼラブル」と「ベルばら」は精神的姉妹
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/19637795.html
とうまいことおしゃったけれどこのマネはいかがなものかと、

ファンの方は許されてね。

特にフェルゼンはアントワネットの処刑後、心閉ざし冷たい権力者になり民衆の敵として殺されたので。




安蘭けいさんは私はすぐトップになると思っていた人なのですが道は遠かったですね。
「王家に捧ぐ歌」のアイーダは2番手時代でしたが素晴らしかった!宝塚自体も見直した舞台でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/19991574.html

カーテンコールで「何回かこの地に来たけれども」と、宝ジェンヌとしては当地は最後のようでした。お疲れ様です。
「赤と黒」も完売で見ることができませんでした。
原作がいいから見たかったのですが。

宝塚は芝居とショーの2本立てでしかも2回公演。一路さんもトップになった頃、激やせしていて心配でした。

今、宝塚に歌えるトップは?

長身だけでトップに?、山売って?

後でベルばら初演のテレビ放送観て初代アントワネット、初風さんの歌に感動しました。さんも。

今とあまりの差です。メイクやスタイルは良くなったかもしれませんが。

初風さんは宝塚BOYS  http://www.takarazuka-boys.jp/
でちょっとアントワネットの歌を歌ってくれました!(T_T)

宝塚BOYSの感想
http://plaza.rakuten.co.jp/ribon5235/diary/200706300000/

宝塚まで通ったのは大浦さんがトップの時だけです。

大浦さんの最近の舞台の感想
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/25866915.html

ウィーンで観た「エリザベート」が忘れられなくて日本初演の一路さんの宝塚時代の舞台は観ました。

ウィーンとおなじ様な舞台装置、は無理だとわかってました。



ベルばら 1 http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17303267.html
ベルばら 2  http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17303384.html
ベルばら2001 http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/23146918.html
麗しのベルばら占い http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/24340609.html

ベルばらKidsぷらざ
http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2008/11/post-ac75.htmlに安蘭けい・遠野あすかトップコンビの対談があります。

漫画ベルばらKidsは朝日新聞に連載中です。


『外伝 ベルサイユのばら ―ベルナール編―』
原作/池田理代子
外伝原案/池田理代子   
脚本・演出/植田紳爾

ロマンチック・レビュー
『ネオ・ダンディズム!III』―男の美学―
作・演出/岡田敬二

続 ブルーノ・ムナーリ展






先回、載せられなかった写真です。

篤姫に鈴木綜馬さんが!


http://www.blogmura.com/ ブログランキング・にほんブログ村へ



篤姫の脚本家田淵久美子さんについてもっと知りたいと思っていたら本日、鈴木綜馬さんが榎本武揚役で登場!一瞬でした。

脇で多くの舞台俳優が支えてますね。

この夏、綜馬さんに出会ったことはこちらに
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/25294909.html

ミュージカル界のスター山口祐一郎
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17303600.html
さん(久光役)に続き同じ元四季の鈴木綜馬さん。

草刈正雄さんもミュージカル歴は長い、
爆笑番組サラリーマンNEO
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/23030929.html
沢村一樹さんと競演。
このお二人も篤姫に出演されました。

大好きなウィーンミュージカル「モーツアルト!」姉ナンエルで好演した高橋由美子さんも唐橋で出演。

花園役も元宝塚娘役トップこだま愛

松坂慶子さんもミュージカルに出ていましたね。今までにない貫禄の役。昔から好きです。美人に弱い私。
ジュリーとの映画のミュージカルシーンは楽しかった。


あおいちゃんも瑛太さんも素晴らしく成長されましたね。

歴史番組「その時が来た」では帯刀は足が痛いからでなく身を引くことで成し遂げようとしたという解釈でした。

宮尾さんの原作は読んでないのですが新聞で連載された「クレオパラ」は大地真央さんで舞台化。録画を観ました。

どこかで家父長制バリバリなのに感動するとおしゃってましたが脚本と音楽が泣かせますね。

無責任なエライさんが多いなか、篤姫は真摯に責任果たそうとするところがいいのですね。

韓国ドラマや宝塚では絶対、裏切らない男性のセリフにジーンとくるのですが篤姫もそうです。

無名塾出身の若村真由美もうまいですね。

篤姫2稲森いずみ http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/24606662.html



篤姫・竜馬が行く・和宮様御留
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/26091751.html



篤姫1高畑敦子
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/24111959.html

「時代の肖像SP」徳山ダム



http://www.blogmura.com/ ブログランキング・にほんブログ村へ


地上波のチェック怠っているので夕方、「時代の肖像SP 永六輔ドキュメンタリーの旅 浮いてまう」は最後の方しか観られなかった。

深夜、この番組の第2部「わが故郷は消えても」が0.35から、

第3部 「日本一のダムが奪うもの」は1・35から放送されます。

増山たづ子写真展 ~徳山ダム完成を前に~
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/20250482.html

ブルーノ・ムナーリ展と赤ずきん






http://www.blogmura.com/ ブログランキング・にほんブログ村へ


生誕100年のブルーノ・ムナーリ展 あの手 この手を鑑賞
 
 ブルーノ・ムナーリを知りませんでした。
青字は引用です

ブルーノ・ムナーリは(1907-1998)は、絵画・デザイン・美術教育など多岐にわたる分野で活躍し、夢とユーモアにあふれた独創的な作品を世に送り出したイタリアのアーティスト

この芸術新潮によれば「生涯にわたって役に立たないことに熱中し続けた風変りなイタリア人」

この表紙の猫、何か変でしょう。

この美術館は赤ずきんと名作絵本の原画たち」
http://www.city.kariya.lg.jp/museum/akazukin.html

(古い大型の赤ずきんの絵本やグッズなどアンティーク好きにはたまりませんでした。古風な赤ずきんからポップな現代版まで様々、お子さんのために衣装もありました。美術館入口のデスプレイやそれにちなんだ和菓子とお抹茶のセットは隣の茶室で格安で頂けます)

や玉三郎のお祝いの蘭が届いていた筧忠治展
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/20581452.htmlも開催していた。



1954年、イタリアの「金のコンパス賞」を受賞した猿のジジ。当時の新素材をマットレス以外にも利用できないかと問われて発想されたものでいろいろなポーズをつけて遊べるそうだ。

「どうして都会の大通りには同じ種類の木が画一的に連続するするのだろう?」そんな疑問からムナーリは様々に木々が植えられた並木を想像する。

座りにくい椅子や話すフォーク、オリジナルのゼログラフィーア、知育玩具などを作ったユニークな人。

この北斎の有名な作品を…  日本がお好きだったようでうれしいですね。


日本でも1985年、青山に「こどもの城」がオープンしたとき子供のためのワークショップを行った。その写真のムナーリの楽しげなこと。
参加した子どもたちは一生の思い出でしょう。

「芸術は難しい物でなく、万人のためにこそある」

1945年にすでにこのような仕掛け絵本を!


当時面白い絵本がなくて息子さんのために自分で作り始めたそうです。

仕掛け絵本は復刻版が出ています。私はこのような廉価な小さな本しか買えませんでしたが。

まだまだ知りたいことがいっぱいです。

1916年の自画像にはうなります。

アリスの飛び出す絵本と猫の記事です
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17074943.html

クリスマスイルミネーションと「「小森生活向上クラブ」





数年前、神戸ルミナリエhttp://www.kobe-luminarie.jp/

を観に行きました。各地でクリスマスイルミネーションが美しいですね。

でも長く並んで待つのは苦手です、寒さや冷えが…

夕食がいらないというのでひさしぶりに映画館へ行きました。

その帰りに携帯で撮影したので美しさが出ません。


最後は昨年、家人が撮影したもの。
その他の写真は携帯で綺麗ではありませんが。

昨年は反対側のビルでバラカの大燭台の展示がありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/19768926.html
最後のロシア皇帝の豪華な燭台です。


映画は 古田新太の初主演「小森生活向上クラブ」


古田さん(*^ ^)/。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆ Congratulations

会員になってる映画館を検索するまで知りませんでした。宣伝不足?
最近ダイレクトメールもあける時間なかったので。


以下は舞台挨拶の引用です。

開口一番、監督が「清く正しく愛される映画を作ろうと思ったんですけど、失敗したみたいです(笑)」と語ると、初主演の感想を「興行的に大丈夫なのか?それオンリー」と、古田も自虐的に笑いをとった。司会が「でも、ファンがたくさんいらっしゃってますよ」と向けても古田は「まぁ、ここにいるくらいでしょう」と謙虚(?)な反応。」





最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankich 天邪鬼&極楽蜻蛉

動物園訪問日記

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR