FC2ブログ

お願いします映画「れいわ一揆」を応援してください



れいわ一揆
2019年/248分/日本/配給 風狂映画舎

監督原一男

公式サイトhttp://docudocu.jp/reiwa/

このままではこの国は壊れてしまう 令和元年夏、れいわ新選組から10名の候補者が参議院選挙に挑んだ。 『ゆきゆきて、神軍』『ニッポン国VS泉南石綿村』の原一男監督最新作。 信じられないかもしれませんが、 この映画、かなり笑えて、泣けるんです! 東京大学東洋文化研究所教授・安冨歩は2013年以来、「もっとも自然に生きる事ができる」スタイルとして、女性服を着る「女性装」を実践していた。彼女は、山本太郎代表率いるれいわ新選組から参議院選挙の出馬を決める。選挙活動を通して彼女が一貫して訴えるのは、「子どもを守ろう」。新橋SL広場、東京駅赤レンガ駅舎前、阿佐ヶ谷駅バスターミナル他都内各地から旭川、沖縄、京都まで―相棒「ユーゴン」とともに全国を巡ってゆく。そして故郷の大阪府・堺市駅前に立った彼女は、美しい田園風景が無個性な住宅街に変わり、母校の校舎も取り壊されてしまい、喪失感を吐露し始める……。 ロードムービー、アニマル、コメディ、ミュージカル… ジャンルを横断する稀有な作品 令和元年夏、参議院選挙で注目を集めた「れいわ新選組」から出馬した安冨歩を中心に、10名の個性豊かな候補者たちを、『ゆきゆきて、神軍』の原一男が鋭く迫った。昨年の東京国際映画祭でワールドプレミアが行なわれ、全上映作品で唯一Twitterのトレンドワードになり、世界の映画祭での上映が続々と決定し、選挙戦に留まらず、国内外の映画祭で注目を浴びている。過激な登場人物たちを通じて昭和・平成の時代を抉ったドキュメンタリー映画界の鬼才が、令和に突如現れた話題の政党にどのようにフォーカスしたのか。庶民の怒りと叫びを描いた『ニッポン国VS泉南石綿村』で新境地を開いた原一男が魅せる、新たな選挙エンターテイメント作品である。また本作は原の新レーベル「風狂映画舎」の第1弾作品で、日本の“今”をいち早く世に問う作品に取り組むことをモットーとしている。




この動画でお馴染み、
お二人は映画の題名がそぐわない、レイワのプロパガンダと間違えられてしまうからと。

安冨教授が主役。

お馬さんが沢山観られて嬉しいラブ

私も乗馬がしたい!

もう動物パワーに頼るしかない。

一宮で太郎さんの街宣がありますビックリマーク


なぜ私が安富さんに惹かれて何冊も読んだか分かりました。

昨年末、寒い名古屋駅で山本太郎さんと安冨教授の街宣聞きました。
あの熱気ラブラブ

この映画でもなく長い映画なのに、最近かつてないほどの混みよう、

皆さん怒ってますよね、今の落ちぶれ果てた日本。
人権も年金も、仕事も奪われて。


小さな映画館がいつも寄り沢山椅子を出し、ほぼ満員ビックリマーク
初日。

ドヌーブの映画は大きな映画館でたった2人の観客でした。私を含め!

笑って泣けるビックリマーク

冒頭の太郎さんの「女らしく、男らしく、子供らしくに縛られて苦しいでしょう」の意味の言葉にぐっときます。

嫌なことに我慢し、ならされて、嫌だ、変だと言うことも忘れてしまう。

トンでもない非民主的な政治にノーも言えなくなる。

「政治は嫌い」「政治の話はしない」これこそ、政治的な発言だビックリマーク
ト安冨教授

マイケルジャクソンは子供らしい時間を奪われて、園苦しみg「スリラー」になった
あのゾンビは魂が殺されている有様を表現している。

みんなでスリラーを踊る、ミュージカルもする選挙活動

馬を連れて選挙活動

子供も思わず喜んで踊ったり歌ったり楽しそう。

安冨さんは最後に境で凱旋、
卒業した、中学?高?校舎?も田園風景も消えた、潰されたと思わずなく、
周囲もなく、

こんな綺麗な風景を原発や工業化、宅地化のために奪われ続けた日本、情けない。

まだ封建時代のようにお上に逆らわず、
冒頭で言われ他党に
自民党に首絞められているのに、
自民党に投票する人たち。

沖縄出身、創価学会員の野原氏 れいわ新選組の東京から立候補「沖縄の現状 真剣に考えて」
2019年7月6日 05:00
 【東京】政治団体「れいわ新選組」の公認候補で東京選挙区から立候補した野原善正氏(59)が4日、新宿駅で第一声を上げた。辺野古新基地建設の阻止を訴える野原氏は「東京の皆さんに関心を持っていただきたい。日米安保を肯定する方々はマイナス面を引き受ける沖縄の現状をもっと真剣に考えてほしい」と主張した。

沖縄タイムス+プラス 沖縄タイムス+プラス ニュース 沖縄出身、創価学会員の野原氏 れいわ新選組の東京から立候補「沖縄の現状 真剣に考えて」



沖縄タイムス+プラス ニュース
沖縄出身、創価学会員の野原氏 れいわ新選組の東京から立候補「沖縄の現状 真剣に考えて
2019年7月6日 05:00
 【東京】政治団体「れいわ新選組」の公認候補で東京選挙区から立候補した野原善正氏(59)が4日、新宿駅で第一声を上げた。辺野古新基地建設の阻止を訴える野原氏は「東京の皆さんに関心を持っていただきたい。日米安保を肯定する方々はマイナス面を引き受ける沖縄の現状をもっと真剣に考えてほしい」と主張した。

原監督作品は「ゆきゆきて進軍」から観ていますがこんなにソフトで楽しい方とは照れ
良く作ってくださいました。感謝

シングルマザー渡辺てる子さんも素晴らしかった照れ

渡辺てる子 (れいわ新選組 東京10区総支部長)新宿区、中野区、豊島区、練馬区
·
33m
「大好き」と言われて照れ臭いですが、うれしいです。
23日にアップリンク渋谷にお越しの皆さま、よろしくお願い致します。
Quote Tweet

映画『れいわ一揆』(原一男監督作品)
@reiwa_ikki
· 5h
上映後に大好きなてるちゃんこと渡辺てる子さん @teruchanhaken と島野がリモートトークをします。
舞台袖で初めて出会った時のことを思い出すと今も涙がこみ上げてきます。ぜひスクリーンでご覧下さい。(島野P)
れいわ一揆 アップリンク渋谷
9月23日(水)10:15~14:35
https://rsv.uplink.co.jp/program/51080
渡辺てる子 (れいわ新選組 東京10区総支部長)新宿区、中野区、豊島区、練馬区 liked
寮美千子
@ryomichico
·
16h
これは絶対に違う。アルコール依存症になった人がアカン人なのではなくて、その人に適切な支援をできなかった周囲こそが問題。まさにこのような視点で依存症者を見る人々が、彼らを依存症に追い込んでいるのだ。
Quote Tweet

【速報】
@SokuhouOtodoke1
· 17h
山口達也へ

#拡散希望
#山口メンバー




スポンサーサイト



「三島由紀夫VS東大全共闘」


禁断のスクープ映像、その封印が遂に紐解かれた! 稀代の天才作家・三島由紀夫と、 血気盛んな東大全共闘の討論会の全貌だ。時は1969年5月13日。東大駒場キャンパスの900番教室に、1000人を超える学生たちが集まり、三島を今か今かと待ち受けてい ...

たしかに討論はハイレベル。だが要所に当時を知る人々や識者たちが登場し、「そもそも全共闘とはなんなのか?」にはじまり、三島由紀夫の成り立ち、そして「なぜ、この討論が行われたのか」「何が論じられているのか」を実にやさしく、わかりやすく教えてくれる。なかでも作家・平野啓一郎氏のやわらかい語り口がありがたい。当時、壇上で三島と対峙した元全共闘メンバーのうち、ひょうひょうとした態度で三島に鋭い論議をふっかける学生・芥正彦氏が、50年を経てカメラの前で放つオーラに身がすくむ。討論のクライマックス、学生が三島にとって「天皇」とはなにか、を聞く。解説者たちそれぞれの「答え」にハッとする。人と人が正面から向き合い、言葉をぶつけ合う。猛烈なエネルギーを感じながら頭をフル回転させ、議論にくらいついていく。結果、三島由紀夫という人物の一端を知る。その愉しさがたまらない。そしてこれが「闘論」というものかと思う。キャンパスに、街に、政治の場に、いまこんなことができる“大人”はいるのだろうか。


三島はスターだったけど
赤ちゃん抱いて三島と対峙した芥氏ラブ現在も一段とオーラがある、さすが演劇人、登場人物で一番惹かれました。

なんと妻中島葵は森雅之の娘!

寺山修司も唐十郎の舞台観ても私の頭では理解不能。
三島のサド公爵夫人なども台詞の洪水

松本清張と比較し空虚だという作家も、三島の家もなんだか半端な西洋風

東大生の観念的な話にも私の頭はついていけないけど三島は青年が好きで
1000人の学生にパフォーマンス

ロンドンで出会い、知多半島も案内した女性が、三島の原稿取りしていたと、
もっと詳しく聞くべきでした、岸惠子や草笛光子と同窓だとも。

歌右衛門や玉三郎を絶賛し歌舞伎も書いた三島。

寂聴さんや美輪さんも天才と絶賛します。

政府は教育も握り、口出しても金出さず、物言わぬ羊の群れをつくりだし、

今はこんな討論もできなさそう。

パンフ完売、ほしかったのですが

「コリーニ事件」誰のための法律か、法治国家?今の日本恥ずかしくないのか


6月12日から劇場公開されるミステリー「コリーニ事件」は、力強い物語、感情を揺さぶる演出、衝撃的な法のトリック、今日性を持つテーマを携えている――“映画を見る素晴らしさ”を、私たちに改めて教えてくれる作品だ。そしてこの物語が暴いたのは、国を激震させるほどの“不都合な真実”。鑑賞すれば、スクリーン上で展開される出来事は、現在の日本の諸問題と驚くほど重なることに気がつくだろう。今を語るうえで、絶対に外すことができない本作。その魅力を語っていこう。原作は、現役弁護士が放った渾身の長編小説 暴いた“衝撃の真実”は、実際に“法務省”を動かした現在の日本の問題点とも重なるテーマは必見テーマ]ガーン ドイツ史上最大の司法スキャンダル…現在の日本の“騒動”と似ている?描かれる法の重大な落とし穴とは何なのか。ネタバレになるため詳述できないが、ひとつ言えるのは「本作のテーマのひとつは、ドイツ史上最大の司法スキャンダル」ということだ。その司法スキャンダルは、現在の日本の法律をめぐる諸問題(例えば憲法改正や検察庁法改正案などの議論)と重なる部分が、大いにあると感じられる。本作を引き合いに、日本の問題点に切り込むことができるほどに。だからこそ、今、この時代にこの映画を見る価値がある。その意味で、本作は「“今”を語る上で外せない一作」なのだ。

ベストセラーの映画化、スリルとサスペンスと今の日本人が考えるべきテーマです。
素晴らしい映画で一瞬も見逃せない、
週刊金曜日で初めて知るお粗末さアセアセ

「アイヒマンを追え!ナチスが最も恐れた男」
https://ameblo.jp/moris5235/entry-12522214712.html

バウアーが孤軍奮闘した直後の1968年、ナチ体制の検察官であった司法界の権威が
いかに狡猾な手段を用いたか!

原作者の弁護士の祖父はヒトラーユーゲント総裁などを歴任し禁固20年処されたが

その設定変えて映画の弁護士をドイツ人とトルコ人の子供とした。これがまた効いてくる

いまだにを敗戦を終戦記念日だといい、戦争責任・戦後を直視しない日本人への警告と肝に銘じた方が良い。

容疑者役とその父役の顔、目の演技が目に焼き付く。

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ

映画「日日是好日」黒木華と樹木希林

観たかった映画、WOWOWで鑑賞。


https://www.youtube.com/watch?v=ojfkRsr_xMg






有名な楽や神坂雪佳の仔狗の茶碗、 季節感 おじゅく、茶道具が味わえます。

自分もお稽古に通うような体験が出来ます。

表千家はあまり泡を立てずに三日月のように、ブログ友がそうでした。

私は習った事がありませんが泡は立ったお茶が好き。でも難しい。

お茶の妙香園でちょっと買い物すると、お茶を点ててくれます。

こちらは泡だったお茶が多いような気がします。

赤福でも。
うまく泡立てたいのですが。

優しく穏やかな先生に希林さん、最後の出演作とは。
人気もある黒木も勉強になったことでしょう。

私は玉三郎の「天守物語」の希林さんも忘れがたい。
誰でもこの世からなくなる、私もそう遠くない日に。


森下典子さんに聞く、映画「日日是好日」の楽しみ方と茶道具の秘密もてなす側が仕掛ける壮大な“なぞなぞ”を楽しむ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR