FC2ブログ

今晩是非ご覧ください。Eテレ仁左衛門・玉三郎「道明寺」

今夜NHKEテレで放送。”2月歌舞伎座『道明寺』、素晴らしい!!”


ふうせん様のこの記事を読んでたまらず、上京し観劇ました。今晩の放送も嬉しいです。転載お願いします。
八千代座公演も秋にのびたとか、御園座は公演するそうですが。
劇場が閉まるのは寂しい限りです。

追記玉三郎HPより

◆2020年3月

March 1, 2020

  皆様いかがお過ごしでいらっしゃいましょうか。今は「コロナウイルス」のこともありまして、劇場もお休みとなっています。皆さまどうかお大事にお過ごしくださいませ。

2月は「十三世片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言」として、「菅原伝授手習鑑」「道明寺」の段の「覚寿」を演じさせていただきました。これまで「先代萩」の「政岡」、「九段目」の「戸無瀬」、あるいは「吉野川」の「定高」など大役をやらせていただき、この「覚寿」は今回で2回目ではございましたが、改めて大変素晴らしいお役であるということを感じました。この年齢になりまして演じさせていただくには、丁度良いお役かなとも思いました。歌舞伎で言いますと、いわゆる「白」という鬘を被るのですが、老婆役がこんなに活躍して意味の大きいお役は珍しいと思います。10年前に演じさせていただきました時は60歳だったのですが、今年はあまり皺を書き足さなくても演じられるお役になりました。

 そして夜の部は「羽衣」でございました。昼に老婆を演じて、夜に若いお役をやりますことは順番が逆になりまして、実は意外と力を使うものでございます。例えば「四谷怪談」では、浪宅で髪すきが終わった後に、夢の場で美しくなる場面、あるいは「桜姫」の「権助」の家の場の後に、終幕の雷門の場で美しい桜姫に戻る、つまりお役が終わって行った後に、もう一度最初の美しい姫に戻っていくということに力のいるものでございます。これは実際に演じなければ分からないことではございますが、役者の1日、あるいはお芝居の流れに逆行するということの難しさをつくづく感じるのでございます。

 お陰様でこの2月は、大役の「覚寿」と「羽衣」に終始して、充実したひと月を過ごさせていただきました。世の中は新型の肺炎などで騒がしくしておりましたが歌舞伎座には大変大勢のお客様にご来場くださいました。心から御礼申し上げる次第でございます。また十三世片岡仁左衛門さんの追善興行が、この歌舞伎座で盛大に行われましたことを本当に嬉しく思いますし、私も毎日誠心誠意努めさせていただいた次第でございます。

 さてこの3月は、後半になりましたら桜が開花するのでしょうか。あっという間に春が訪れる素晴らしい季節となります。

3月中旬は、博多座で開催されます「越路吹雪40回忌コンサート」に出演させていただきます。

そして4月末には、南座で「世界のうた」の再演を開催させて頂き、5月は京丹後、熱海、八千代座での舞踊会となります。

 それでは皆様お身体に、お気を付けてお過ごしくださいませ。 



スポンサーサイト



2月14日歌舞伎座、「羽衣」




まさに天女です。


幼児の時に買ってもらった絵本、「羽衣」「小公女セーラ」「シンデレラ」
挿絵が素晴らしい、講談社の本。
もうボロボロですが。
少年少女世界文学全集も保存しています。

秋田行きを決断したのは歌舞伎座で仁左衛門・玉三郎の共演があるからです。

羽衣鑑賞のあと、どうなることかと思った秋田までの10時間の夜行バスも、無事クリア(苦笑)

本当は一直線に秋田を往復したら良いのですが1泊浮かすために。

新幹線で東京から秋田まで行けば良いのですが

秋田の冬の動物園は土日祝のみ開園なのです。

だから帰りの飛行機も日曜に乗らざるを得ず、満席でした。





2月14日仁左衛門・玉三郎「道明寺」

14日に上野動物園をちょっと観て歌舞伎座へ、お目当ては「道明寺」と「羽衣」


 


歌舞伎座『二月大歌舞伎』昼の部レポート 代々受け継がれた魂宿る仁左衛門の菅丞相『菅原伝授手習鑑』


 


 


『菅原伝授手習鑑 道明寺』左より菅丞相=片岡仁左衛門、覚寿=坂東玉三郎、苅屋姫=片岡千之助


 


 


後に天神様と祀り上げられた菅原道真、


 


昔は政敵を蹴落とし、恨みが怖いから神に昇格させました。


 


今の仁左衛門の父の当たり役がこの道真、


 


今は仁左衛門が演じます。


 


孫の片岡千之助苅屋姫、これは昔玉三郎が演じたのをテレビ鑑賞しました。


 


道真の養女になっている姫は醍醐天皇の弟・斎世親王と密会、駆け落ちして道真失脚の原因を作る。


 


 


養父の袖に取りすがる玉三郎!


 


今回の玉三郎は苅屋姫の実母で道真の伯母、「覚寿」白髪頭の役。


 


悲しい役で苅屋姫は道真左遷の原因を作り、姫の姉は夫に殺され、その仇を討つ。立ち回りがあります。


 


「三人吉三」の玉三郎の立ち回りも忘れません、


 


周り舞台で1階席では見えなくなるのに、半分裏で激しい立ち回りが続く場面。


 


 


謀反のえん罪を着せられ太宰府に旅発つ、道真の袖に取りすがり、涙を誘う姫。


 


姫と別れを告げたい気持ちを抑えて幼女を観たい気持ちを抑えて道真が旅たちますが、お顔、目は神々しく悲しみに満ちています。


 


歌舞伎座で、節分の日この舞台で豆まきをしたそうですが仁左衛門丈は出ません。


 


このお役は特別で精進潔斎するほどですから。


 


道明寺のいわれ


 


関西では桜餅を「道明寺」と呼びますが、そのルーツは、覚寿さんが大宰府の道真公を思って毎日、木像にお供えした餅米を蒸したご飯なのだそうです。仏様のご飯は毎日替えるので、下ろしたものを乾燥させて「糒(ほしいい)」を作り、覚寿さんが病の人や貧しい人に施したところ「病気が治った」と評判になって、「道明寺糒」の名が広まったとか。 その「糒」を砕いた「道明寺粉」が、今も和菓子に使用されてい,ます。覚寿さんのお供えしたご飯がルーツだと思うと有難み倍増です。関東では小麦粉の薄皮で作った桜餅を「長命寺」と呼びますが私は、断然「道明寺」派です(聞いてない?)


 


 


 


 


「二月大歌舞伎」が去る2月2日に東京・歌舞伎座で開幕した。ステージナタリーでは、昨日2月6日昼の部の様子をレポートする。「二月大歌舞伎」夜の部「八陣守護城」より。昼の部では、十三世片岡仁左衛門追善狂言として、太宰府流罪の刑に処された菅丞相(菅原道真)と、菅丞相に忠義を誓う三つ子・梅王丸、松王丸、桜丸の運命を描く「菅原伝授手習鑑」から「加茂堤」「筆法伝授」「道明寺」が上演される。「二月大歌舞伎」昼の部「菅原伝授手習鑑」から「加茂堤」より。「二月大歌舞伎」夜の部「羽衣」より。「加茂堤」では、菅丞相の養女である苅屋姫(片岡千之助)と醍醐天皇の弟・斎世親王(中村米吉)が密会し、駆け落ちするまでの物語が展開。菅丞相の身に降りかかる悲劇の発端ともなる本幕だが、身分違いの2人の逢い引きを手伝う桜丸役の中村勘九郎と、その妻・八重役の片岡孝太郎とのコミカルな演技により、舞台上には終始朗らかな雰囲気が漂う。勘九郎は、苅屋姫と斎世親王の初々しいやり取りに当てられ、「たまらぬ!」と思わず八重に抱きついてしまうシーンでは、桜丸の茶目っ気あふれる一面を垣間見せ、逢瀬を妨害しようと現れた嵐橘三郎演じる三善清行らを退治する場面では、優男ふうの出で立ちでありながら腕っぷしの強い桜丸のキャラクターを、軽妙な身のこなしで表現した。孝太郎は、桜模様があしらわれた振袖姿の八重を快活に演じ、桜丸に頼まれ牛車を引こうとするも、なかなか言うことを聞かない牛に愛らしく憤慨し、客席を笑いで包んだ。「二月大歌舞伎」昼の部「菅原伝授手習鑑」から「筆法伝授」より。「二月大歌舞伎」夜の部「人情噺文七元結」より。続く「筆法伝授」は、片岡仁左衛門勤める菅丞相の、神々しい存在感が見どころ。菅丞相の旧臣・武部源蔵役の中村梅玉は、坂東秀調演じる水無瀬に連れられ、菅丞相が待ち構える学問所の間まで歩みを進める中、徐々に表情を強張らせ、久々に主人と面会する緊張感を強調。御簾が上がり、仁左衛門演じる菅丞相が登場すると、待ってましたとばかりに客席から盛大な拍手が送られる。仁左衛門は、自身の父・十三世片岡仁左衛門の当たり役であった菅丞相を、一言一言に重みを持たせた荘厳な語り口や、気品あふれる佇まいで勤め上げた。片岡秀太郎は、一度勘当した武部源蔵夫婦に厳しく接するも、見放しきれない菅丞相の妻・園生の前の無骨な優しさを際立たせる。さらに市村橘太郎は、源蔵に対し嫉妬の炎を燃やす左中弁希世を、子供じみたコミカルな演技で演じ、悪役ながら憎めない人物像を立ち上げた。「二月大歌舞伎」昼の部「菅原伝授手習鑑」から「道明寺」より。「二月大歌舞伎」夜の部「道行故郷の初雪」より。昼の部のラストを飾る「道明寺」では、菅丞相と苅屋姫、そして坂東玉三郎演じる覚寿と孝太郎演じる立田の前の親子愛が涙を誘う、悲壮感に満ちたストーリーが描かれる。白髪の老婆・覚寿が、娘の仇である宿禰太郎を討つシーンでは、玉三郎が大男相手に見事な立ち廻りで魅せ、恨みを込めた壮絶な気迫で観客を圧倒。また菅丞相の暗殺を企む、中村歌六演じる土師兵衛と、坂東彌十郎演じるその息子・太郎の、どこか噛み合わないやり取りにも注目だ。菅丞相が太宰府に発つクライマックスの場面では、千之助が自責の念に苦しむ苅屋姫の痛ましさを際立たせ、菅丞相に何度もすがりついて観客の心を打つ。また仁左衛門は、生き別れる前に苅屋姫の姿を目に焼き付けたいという気持ちを抑えながら、苅屋姫の悲痛な叫びを耳にして思わず振り返りそうになる芝居に、親としての情をにじませる。実の祖父と孫である2人ならではの一幕に、場内にはすすり泣きが響いた。なお夜の部では、片岡我當が佐藤正清を勤める「八陣守護城 湖水御座船の場」、玉三郎が天女、勘九郎が伯竜を勤める舞踊「羽衣」、尾上菊五郎が左官長兵衛を演じる「人情噺文七元結」、梅玉が忠兵衛として舞う「道行故郷の初雪」が上演される。「二月大歌舞伎」は2月26日まで。


 

歌舞伎座『二月大歌舞伎』昼の部レポート 代々受け継がれた魂宿る仁左衛門の菅丞相『菅原伝授手習鑑』

画像あり

歌舞伎座『二月大歌舞伎』昼の部レポート 代々受け継がれた魂宿る仁左衛門の菅丞相『菅原伝授手習鑑』 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス 歌舞伎座『二月大歌舞伎』昼の部レポート 代々受け継がれた魂宿る仁左衛門の菅丞相『菅原伝授手習鑑』 spice.eplus.jp

時平の陰謀により大宰府への流罪となった菅丞相(片岡仁左衛門)は、護送される途中に判官代輝国(中村芝翫)の計らいで伯母の覚寿(坂東玉三郎)の館に逗留していた。加茂堤から逃げた苅屋姫(片岡千之助)もまた、姉の立田の前(片岡孝太郎)により生みの母である覚寿のもとに匿われていた。菅丞相が館を発つ前の晩、苅屋姫が菅丞相に会って詫びたいと立田の前に涙ながらに訴えているところに覚寿が現れる。覚寿は菅丞相が流罪される原因となった苅屋姫を赦すことができず、妹を庇おうとする立田の前ともども杖で折檻する。すると障子の内から折檻をやめるようにという菅丞相の声が聞こえてくるが、障子を開けるとそこには菅丞相の木像しかない。この木像は覚寿の願いにより菅丞相自らが彫り上げた入魂の作だった。そこへ土師兵衛(中村歌六)と、その息子で立田の前の夫である宿禰太郎(坂東彌十郎)が菅丞相の出立の手伝いにやって来るのだが……。

『菅原伝授手習鑑 道明寺』左より菅丞相=片岡仁左衛門、覚寿=坂東玉三郎、苅屋姫=片岡千之助

玉三郎が難役と言われる覚寿を豊かな情感で見せる。表情や立ち振る舞いなど、全身隈なく意識が走っていること感じさせる凄みと、悲しみと慈愛の深い表現が心にしみる。芝翫は実直な判官代輝国をさわやかに演じ、悲運の物語における清涼剤のような役割を果たす。「加茂堤」で桜丸を演じていた勘九郎が、殺人の罪を着せられそうになる奴宅内という役を軽やかに演じ、客席を大いに沸かせる。「道明寺」では様々な登場人物の思惑が入り乱れ、この作品が人形浄瑠璃として初演された江戸時代(1746年)からどれだけ時を経ても、家族愛や忠義心、欺瞞やエゴ、そしてユーモアなど、人間の抱く思いそのものはずっと変わっていないと感じさせる。だからこそ長年上演され親しまれ続ける作品と成り得たのだろう。

「道明寺」での菅丞相は、苅屋姫との別れの哀しみの表現や、木像の菅丞相と生身の菅丞相との演じ分けが求められるなど、演じる俳優を選ぶ役だと言われる所以が集約されている。菅丞相を当たり役とした十三世亡き今、仁左衛門が確実にその芸を受け継いでいることが十二分に伝わって来て、その姿から目が離せない。限界まで研ぎ澄まされた無駄のない、“静”の芝居の極みここにあり、という圧巻の菅丞相だ。この役に必要なのは演技力だけではなく、どこまでも芸を追求する魂なのだろう。代々受け継がれてきた魂の宿った珠玉の舞台を見られたことに幸せを感じずにはいられなかった。

『二月大歌舞伎』の上演は歌舞伎座にて、26日(水)まで上演される。

 

今、観たい舞台です、生では見たことがありません。







シネマ歌舞伎吉田屋仁左衛門・玉三郎

初芝居も初シネマも玉三郎でした。(嬉)
この吉田屋は録画も家にありますが仁左衛門・玉三郎のインタビューもあると聞いて出かけました。
大画面で観るのは又違いますから。

でも近くの席に携帯あける人が2人!!

そのうちの一人はビニール袋ガサガサさせて何か食べている。

この人は何席も先の同じ列の人なのに、気になること、
本人達は全く悪いことしている自覚がないのです!

あへや山口も同じなの?

山口は控訴したと。どこまで破廉恥なのか。


先日初芝居で
御園座で初めて今の仁左衛門さんとコンビを組んで売り出したお話が出ました。

T&Tコンビ、劇場に二人の共演を望む声が殺到したとか。
この映画にちらっと桜姫が出ました。

「桜姫」のお二人、最高ですね、妖艶過ぎ、色っぽすぎ(笑)

あれが全編みたい、後年ほかの役者と共演しましたが。
NHKはその録画持っているので再放送、切に願います。
こちらに動画ありますが、画像がちょっと。

吉田屋も桜姫も理屈で考えるとエーという内容ですが役者の芸を観れば良い物でしょう。

この吉田屋の主人公の男性もこんな人が居たら笑われるだけですが
役者の芸でおめでたい正月らしいお話になります。
仁左衛門丈、お兄さん2人と共演。

最初に吉田屋演じたときは手も足も出ないような有様、

それでもお父様が先に立って導いてくれた。

吉田屋の最後は玉三郎演じる夕霧が

極上の赤い打ち掛けを見せて終わります。ため息。

玉三郎ほど衣装を美しく魅せる人を知りません。

何年も前から超一流の職人に依頼されて自前!

仁左衛門歌舞伎のドキュメンター映画は昔観ました。
関西歌舞伎が衰退し、橋蔵映画にも出ていた今の仁左衛門さんのお父様。

OSK「大津皇子」の監修もされていました。

今年は宝塚の指導もされる玉三郎丈。

当時孝夫さんも東京の歌舞伎に移ったけど、役は...

関西では女殺し油地獄などで主役を張っていたのに、悔しかったでしょう。


体が弱かったお二人が50年も共演でき芸の上でけんかもできたのは最高。
団十郎、勘三郎とのコンビはもう実現できない。

もっと玉三郎・仁左衛門共演が観たい、
昨年は一度観ることができましたがなかなか共演してくれません。


仁左衛門、玉三郎が演じる 艶めく男と女の恋模様――「廓文章 吉田屋」は男女の恋心が織りなす上方歌舞伎の代表作。伊左衛門は、身なりは貧しくても大店の若旦那に相応しい品と色気にあふれる役どころ。夕霧もまた、最上位の遊女である太夫の品格と艶やかさが求められる大役です。仁左衛門、玉三郎の豪華顔合わせ、華やかな季節感と大団円の結末に幸福感に満たされる名舞台をお楽しみください。シネマ歌舞伎だけの特別映像を収録!仁左衛門が語るこれまでの俳優人生、松嶋屋の芸である本作への思い。夕霧を演じた玉三郎のインタビューも。【あらすじ】 放蕩の末に、勘当された藤屋の若旦那伊左衛門は、恋人の夕霧が病に伏せっていると聞き、 落ちぶれた身も省みず大坂新町の吉田屋へやって来ます。 主人喜左衛門夫婦の好意で夕霧には会えたものの、伊左衛門は嫉妬のあまり、すねてつらく当たり二人は痴話喧嘩を始める始末。 ようやく仲直りをした二人のもとに届けられる知らせは...
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR