FC2ブログ

大坂なおみ、世界を変えようココシャネル・レイチェルカーソン

大坂なおみさん、見事な成長ぶりですね。感心しました。

 

 

外国では選手だけでなく、スポンサーも人種差別に反対する動きがあると、

日本ではタレントやスポーツツ選手が政治的発言すると叩き潰すことが多くあきれます。

 

 

 

ちょうど昨夜BSで映像の世紀特別編世界を変えた女性達を途中から観ました。

 

イギリスの女性参政権運動の方も出たのでしょうか。

 

レーニンは女性は果てしない家事労働労働に追われていて、それを男はしろうともしないというような意味の事を言ってました。

レーニンがこんな良いこと言っていたのですかビックリマーク

最近日本でポテトサラダ事件がありましたね、

ポテトサラダを買う女性を非難する男性、彼は家事をやってるのでしょうか!?

 

 

 

 

 

処刑された最後のロシア皇帝の娘達が踊ってる映像ショック

 

ヒトラーは女性の人気を保つため、愛人エヴァ・アンナ・パウラ・ブラウンの存存を13年隠しそのため彼女は寂しくて自殺未遂を二回

 

あのヒトラーに熱狂した女性達ガーン

 

ココ・シャネルが恋人のナチスと逃亡したとは、知りませんでした。

 

ムッソリーニ政権成立後、妻ラケーレはファシズム下の模範的な妻・母と見なされるようになった。彼女はベニートに忠実だったが、第二次世界大戦末期の1945年4月28日に彼が処刑された時、側にいたのは愛人のクラーラ・ペタッチであり、ラケーレではなかった。ラケーレはイタリアから脱出を図ったが、同年4月にスイスに近いコモで逮捕された。彼女はアメリカ陸軍に引き渡されてイスキア島に拘留されたが、数か月後に釈放された。

 

日本人で取り上げられたのは二人の美智子さん

 

安保反対運動で殺害された樺美智子さんと、皇太后美智子さん

 

侵略戦争の事はすっかり抜けてましたショック

 

 

 

 

 

 

「センス・オブ・ワンダーと生きて」

自然の神秘や不思議に目を見開く感性、“センス・オブ・ワンダー”。生物学者、レイチェル・カーソンが世に送り出したこの言葉を、日本に伝えた上遠恵子さんにお話を伺う。 自然文学のロングセラー「センス・オブ・ワンダー」。自然の営みやいのちの不思議さに目を見開くよろこびを、アメリカの生物学者・レイチェル・カーソンがつづったエッセイ集。その翻訳者である上遠恵子さんは、カーソンの繊細な感性に心をつかまれ、その著作の翻訳と研究をライフワークとしてきた。91歳となる今も、現役で活動を続ける上遠さんに、人生の歩み、センス・オブ・ワンダーという感性のエッセンスを伺う。

 

 

レイチェル・カーソンは知っていても91歳となる今も、現役で活動を続ける上遠さんを存じ上げなかった、恥

 

お若い頃より素敵なお顔、とても91才とは、尊敬します。ラブ

 

ちらっと見たテレビのガイロク、一人で旅に出る女性を観て

生き生きしているラブラブ

ミュージカル俳優でもある山本 耕史が妻もそうらしい、僕が一緒では....

 

志位和夫

@shiikazuo

·

自民次期総裁最有力の人が語るのは、「安倍政治の継承」と「自己責任」の押し付けだけ。他には何もない。独自のビジョンは皆無。中身は空っぽ、すかすかだ。 未来を語れない党には退場してもらうしかない。市民と野党の共闘で、新自由主義からの転換、連帯を大切にする新しい政治を掲げ、政権交代を!

AD
スポンサーサイト



「衛生国家への挑戦〜3人の先覚者たち〜」

知らなかった、日清戦争で帰還兵にコレラ患者総数369人!

太平洋戦争の兵士の死因の多くが餓死や病死でしたがこれは聞いたことありませんでした。
前半見逃してしまいました。
これでも戦争を望みますか。

 

 

 

「衛生国家への挑戦〜3人の先覚者たち〜」

日本人は感染症とどう闘ってきたのか?幕末から明治へ、日本人の衛生意識の向上に尽力した緒方洪庵、長与専斎、後藤新平。3人の遺産は、今にどう受け継がれたのか。 新型コロナウイルスに揺れる日本。日本人は世界規模の感染症とどう闘ってきたのか?第1回は、日本人の衛生意識の向上に尽力した3人の先覚者に着目する。幕末、天然痘の治療に革命を起こした緒方洪庵。その洪庵に学び、明治時代、コレラ撲滅の陣頭指揮をとった内務省初代衛生局長・長与専斎。日清戦争後、大陸帰還兵の大規模な検疫を成功させ、世界に日本の衛生力の高さを示した後藤新平。彼らは現代の危機に何を語りかけるのか?

 

 

浪人生活の後陸軍検疫部に入った新平は、僅か2ヶ月という短期間で総建坪22,660坪、401棟の検疫所を見事に完成させました。検疫所建設の前後4ヶ月は、朝7時から晩9時まで椅子に腰を下ろした事はなかったといいます。なお、日清戦争後の検疫では消毒した艦船は687隻、総人員232,346人、その中コレラ患者総数369人でした。これについて、当時のドイツの皇帝は、「この方面では世界一と自信をもっていたが、この似島(にのしま)の検疫所には負けた」と舌をまいたそうです。

新平はこの事業の成功で内外から絶賛され、再び内務省衛生局長に就任しました。

 

長与専斎は

 
種痘は最近疑問視されてますが。

英雄たちの選択より 感染症との闘いの2回シリーズから明治の長与専斎 【啓蒙活動とやるべき事をやってくれる行政】 自治衛生のもとに国民に全て丸投げするのではなく、 国民は税金を預けている、その預けた税金を本当にやって欲しい事に使ってもらうことが政府の信用! #英雄たちの選択 #BSプレミアム

Monchouchou@_mon_chouchou

 

恥ずかしながら #方方 の「 #武漢日記 」について初めて知った。 「ある国の文明度を測る唯一の基準は、弱者に対して国がどういう態度をとるかだ」 日本のように自由でも民主的でもない国で こう言う事を堂々と主張する人物がいる。 歴史のある国は人物の厚さが違うと思った。 #英雄たちの選択

 

#英雄たちの選択 スペイン風邪回 専門家に政治が絡む弊害、現場の医師の苦悩、政府の取り組み、感染者への誹謗中傷、記録を残すことの意義。 一時間に全て詰まっていた。

「一つの国が 文明国であるかどうかの尺度は 高層ビルや 車の多さや 強大な武器や 軍隊や(中略)世界各地で豪遊する旅行客の数ではない 唯一の尺度は 弱者にどう接するか その態度である」 方方著『武漢日記』より 児玉龍彦先生の紹介。 #英雄たちの選択

ソラ@nMkkcRHsqvU0xlN

返信1 リツイート2 いいね21:17

『100年前のパンデミック~"スペイン風邪"の教訓~』、非常に興味深い内容だ。100年経って変わった事、変わらない事を考えさせられた。昨今のマスコミがしばしば垂れ流す無責任な情報より、よほど為になるのではないか。小説『パラサイト・イヴ』で知られる瀬名秀明も出演。 #英雄たちの選択

 

スペイン風邪の流行の30年ほど前の1889年に、当時のロシアからインフルエンザが流行して、4ヶ月の間に北半球全体に広がり、100万人の人たちが死んだとされているけれど、どうやら、インフルエンザではなくて、新型コロナウィルスOC43だったらしい。 #英雄たちの選択

教員が危ない転載「死にそうになっている」

教員が危ない転載「死にそうになっている」

パンデミックが変える世界 ハラリ氏と瞑想



パンデミックのただ中で今、何を考えるべきか。先日ETV特集の中で行った海外の知性への連続インタビューの中でも、特に大きな反響が寄せられたのが、イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリからの警告だった。今回はこの反響にお答えし、1時間に及んだハラリ氏へのインタビューのほぼ全体をお送りする。世界が注目する知性からの多岐にわたる現状分析と警告。そしてあるべき未来を手にするための渾(こん)身のメッセージ

https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-04-25&ch=31&eid=20230&f=20

 

動画

 

ハラリ氏の後ろにどこかで観た馬の墨絵や仏教関係の軸があるので、是はと思ったら

 

インタビューの最後に

 

2時間瞑想すると行ったので納得、

 

想田監督が同じ、ブッダが用いた瞑想法・ヴィパッサナー瞑想について週間金曜日に連載されてました。

 

第84回:ヴィパッサナー瞑想と日常生活(想田和弘)

 ↓

瞑想 

 

・政治的選択の選択肢が数多くある。メディアと一般人は、ウイルスの流行にだけ関心を持つべきではない。政治状況にも焦点を当てるべきだ。【コロナウイルスと権力について】・全体主義的な体制が台頭する危険がある。例えばハンガリー。※ハンガリーでは、非常事態法の可決によって首相の権限が拡大され、議会の承認なしで、非常事態宣言を無期限で延長できるようになった。ハラリ氏はこれについて「形式的にはまだ民主国家だが、オルバン政権は独裁的とも言える権力を握った」と言った。・ハラリ氏の母国イスラエルでも、ネタニヤフ暫定首相が「コロナウイルスと戦う」という口実で、野党が過半数を占める議会を閉会しようとした。国内外からの批判が多く、断念されたが、独裁国になる危険があった。
 
是はズバリ今の日本政府ではないか、
 
コロナを利用し、独裁を勧めようとした。何でも利用し自分の利益ばかり
 
庶民はころして構わない。消費税増税で息も絶え絶え。
 
母の時代は金利で楽しく買い物が出来、経済に貢献!
 
デパートで買い物など出来ない私。
 
ハラリ著「サピエンス全史」では農耕により辛い労働に従事することになった人類だと!
目からうろこでした。
 
今回の話もすごく考えさせられる、民主主義になるか監視、独裁社会になるか。
 
怖い、血圧や体の情報まですべて政府に握られるなんて。
 
コロナが収束しても権力者にとって美味しい物は手放さないから。今、気をつけて
民主化しなければならない。
 
 

じゅんちゃんの哲学講座まだ不要・不急の怪しい法案が他にもある!


赤松小三郎を知らなかった恥
幕末に植木枝盛達より進んだ考えの人が居た!

江戸末期に、現憲法に匹敵する憲法構想・立憲政体を提案・行動した上田藩士・赤松小 三郎がいたのですが ...


https://bushoojapan.com/jphistory/baku/2020/01/06/116458

じゅんちゃんの
おすすめの1冊:『人間の条件』、ハンナアレント

私もすごく好きな本です。
『人間の条件』
映画も大好きd得オールナイト二回観たぐらい。

ハンナアレント
彼女の政治哲学の原点は「人間のなしうる事柄、世界がそうありうる事態に対する言語を絶した恐れ」[6]であった。なぜ人間にあのような行為が可能であったのかという深刻なショックと問題意識から、彼女は政治現象としての全体主義の分析と、その悪を人びとが積極的に担った原因について考え続けることになる。

↑今の日本が当てはまるじゃありませんか、憲法を知らない、まったく理解出来ない人が
憲法を改正し、明治憲法のような、国民を奴隷のようにする憲法にすると、
今ではこのようなのは憲法と呼べません。

憲法は権力者から国民を守るためのもの、国民を従わせるための物ではない。

そういうことが全く分からないソーリ、従わせたいだけ、奴隷的な哀れな日本人

自殺に追い込まれた近畿財務局職員、赤木俊夫さんや辺野古の事を思い出すだけで分かるでしょう。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR