岐阜県の「江戸の粋から東京モダンへ」小村雪岱展

2019年12月21日(土)〜 2020年2月16日(日)の期間中、岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠにて、展覧会「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンへ」が開催されます。大正から昭和初期にかけて装幀・挿絵・舞台美術など多岐にわたるジャ.https://life-designs.jp/event/komura_settai/


行って良かった、気になっていた小村雪岱、モダンでハイセンス。肉筆画は貴重。

吉川英治や泉鏡花の挿絵、

歌舞伎座の舞台装置、

資生堂の化粧瓶のデザインなど。これは出ていません。

他にも

草花が一面にちらしてある文机、並河靖之の七宝なども展示。

美術雑誌に逃すなと!といわれてる展覧会です。

 

京都三年坂美術館の素晴らしいコレクションを多治見で鑑賞。

 

金沢の鏡花記念館で小村雪岱の装丁本を見て以来です。。

 

三年坂美術館にには行きましたが。明治の超絶技巧の名品の七宝、櫛など。

 

 

小村雪岱(こむら・せったい、1887-1940)は、埼玉県川越市生まれ。16歳で日本画家、荒木寛畝(かんぽ)に弟子入りしたのち、東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科選科で下村観山に就いて基礎を学びました。卒業後は、美術雑誌の国華社や資生堂意匠部を経て、泉鏡花や里見弴の本の装丁や「一本刀土俵入り」や「大菩薩峠」の舞台装置など、おもに出版界や演劇界で活躍していました。


スポンサーサイト



「日々、われらの日々~鉛筆画家 木下晋 妻を描く~」観て良かった!




実際の彼女はもっと若く美しい、薬が効けば家事もできます。
長い間家計を支えてきました。
観た後は充実感あります。

 
不幸の連続なのに、妻が美しい。
芸術家のさがか。生活を支えていた妻が病に他入れ、介護士ながら冷静に描く。
 
娘も父母も、弟も、その昔の家を観たらわかるすざまじさ。
 
 
 
 

 
 
 
 


正倉院展と続若草山ロープウェイ

 

名勝大乗院庭園文化館、ここは無料

 

正倉院展閉幕、20日間で27万7千人が入場

11/14(木) 20:59配信

読売新聞オンライン

 天皇陛下の即位を記念し、奈良市の奈良国立博物館で開かれていた「第71回正倉院展」(主催・奈良国立博物館、特別協力・読売新聞社)が14日、閉幕した。20日間で27万7133人が入場し、15年連続で20万人を超えた。

 初出展4件を含む41件の宝物を展示。天武天皇ら6代の天皇が受け継いだケヤキ材製の戸棚「赤漆文欟木御厨子(せきしつぶんかんぼくのおんずし)」や、聖武天皇が752年に東大寺の大仏開眼会(かいげんえ)で履いたとされる靴「衲御礼履(のうのごらいり)」など皇室ゆかりの品々に注目が集まった。

 

 本年の正倉院展は、北倉14件、中倉8件、南倉17件、聖語蔵2件の41件の宝物が出陳されます。そのうちの4件は初出陳です。正倉院宝物の全体像がうかがわれる構成となっておりますが、天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物の成り立ちと伝来に関わる宝物や、宝庫を代表する宝物が顔を揃えることが特しつぶんかんぼくのおんずし)には、聖武天皇・光明皇后の大切な品が納められていました。今回は本厨子とともに、ここに納められていた遺愛品として、紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく)・緑牙撥鏤尺(りょくげばちるのしゃく)が出陳されます。さらに、光明皇后の

ケヤキ材製の戸棚「赤漆文欟木御厨子(せきしつぶんかんぼくのおんずし)」は劣化もほとんどわからないほど。

高価なラピスラズリのベルトは、輝きが鈍っていました。

フェルメールブルーでも有名なラピスラズリ

 

私は20年前に見逃した鳥毛立女屏風、6扇が目当て。

赤い儀式用の靴は大きく、その箱は巨大です。

外側は赤く染めた牛革、中は鹿革。銀製金メッキの花形の飾り。真珠や水晶をはめている。

紫檀香炉や螺鈿の箱は輝いています。

今年の最終日は無料。

 

 



続気はこちらhttps://ameblo.jp/moris5235/entry-12545450522.html



死刑囚の絵画展明日まで。


朝刊を観て早速出かけました。

ここは市役所近くの姿市政資料館、昔は高等裁判所でした。


巌窟王吉田老、えん罪の方が裁かれた場所

ドラマなどのロケ地になりました。

今は結婚式場でもあり、今日も挙式あります。


前撮りかモデルさんか、ウェデイング姿も拝見したことあります。

友人を案内したこともあります。留置場も見学できます。





やはり、胸が苦しくなります。


えん罪といわれている風間博子さんの「無罪という希望・潔白の罪」は高い独房のレンガが見えてそこにひざまずいている女性の足の裏だけは白い。潔白の罪、

上の新聞左の方の絵



死刑執行ボタンの絵や面会に来る母親をえがいた絵、

 映画「休暇」思い出します。西島秀俊主演、刑務官が一週間の休暇を得たのはなぜか。

てるてる坊主がつるされて、目には赤い涙が!




死刑執行の国はもうわずかなのに。


死刑があっても何ら殺人行為を抑止する力になっていないのです!


1989年死刑廃止条約が国連で裁決されています。


今や死刑は人間の尊厳を蝕む。


先進国を自負する国で死刑を執行続けているのは日本と米国の半数の州のみ。


昨年はオウムの死刑囚の15人の大量執行が行われ内外で問題になりました。


長谷川さんはキリスト教徒になり被害者2人の遺族と交流があり、うちお一人は面会にも見えました。


その面会も妨害されました。


長谷川さんは宗教画などを見事にボールペンで描いています。ボールペンでしか許されず!

シロクマや日本の風景画もあります

償いの気持ちや祈りを籠めるために数多い作品を残されました。


シロクマや日本の風景画もあります。

弁護士稲垣清さんとお話しできました。


長谷川さんはもう少しで恩赦になる寸前、だまし討ちのように死刑が執行されました。

権力はなんと小汚い事をするのでしょうか。



あいちトリエンナーレ展、最後の抽選

www.youtube.com

昨日最終日、最後の抽選へ、

木曜3回【1回で2回選ぶから6回外れ】とも抽選に外れ、最終回のこんな大勢集まってるのに、当たるはずがありません。

木曜は倍率10倍ぐらいの時もありましたが。

昨日は最終日、最後の抽選へ、100倍⁉


ameblo.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR