FC2ブログ

転載新型コロナ肺炎4人を完治した中国病院の報道(漢方薬処方箋も説明)

転載新型コロナ肺炎4人を完治した中国病院の報道(漢方薬処方箋も説明)
タミフルや抗生物質は危険です。
スポンサーサイト



転載コロナウィルス対策:お役立ち情報(1)

<コロナウィルス対策のお役立ち情報(1)>

夢に願いに様からいただいた貴重な情報です。ありがとうございます。

 

(武漢に研究に行かれた方からの情報

・・・・・・

 

ウイルスを防ぐためにはお湯を飲んでください。
運動すると、ウイルスに感染することはありません。
 
高熱がある場合は、身体を温めて、生姜スープを飲んで体の熱エネルギーを増やすことで、ワクチン接種はしなくても良いです。
 
より多くの生姜、ニンニク、唐辛子、胡椒をたくさん食べると良いです。
・・・(以下転載記事をご覧ください)
 

*運動しましょう。(体を温める、汗をかく) 

*お日様に当たりましょう(ウィルスの殺菌作用)

*お湯を飲みましょう!(体を温める。)

*香辛料野菜(ネギ、ニンニク、ショウガ,胡椒など)を積極的に摂りましょう。

*海藻を食べましょう(どこかのブログに書いてあったが、スペイン風邪にかかりにくかったのは、海藻を食べる民族であったためとか・・。)

 

香辛料野菜に関しては以下のことがわかっています。

(下記はタマちゃんのブログより要約)

 

★これらの芳香性揮発物質には強力な殺菌作用があり、この芳香性揮発物質はフィトンチッドと名付けられ、結核が猛威を振るった昭和初期、ネギを使った料理で結核患者を治療。ネギのフィトンチッドが結核菌を殺菌したという話もある・・。)


結核菌とウイルスはサイズも性質も異なるが、恐らくはウイルスにもネギのフィトンチッドはそれなりに効果を発揮する。

古代の漢方薬のスタイルは衣冠療法。
漢方薬の香りを身にまとうことを言う。
香りの成分は呼吸器を通して肺胞から血液中に取り込まれ全身を回る。それは食べ物とて同じ。フィトンチッドをたっぷりと含む様々な野菜や果物を食べていれば全身がフィトンチッドで包まれて細菌やウイルスに対抗できる。

★日光、紫外線にも体の殺菌効果が期待できる

 

『コロナウィルス対策:お役立ち情報(1)』 <コロナウィルス対策のお役立ち情報(1)>夢に願いに様からいただいた貴重な情報です。ありがとうございます。 (武漢に研究に行かれた方からの情報)。・・・・・・


新型コロナウイルスに関する情報です。


”新型コロナウイルスCOVID-19の心疾患が気になったので”転載です

「コロナウイルスは 2度目に感染する可能性が非常に高い。自分の免疫系によって回復した人たちが少数ながらいるが、治療に使用する医薬品が心臓組織に損傷を与えており、2回目に感染すると、最初に感染した際の抗体が役に立たずに悪化し、心不全による突然死に至る」 ”新型コロナウイルスCOVID-19の心疾患が気になったので”転載です https://ameblo.jp/voyage011/entry-12576723737.html

転載3人目の新型肺炎患者さん、漢方薬で完治して退院。

こんにちは。李哲です。 新型肺炎で日本初の死亡者(80代の女性)が出たとテレビで見ました。アナウンスが言うのは、抗生物質治療を1週間受けてから悪化。 肺炎自体が悪化したのか?抗生物質で患者の免疫力・治癒力が落ちて、病状が悪化したのか?これは皆さんの判断にお任せします。 日本では新型肺炎に特効薬がない!と騒いてますが、中国・河南省ではすでに何人も漢方薬で治り退院した患者さんがいます。漢方薬で治療し、西洋医学のDNA検査で肺炎ウィルス陰性だと確認されたから、西洋医学も認めざるをえない。 特効薬がないと騒ぐ日本テレビよ。なぜこんなニュースは報道しないですか? 中国の新型肺炎の死亡人数が300人越えたと言うけど、アメリカは毎年インフルエンザでの死亡者が約2万人(1700人/月)!なぜ、こんなニュースは伝えないでしょう?今日皆さんに伝えるのは、アメリカの中医師:李宗恩博士の新型肺炎治療例。前回の記事:中国新型肺炎の症状:発熱・咳・倦怠感・呼吸困難などは漢方薬・鍼灸で治せる(具体的症例で説明)では理論的な話をしたけど、今回は正真正銘の治療例です。 皆さんの新型肺炎に対する恐怖感が減ることを祈ります。 李宗恩博士の記事のリンク先は、通許第三位武漢肺炎病人痊癒出院 – 當張仲景遇上史丹佛(2020.2.13発表)

新型肺炎を治した漢方薬

昨日、河南省通許県人民医院に入院していた3人目の新型肺炎患者さん、DNA検査を2回受けて陰性であることと、専門家のチェックにより完治だと診断され、今は無事退院しています。

 

私たちは新型肺炎だと確定された患者さんを4人受け入れて、漢方薬で治療し西洋医学の検査をしました。4人の中、3人は治癒して退院。漢方薬は短期間で著しい効果を出し、しかもとても安いです。

3人目の新型肺炎患者さんは、私が特に関心した人です。治療中に浮き沈みがあり、私がテレビ電話で直接患者さんを診るしかなかったです。

 

以下は患者さんの治療過程を分析します。 

抗生物質で発熱、咳が徐々に悪化した患者

 

患者さんは中国人、30代の男性。

1月19日の夜11時、1時間の新幹線に乗って武漢から家に帰ってきて、ご飯を食べたあと寝たそうです。夜中、彼は胸が苦しくて咳がする・痰が出ました。翌朝には新型肺炎だと心配して、すぐ病院に行って検査したけど、喉の炎症だと診断され抗生物質を処方されただけでした。

 

彼が言うのは、抗生物質を飲んだあと少し緩和したので、もう大丈夫だろう。

 

1月24日、彼は37.7度の熱が出始め、再び西洋医学の病院に行きました。今度も抗生物質。飲んだあと、患者さんは治ったと思いました。

 

炎症には抗生物質よりも漢方薬のほうが効果的。以下の記事、参考になると幸いです。

 


【朗報】新型肺炎2人を漢方薬で完治!中国の漢方医たち、誇りに思う!

【朗報】新型肺炎2人を漢方薬で完治!中国の漢方医たち、誇りに思う!

 

いつもはてなで読んでるブログです、漢方でがんも鬱も怖くない!

私は手術後大学病院でもらった胃腸薬は全く効かなかったのですが、漢方薬はピタリと効きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR