シークレットサンシャイン


http://movie.blogmura.com/

http://movie.blogmura.com/moviereview/

とても好きな映画『オアシス』のイ・チャンドン監督の
シークレットサンシャイン
を観た。

http://www.cinemart.co.jp/sunshine/

「わが心のオルガン」「スキャンダル」のチョン・ドヨンは本作で07年のカンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞し、第2回アジア・フィルム・アワードでも作品賞・監督賞・主演女優賞の3冠を獲得した。

共演は「大統領の理髪師」「殺人の追憶」「南極日誌」のソン・ガンホなのでいやがうえにも期待は高まる。

でも大変、重いテーマの作品で長編。

彼女を被害者の立場だけで描いてない深さ。

みえをはったり、乱暴されている少女を見捨ててしまうところもある。

ドヨンはほとんどノーメークで耐え切れない悲しみを表現している。

それにしても一人の人間をこれほど崩壊させる苦しみを断じて与えてはならない。

映画は希望をもたせてはいるけれども。

誰でもいいから殺したいなんて、そんな人は本読んだり映画は観ないのだろうか。

一方ソンが演じる男性は彼女に冷たくされても何かと面倒見てあげるタイプ。

犯人役は「大統領の理髪師」の大統領役の俳優でとてもそのように見えない人にしている。

川本三郎さんがキネ旬で光州事件との関連を書いている。
 
「夫を交通事故で亡くしたばかりのシネは、夫の故郷で再出発するため、息子とソウルからミリャンに引っ越して来る。車が途中で故障してしまい助けを呼ぶと、自動車修理工場を営むジョンチャンがやってきた。それ以降、何かと気にかけてくれるジョンチャンの尽力もあって、シネは無事にピアノ教室を開くことができた。隣人たちとなかなか馴染めないことに不安を抱きながらも、なんとか順調に新生活を送っていたが、ある日…。」

予告編は「敵こそ、わが友」で元ナチのバルビーがゲバラ殺害計画に手を染めたというもの。国家やバチカンの右派の罪をえぐる。これは観たい。



ちょうど「わが夫、チェ・ゲバラ」http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/24851285.htmlを読んでいるところでチラシのゲバラの写真には衝撃を受けた。

スポンサーサイト



わが夫、チェ・ゲバラ 2



http://www.blogmura.com/


モーッアルトやゴッホの手紙 も有名ですがゲバラのはさらに泣かせます。

愛する人や子供を残して死ななければならなかったチェ、なんと辛いことでしょうか。

http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/24674477.html

妻や子供との写真がいっぱい。やっぱりハンサムで人がよさそうです。

アレイダさんは5月に来日。

短い結婚生活で残された4人の子供を育てるのは並大抵の事ではありません。

勝気な強い意思を持ったお顔です。

1967年にゲバラがボリビアで処刑されてからずっと沈黙していたアレイダさんが出版。

「チェがこれからもずっと人々の心の中に生き続けるようにと記憶の種をまくことを決意し、力の限りを尽くした」

「ゲバラの最初の妻であったペルー人のイルダ・ガデア・コスタに関して、「それまで私が想像していたイルダのイメージはすべて崩れ落ち、私のエゴが強まりました」と述べていたり、ゲバラとイルダとの間に生まれた長女イルディタの養育をゲバラに依頼されていたと推測させる表現をしているが、その詳細を述べていないこと。またゲバラが全国農業改革局工業化部門の長に任命された際、秘書の一人を著者が排除したことを、後に二人のタンザニア滞在中にゲバラに説明したと記していることにもうかがえる。」

「いとしいきみへ

ルーブルで夢想した。きみの手を握っている。ここにいるのはきみだ。…」

ダ・ビンチの絵葉書で。


「愛するきみへ
これが最後の旅です。たぶん。きみや後に残した“肉片”の事を考えています…」

日々成長するチェ

「他者への愛」を基盤とする社会を求めたゲバラの思想

「飢餓に苦しむゲリラにたった一つの飴しかなかったら」

ゲバラは「ひとつの飴を石で割り全員で分かち合う、これが革命なのだ」
と答えた。

アレイダは「自愛に満ちたカストロ」を描いている。

カストロのチェに対する思慮深い思いやりと信頼。

チェは一般に噂されている「評判」とはまったく違う。私の見方は「賞賛」と「尊敬にかわった。

「愛する人へ…きみに墓地の(すくなくともどこかとおくの、見捨てられた枯葉の)においがする別れを告げるときがきました。…」


以下も引用です。http://ameblo.jp/vagabunda/entry-10098513508.html

来日時のインタビューで

一番、面白かったのはメキシコ大使からの質問。
ラテンアメリカにおける女性パワーについて、
だったのだけれど、
「チリもアルゼンチンも女性大統領だし、
キューバでも女性のほうが成績優秀で、
教育関係に従事している人々の6割は女性」
だと言っていた。

昨日もスペイン初の女性国防相の出産が、
ニュースになってましたね~。

第二次サパテロ内閣は、閣僚の過半数が女性。
それをイタリアのベルルスコーニが、
「スペイン内閣はピンク過ぎ」と言って、
スペインメディアでは、女性閣僚たちからハチの巣に
されてた

お気に入りの店がヘ(´o`)ヘ







母のお気に入りの季節料理のお店香輔さんが移転し飲み屋さんになってしまいます。

区が違うだけなら追っかけもしますが夜だけの店に。

これまでにも玄米菜食や薬膳のお店がどれほどなくなったか、残念です。

ここは玄米ではないけれど家庭的なおいしい料理を出してくれたのでお名残惜しく、

母の希望で土曜、月曜といってきました。もちろん母のおごりです。


土曜日は米ナスの上にうなぎの蒸し物、豆腐料理でしたがイチジクの揚げ物などに変えてくれました。

お刺身もはもになっていました。

デザートはいつも手作りシャーベット、リンゴやかぼちゃなど、これも優れものでしたのに。

ご飯もいつも季節に合わせた彩り綺麗なものでした。

大根、にんじんの下には揚げたいかや海老が入ってます。酢がきいておいしいのです。

友人に教えてもらったお店です。

良心的なお店は大変でしょう。これだけのお料理作るのも知力、労力の賜物です。

http://www.blogmura.com/

滑り込み鑑賞「誌上のユートピア」




http://www.blogmura.com/


もう少しで見逃すところだった「誌上のユートピア」最終日に鑑賞。

副題は「近代日本の絵画と美術雑誌」

アールヌーヴォ好きで泉鏡花の本の美麗な装丁を一度観たかった。

ユーゲント」などのヨーロッパの美術雑誌からビアズリー、青木繁(温泉)、黒田清輝(野辺)、

藤島武二(「婦人と朝顔」は季節柄さわやかです)
、日本の美術雑誌など。

子供の時は「明星」の表紙がアールヌーヴォの模倣とは知らなかった。

ビアズリーのモノクロの絵は好きで、岐阜まで観に行ったことがある。

サロメなど一度観たら忘れられない。

橋口五葉の装丁した漱石の「草合」。漆を使用している豪華本など3冊展示。

ここにも五葉の装丁本載せました。http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/20292622.html

明治44年五葉が31歳の時に日本橋三越がポスターの原画を募集。

300人の中から一等に選ばれました。このポスターは高島屋でも拝見しました。

昔のポスターは手が込んでいて味があり人気が高いです。

古い本や雑誌は大好き。モリスの大型本も展示。

以前、モリスの美術展にもそのマナーハウスhttp://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17509713.htmlにも訪問したぐらい好き。

三越のダイアナ妃展にも寄る。ここの会員は無料なので。

写真家・石内都  「ひろしま」との対話



http://www.blogmura.com/

今日のNHK新日曜美術館は「シリーズ・創作の現場ドキュメント(1)
http://www.nhk.or.jp/nichibi/写真家・石内都  「ひろしま」との対話
出演

石内都さん(写真家)
鷲田清一さん(哲学者・大阪大学総長)

写真家・石内都。1979年、女性初の木村伊兵衛賞受賞、2005年にはヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表となるなど、日本の写真界の一線を走り続けてきた女性写真家だ。
昨年、石内は新たな撮影に挑んだ。テーマは「広島」。広島平和記念資料館に保管されてきた、原爆で亡くなった人の遺品など、「被爆資料」にカメラを向けたのだ。
焼けこげたワンピース、引きちぎられた上着・・。どの品物にも空前の惨劇の傷跡が残る。石内は、一点一点に語りかけるようにシャッターを切りながら、原爆で断ち切られた人々の「その瞬間」以前に思いをはせ、そこに刻まれた生命の痕跡を鮮やかに蘇らせていく。


井の上ひさしの「父と暮らせば」でも生き残った人たちは亡くなった人に申し訳ないと思うもの。理不尽なことです。

アウシュビッツの女性たちも割れた鏡のかけらで顔を見て眉を引いたと読んだことがあります。

ヒロシマの女性たちももんぺの上にワンピースを着ていました。

服だけを残して遺体は発見できませんでした。痛ましすぎます。

それでも衣類が、遺品が戦争の酷さを語っています。


私は恥ずかしいことに石内さんを知りませんでした。

人間の傷や亡きお母さんのルージュなどの写真で有名な方です。

昨年は「夕凪の街 桜の街http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/18607446.html

「ヒロシマ ナガサキ」http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/18607178.html

「陸にあがった軍艦」http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17934753.htmlのようなすぐれた反戦映画があった。

前2作はBSで放送されるのでぜひご覧ください。

久しぶりの癌検診とパソコン


久しぶりに子宮癌と乳癌検診しました。

マンモグラフィーは2目目ですが痛い事、拷問のようです

特に斜めから撮る時、肩を上げて脇の下を機械に押し付けられるところからもう…

乳房を引っ張ったりつぶしたり、悲鳴を上げたくなりました。前よりずっと痛いのです。

パソコンも又起動に苦労しています。修理に出すかもしれません。

写真はミラノ

今朝のイングリシュローズ


昨日の拙楽天ブログのアクセスは480でした。小澤征爾さんの威力ですね。

(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー!

キャンセルの席は2階の最後列、残しておいた席がまだ6ぐらいありました。

1階のある席よりはましです。

この劇場は非常に横幅があり観にくいのです。

4,5階最前列には転落防止バーがあり私には舞台が2分割され最悪です。

こんな無粋なバーは海外のオペラ劇場では見たことがありません。

このばらは今朝摘み取ったイングリシュローズのウイズリー、この猛暑に咲いてくれました。

夏には咲かせるなと言う方もいらしゃいます。

http://www.blogmura.com/

小澤征爾音楽塾 こうもり 3



http://show.blogmura.com/musical/

「こうもり」http://www.ongaku-juku.com/j/index.php第3弾です。

舞台装置、1幕目は主人公の邸宅が2階建て、2幕目はオペラハウスのように豪華、3幕目は牢獄と変化に富んでいます。



 大浦にやってもらいたかったオルロフスキー公役のゴールドナーは美女だけど背が…男役にはちょっと。


テレビで観た、 カウンターテナーヨッヘン・コバルスキーは素敵だった。あれほどこの役にあう人はいないのではないでしょうか。

宝塚は「歌劇」と名乗ってるけれど今はそんな大歌手はいない。

『トゥーランドット』が、演歌が、宝塚が、日本語が「とりあえずビール」もあり爆笑の渦。

アイゼンシュタインのボー・スコウフスは超長身でかっこいい。ロザリンデのロストが身長がないので余計目立つ。

もちろん、バリトンの声がいいです。

官憲侮辱の罪って中身が知りたい。ひょっとして反骨の人?

お芝居中では仮面をつけた美女をわが妻とわからなかったという人。

ウォッカの飲みすぎだとしても。

ザルツブルグ音楽祭 2006年「フィガロの結婚」で伯爵を演じたボー。

金髪の天使が狂言回しを演じた舞台、しまった、録画したかな。

音楽的なことはわからないけれど久々に生の声に魅了される。

大浦はオペラ歌手に混じるとその華奢なこと。

カーテンコールでフランク役のカルロと並んだのでなおさら。

大浦の役は看守のフロッシュ

「カンカン」の来日公演でチタ・リベラ他の俳優の胸の厚みに感心した。

「エリザベート」でも来日公演のタイトルロールの迫力。ウィーンで見た俳優はスリムだったけれど。

あらすじはhttp://www.geocities.jp/wakaru_opera/diefledermaus.htmlこちら

ウィンナ・オペレッタの最高傑作

「 時は1874年の大晦日、舞台はオーストリアの温泉地イシュル。以前、ある仮装舞踏会の帰り、アイゼンシュタインは酔っぱらった友人ファルケ博士を「こうもり姿」のまま道ばたに置き去りにしました。それ以来、ファルケはみんなから「こうもり博士」と呼ばれていて、いつかアイゼンシュタインに仕返しをしたいと考えていました。…」

 ウィンナ・オペレッタの最高傑作
 
たとえオペレッタなど知らないという方でもこのJ.シュトラウスの音楽は年末などに耳にしたことがあると思います。

浮き足立つような楽しい音楽です。

「それに加えて、登場人物が個性的で飽きさせません。アイゼンシュタイン、ロザリンデ夫妻はもちろんのこと、「こうもり博士」のファルケ、おてんば娘の女中アデーレ、他にも脇役の最後の一人まで、きっと客席を笑わせてくれるでしょう。」
 
写真はエリザベート公演時のアン・デア・ウィーン劇場

小澤征爾音楽塾 こうもり



http://show.blogmura.com/musical/

いやあ、なんというお祭り騒ぎでしょうか。由緒あるアン・ディア・ウイーン劇場で1874年初演した「こうもり」がこんなことに。

アン・ディア・ウイーン劇場といえばモーッアルトのオペラを初演したりベートーベンが住んでいたとか。

ミュージカル「エリザべート」
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17616912.html

を初めて観たのもここ。フォサードはビルのように地味だけれど内装の豪華絢爛なこと。

夏木マリさんがエリザベートをテレビ中継したときめちゃゴージャスな三段ドレスを着ていただけのあるオペラハウスです。

今回当地方の主催のテレビ局の50周年記念だそうでドアラ君が舞踏会に繰り出すわ、小澤征爾はひいきの野球帽をかぶるわ、荒川静香、歌舞伎の中村七之助は登場するはのお祭り騒ぎ。

音楽って楽しいと教えてくれてるのね。

大浦みずきはフェルゼンとして登場しベルばら
http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17303267.html

をアカペラで歌ってしまう。うまい!


この項、続きます。

以下は引用です。

小沢征爾音楽塾とは?

2000年、小澤征爾がオペラを通じて若手音楽家を育成することを目的に開始しました。
恩師であるカラヤンの言葉「交響曲とオペラは、音楽という車の両輪のようなもの」を持論とする小澤は、その実践の場として小澤征爾音楽塾を年に一度開催しています。開始当初より6年間オペラを続け、2006年は交響曲を取り上げました。

音楽監督・指揮:小澤征爾
演  出:デイヴィッド・ニース
装  置:ヴォルフラム・スカリッキ
衣  裳:ティエリー・ボスケ
照  明:高沢立生
振  付:マーカス・バグラー
サンフランシスコ・オペラ・アソシエーション所有プロダクションを使用

管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合  唱:小澤征爾音楽塾合唱団

出演

ロザリンデ:アンドレア・ロスト
ガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン:ボー・スコウフス
アデーレ:アンナ・クリスティ
アルフレート:ゴードン・ギーツ
オルロフスキー公:キャサリン・ゴールドナー
ファルケ博士:ロッド・ギルフリー
フランク:ジョン・デル・カルロ
ブリント博士:ジャン=ポール・フシェクール
フロッシュ:

小迫良成(7月21日、8月2日)
大浦みずき(7月24日、27日、30日)

久しぶりのオペレッタ


今日は十数年ぶりの生のオペレッタ鑑賞です。美しいメラニー・ホリディ観た以来です。

大体、映画館にも劇場にもご無沙汰です。


ファンの大浦みずきのスケジュールがなかなかわからないのです。どなたか教えて!\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪

最近観たのは「イーストウィックの魔女たち」

http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/23621106.html

調べていたらなんと小澤征爾音楽塾の「こうもり」に御出演!

でも人気の小澤だから完売。ヤフオクのオークションのぞいたら、あるある。

ところが間違えて2枚申し込んだり、せりに負けたり。

もう大丈夫と持ったら終了寸前の真夜中に抜かれてしまった。


もう駄目と思ったら東海テレビから昨日、キャンセルがあると連絡。二転三転しました。


写真はバチカン美術館です。

http://show.blogmura.com/musical/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankich 天邪鬼&極楽蜻蛉

動物園訪問日記

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR