FC2ブログ

初めてクリガイを知りました。

テーマ:

 

くりがに、300円×2

動物界節足動物門甲殻綱十脚目短尾下目クリガニ科クリガニ属

 

海水生。浅い砂地。
北海道太平洋側、オホーツク海、ベーリング海。

北海道東部やオホーツク海側に多い。とれる量が少なく、あまり全国的には流通しない。ただし味の良さは産地などで認められている。地域限定の名物的なものとなっている。食べ方や評価などはトゲクリガニと同じ。

 

北海道東部やオホーツク海側に多い。とれる量が少なく、あまり全国的には流通しない。ただし味の良さは産地などで認められている。地域限定の名物的なものとなっている。食べ方や評価などはトゲクリガニと同じ。

 

生きてました、ごめんなさい。

白くて綺麗な身で美味。

 

昨日、鳴海の魚安売りのウオダイに行ったら天気が続いたせいか、かつてないぐらい様々な魚が目白押し。

 

ここの分厚いマグロ、中身がこぼれる太巻き久しぶり!

 

 

 

大トロの寿司もたまらない。

 

写真はありません苦笑

 

夫も鼻歌交じりに蟹の味噌汁や蒸し物を作りました。

 

あわび、小さいけども300円刺身になる生きの良さ。

観たことない不思議な北海道の魚や、こちらのワタリガニ、これは千円近かった。

 

もっと近所だったら、前は瑞穂区にありました。

 

 

スポンサーサイト



植物園結婚式場のランチと千種の薬膳

 
 

温室骨組み見学会

 

2016年3月の様子、解体見学会。

 

この後、工事が続いていますが先日、そのカバーが外されました。

又温室前に蓮池や薔薇が見えたら良いですね。

 


 

2016年3月の様子、解体見学会。

 

この後、工事が続いていますが先日、そのカバーが外されました。

又温室前に蓮池や薔薇が見えたら良いですね。

 


 

レストランからの眺め

 

結婚式や土日は予約でいっぱいでいただけません。平日が狙い目。

 

 

 

ほしい(笑)

 


熱くて焼けどしたスープ。

 

 

前菜

 


ブリを選びました。

 

 


デザートはよし川フレンチや薔薇館の方が好み。

 

園長達と外国のお客もランチしていました。

 

ここでゆったりしたので又動物園まで歩けました。

コアラ舎で園長や外国の来園者が最高齢コアラクレメンツさんと嬉しそうに記念撮影しているのも目撃しました。

 


↑↓は千種駅自然の薬箱レストラン、小豆のスープ

ココのドレッシングは絶品


京都の友人もおなかが気持ちよいと。

 

鱈と白子






1月11日多治見の蕎麦屋、美術館のお土産


小村雪岱天の感想は又ゆっくりと。

京都三年坂美術館らしいコレクション、超絶技巧の七宝や帯止め、かんざしも展示。

 

イチゴの帯止めが可愛い!

 

美術鑑賞の帰りに蕎麦屋さんと温泉(鏡開きのぜんざい頂きました)に寄りました。

蕎麦屋さん見るからにお洒落なお店。

外観は洋風。

 

 

 

 

 


 

すだち蕎麦、

連れ合いはクルミたれの蕎麦

 

アンケートに答えるといただけるポストカード、数枚から選べます。

 


猫具グッズは買わないはずが。苦笑

 

 

東濃の栗のお菓子

 


久しぶり鬱花のランチ、噴水、素敵なお宅

テーマ:

初詣でいつも観ることができる噴水。いいなあ。

持っていた噴水はとっくに壊れました(T-T)

 

 

いつも通らない所にちょっと違う門柱がありその奥に、私好みのお屋敷が♪

 

 

工事や店主の病気で?お休みの時もあった。

鬱花さん、やっていた、嬉しい。

お椀空けてすぐ撮影したので湯気で曇りました。

ここのお庭には和風の噴水があります。水の音で安らぎます。

貴重なお店です。

ティラミスが付きますが

冷水よりお茶がほしい。ここのサンドウッチもおいしい。


久しぶりの三重県美術館で絵心と体の栄養を

テーマ:

 

大正期に強い個性を発揮しながら20歳で亡くなった洋画家、関根正二〔せきね しょうじ〕(1899-1919)の生誕120年/没後100年を記念する展覧会。情熱的な制作、鮮烈な色彩を用いた精神性豊かな作風が今も多くのファンに愛されるこの画家の全貌を、近年発見された資料や交流のあった作家の作品をまじえて、20年ぶりに紹介します。

 

調べたら20年前に愛知県美で関根展していたのに、記憶にありません、トホホ

春はバラを観ながらランチができます。





イガミは白身で歯ごたえがあるけれど食べやすくおいしい、刺身ですね。

右の下の白い物がそれです。

 

ブダイの形態写真

体長45cm前後になる。やや側扁する。鱗が大きく目が小さい。頬の鱗列は1。歯は完全に癒合せず、見た目は乱ぐいの犬歯。尾は円形。成長して雄に性転換し、雄は青い。これを「青ブダイ」とも。[雄]

漢字 部鯛、不鯛、武鯛、醜鯛、舞鯛
由来・語源 ブダイは東京、相模湾、伊豆方面の名。
■ 海の中でも水槽でもクルリクルリと舞うように泳いでいるため。
■ 「武ばった顔つき」から。
■ 「不細工」であるから。

知っていたら通人級だと!夫は知っていた。

 


ぼけぼけですいません。

ジャガイモのスープ、蟹が散らしてあります。

水槽にはオマールエビ、鹿肉は800円増し。

 

このレストランは昔からおいしくはずれたことがありません。

昔のテーブルクロスは私も好きなジュイ布でした、

藤田嗣治やマリーアントワネットのお好みの布。

 

パリ郊外のジュイ布美術展、藤田のアトリへやランスのチャペルも行けたのがラッキーでした。

バラも咲くフジタのパリ郊外のアトリエ訪問

 

心残りのトワルドジュイ美術館見学

 

三重県美術館ランチ

 


 

 

デザートは味見したいので1人前。皆良い味。

 


美術館の庭。

 

常設展で佐伯祐三 油絵は自画像とパリ風景の2作

やシャガール、ムリーリョ、藤島武二、村山 槐多 、伊東深水などの絵、

柳原義達の彫刻を見ることができます。

 

関根は東郷青児に田口真咲を取られて失意に。東郷は宇野千代などと色恋沙汰で有名。

珍しい東郷の抽象絵の絵も展示。

伊東深水と幼なじみ。

 

又絵の事、ゆっくり。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR