玉三郎御園座特別舞踊公演「秋の色種(いろくさ)」「傾城雪吉原(けいせいゆきのよしわら)」

 

 

 

 

昨年歌舞伎座で鑑賞した「秋の色種」と「傾城雪の吉原」なので迷いましたが、新御園座で初の玉三郎なので。

2階席から。

 

3日のみの公演でチケが入手できなかった方も多く、気にしていられました。

 

口上は50年前の御園座や中日劇場に出演されたお話から結構たっぷり

 

これだけでも来てよかった!

 

98年仁左衛門丈の襲名披露公演、見なかった私。

 

襲名披露でチケ高くあきらめたのでしょう、なんという事か。

 

 

 

 『秋の色種』は、秋の草花や虫の音を歌詞や三味線の演奏にとり入れた季節感あふれる長唄で、秋の情景を艶やかに踊る。

曲がいいのになかなか上演されない舞踊だそうです。

 

二回目の鑑賞でようやく虫の音の表現を堪能、確かに美しい音色。

 

 

 

 

 

8月の新作「雪之丞」中日新聞と渡辺保の劇評と賛否両論あり、それは又。

http://watanabetamotu.la.coocan.jp/REVIEW/BACK%20NO/2019.8-1.htm

 

 

昨年はこの舞踊で若手梅枝、児太郎と踊り、玉三郎が衣装替えの間に二人が琴の演奏で楽しませてくれました。

https://ameblo.jp/m2532mmm/entry-12395918726.html 

 

阿古屋でもわかるように玉三郎丈は若手の指導も目覚ましい。

 

 

 

隣席の母娘さんは初めての玉三郎公演で美しいと感激されていらっしゃいました。

 

9月下旬には玉三郎のシネマ歌舞伎もありますからお勧めしました。

 

傾城雪吉原は衛星劇場で今月テレビ発放送❕

3日(火)後5:30、12日(木)後5:30、23日(月)後5:30

 

片時も目が離せないような哀しいような美しさ、傾城ですから。

 

口上から始まり、雪吉原傾城で終わり、浄化されました。

 

 

以下は引用

玉三郎が「夢幻能」を現出させた「傾城雪吉原(けいせいゆきのよしわら)」(Bプロ)@歌舞伎座 12月23日夜の部

http://www.yoshiepen.net/entry/2018/12/26/215432

 

「傾城と雪」の取り合わせの歌舞伎舞踊は、平成21年12月の「歌舞伎座さよなら公演」で、先代芝翫が「雪傾城」(『月雪花名歌姿絵』の一部)として披露している。この時は、児太郎、そして現芝翫の子息たちも共に踊ったとか。元をたどれば、成駒屋の持ち舞踊だという。残念ながら見逃しているが、先代芝翫の喜ぶさまが、目の前に見えるような気がする。 

今回の玉三郎の新作舞踊は、それを踏まえつつ、新しい趣向を凝らした舞踊である。成駒屋版とは一線を画するという、玉三郎の強い意思を感じる。孫たちと踊った先代芝翫とは違い、玉三郎はあくまでも孤高の傾城を踊る。華やかさの中に、切々とこちらに迫る悲しみがある。それは、雪のために訪れることがない恋人を惜しむというのと同時に、「待つ」女性の癒されることのない孤独感を描いてもいる。それは、美しい自然(景色)が必然的にかき立ててくる空虚感と、どこか重なり合っている。この空虚感を出している点で、玉三郎版「雪+傾城」は、成駒屋版とは決定的に異なっている。玉三郎は自身の孤高のサマを、後につづく女方たちに示そうとしたのかもしれない。舞踊というものは、つまるところ「孤独を踊る」ものだと。

しかも、この舞踊、序破急に則っていて、明らかに能の三番目物を意識した作りになっていた。私が今までに見た(DVD版を含む)能の番組でいえば、『井筒』、『熊野』、そして『松風』に近かった。三番目物は舞の要素が濃い物で、シテは美女の霊のことが多い。『井筒』、『松風』のシテは、まさに帰らぬ人を「待つ女」である。

玉三郎が、歌舞伎舞踊「京鹿子娘道成寺」を、いかに能を採り入れて、新しい舞踊に変身させたかを、ドキュメンタリー形式で追った番組を思い出した。

 

スポンサーサイト



続宮崎駿「最貧前線」舞台鑑賞しました。

 

皆さん、ハンサムですね。

 

キャストは全員男子ですがスタッフは女性が多いとか。

 

戦争中、動物園では猛獣たちが残酷に餓死、毒殺、絞殺などされました。

 

田舎や動物商に移動させるとか工夫もない。

 

動物は狂暴な人間を恐れています。

 

賢いゾウは独えさを食べなかったが…

 

家庭の犬ネコも兵隊の防寒具のために供出させられました。

 

お寺の鐘や思い出の指輪、など鉄製品、貴金属等々救出され、

 

金属製のものは陶製で代用されお金まで陶製を大真面目で考えられた。

 

世界を相手に勝てるはずないのに、狂気です。

 

今も地震国なのに54基もの原発があり、そこを狙われたら簡単に日本など消滅。

 

愚かすぎる。

 

さてこの舞台は軍艦など米国に撃沈され(それを隠していた政府、新聞)

 

代用に漁船、漁師が狙われました。

 

冷酷な軍人は生きて帰るのを恥だと考えるが

 

海の男は、生き抜くことを考えて、宮崎さんですからその強い思いが軍人を変えていく…

 

井上ひさしの一人芝居「化粧」で内野さんを観たので、観たくなりました。

 

昼ドラでは気弱な田舎の青年を演じている風間君が凛々しくも冷酷そうなエリート軍人を演じています。

 

エリートがなぜ漁船に(・・?

 

俳優さんもすごい。

 

舞台は木造船の大道具を動かし照明や音楽で嵐や戦闘を表現します。

 

人力でも船を動かします。

 

私はチケ遅く買ったので2階席ですから全体が見渡せました。

 

迫力あり。

 

当日券もありましたが満席のようでした。

 

 

 

以下は引用

 

 

宮崎駿氏のオリジナル作品「最貧前線」(『宮崎駿の雑想ノート』より)の国内初の舞台化。宮崎氏が模型雑誌『月刊モデルグラフィックス』(大日本絵画刊)に1980~90年代に不定期連載した『宮崎駿の雑想ノート』は、戦争の時代に兵器と人間が織りなしたドラマを描いた連作絵物語&漫画で、「最貧前線」はその中の11番目の物語。大平洋戦争末期の事実をもとに、平和への願いを込めて描いた5ページの小品で、南方の海の最前線海域に監視艇として派遣されることになった小さな漁船に乗り込んだ軍人たちと漁師たちの人間ドラマが繰り広げられる。太平洋戦争末期、小さな漁船・吉祥丸に徴用の知らせが届く。ほとんどの軍艦を沈められた日本海軍は、来襲するアメリカ軍の動静をそれでも探ろうと、漁船を海に駆り出して、見張りをさせようとしたのだ。特設監視艇となった吉祥丸に乗り込んだのは、元々の漁船の船長(内野)と漁師たち、そして艇長(風間俊介)とその副官(溝端淳平)の軍人たち。航海経験に乏しい軍人たちは、鯨を敵潜水艦と間違えたり、嵐になる兆しを察知できなかったり、海の職人である漁師たちとことあるごとに対立してしまう。やがて軍人たちは、漁師たちの知識や行動力に一目置くようになり、徐々にお互いに信頼感を芽生えさせていく。しかし、戦況は厳しく、吉祥丸は海の最前線ともいうべき南方の海域に、わずかな武器を携えて急きょ派遣されることになってしまう。果たして、吉祥丸は帰って来られるのだろうか…。内野は、監視艇となった小さな漁船・吉祥丸の元々の船長を演じている。舞台版「最貧前線」ならではの魅力について内野は「恐怖、不安、畏れ、喜び、希望、そういうものを、今を生きる人間たちの生身の精神と肉体でなまなましく演じられていくことが一番の魅力だと思います。日本が歩んだ道のりは、歴史の教科書の中にどんどん入りこんでいくけれど、ライブ感の中で沢山生生しくお客様の心に届くといいなと思っています。」と答えた。👈

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月末~10月に上演される、「宮崎駿の雑想ノート」より『最貧前線』に出演する内野聖陽、風間俊介、溝端淳平の3ショットビジュアル

、そしてスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーよりコメントが到着した。『最貧前線』は、宮崎駿が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」に1980~90年代に不定期に連載した『宮崎駿の雑想ノート』の中の一つの物語。わずか5ページの小品ながら、宮崎らしいユーモアとスペクタクルを併せ持った内容で、舞台では太平洋戦争末期、ある目的により小さな漁船・吉祥丸に乗り込んだ漁船の船長と漁師、日本海軍たちの姿を描く。株式会社スタジオジブリ 代表取締役プロデューサー 鈴木敏夫 コメント今回、宮さん(宮崎駿)のオリジナル作品が初めて国内で舞台化されるが、戦争の真っただ中にいる人間たちをどのように描くか、そこに注目したい。本公演は、2019年8月27日(火)~29日(木)神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホールを皮切りに、全国8か所、横浜、豊橋、水戸、上田、新潟、東京、兵庫、大和にて10月まで上演される。【STORY】物語の舞台は太平洋戦争末期の日本。ほとんどの軍艦を沈められた日本海軍は、来襲するアメリカ軍の動静をそれでも探ろうと、苦肉の策として漁船を特設監視艇として太平洋に送り出します。乗り込んだのは、元々の乗組員の漁師たちと海軍の兵士たち。海の最前線に送り込まれた男たちは、果たして無事に帰ってこられるのだろうか…。船長役を内野聖陽、海軍指揮官に風間俊介、海軍副官を溝端淳平が演じます。 👈

宮崎駿「最貧前線」とのんほいのステル、

今日は朝8時からオープンしている豊橋のんほいパーク(8,9月のみ8時から3時半まで開園)と観劇に行ってきました。

 

宮崎駿 内野聖陽 風間俊介 溝端淳平と聞いては、しかもこの題名、戦争物,行き抜け!という主題ではいかずを得ませんでした。

 

連ドラ「やすらぎの刻」ではちょっと頼りない青年を演じてる風間君がエラソーな軍人に!

 

詳しくは又。

 

 

 

2018年12月23日 - 水戸芸術館ACM劇場プロデュースで、2019年夏に「宮崎駿の雑想ノート」より『最貧前線』が舞台化されることが決定した。宮崎駿オリジナル作品が国内で舞台化されるのは、これが初となる。上演は、水戸芸術館のほか東京・世田谷パブリック ...

 

宮崎駿のオリジナル作品 国内初の舞台化決定!

原作

宮崎駿

脚本

井上桂

演出

一色隆司

出演

内野聖陽 風間俊介 溝端淳平
佐藤誓 加藤啓 蕨野友也 福山康平 浦上晟周 塩谷亮 前田旺志郎
ベンガル


 

 

 

追記 ニッポン放送で放送されたラジオ・ドラマ『宮崎駿の雑想ノート』から収録したドラマCDが出ています。 人間と兵器が織り成し、歴史の狭間に消えた狂気の情熱を描く、珍無類なる戦史ドラマ。イッセー尾形の語りによる「最貧前線」を収録。 米軍に戦艦が撃沈されてしまったので漁船、漁民が徴用されました!

新版雪之丞を鑑賞(^^♪


イメージ 1

 「歌舞伎美人」より拝借の画像。
『新版 雪之丞変化』左より、坂東玉三郎、市川中車

雪之丞のブルーに白い水玉模様がとてもきれい。

玉三郎の衣装、かんざしなどはもう芸術の極み

8月の納涼歌舞伎は肩の凝らない演目をという玉三郎、
嬉しい演目です。

中車は冒頭に二木弾正の扮装で登場、劇中劇とはいえ、二木弾正の役とは嬉しいでしょう。5役演じて大活躍の中車。


以下は歌舞伎美人より引用です。
 第三部は『新版 雪之丞変化』。玉三郎がストーリー構成、演出を見直し、自身で雪之丞を演じることで、これまでに幾度も映像、舞台化されてきた『雪之丞変化』が生まれ変わります。幕が開くと、まず驚くのはそのシンプルな舞台装置。そこに今作のために撮り下ろされた映像や、これまで演じられてきた玉三郎の舞台映像が映し出され、舞台上で進行する生身の俳優の芝居と絡み合います。舞台から映像、映像から舞台へと物語を繋いでいき、徐々に描き出されていく雪之丞の心情。そのスピード感、美しさに観客は息をのみ、引き込まれていきます。
 
 『新版 雪之丞変化』坂東玉三郎
 雪之丞と同じ一座の役者、秋空星三郎を勤めるのは七之助。歌舞伎の名場面を二人で演じてみせたり、先輩として雪之丞を引き上げ、やがて病魔に侵されながらも、雪之丞を導きます。中車は、雪之丞の師である中村菊之丞や盗賊闇太郎など、5つの役を勤めますが、今回は映像も使いながらそれぞれの役柄を演じ分け、雪之丞と対峙します。まるで雪之丞の心のなかを映すような静謐な舞台面のなか、『元禄花見踊』では客席が明るい光にあふれ、華々しい幕となりました。

http://www.kabuki-bito.jp/uploads/source/2019news7-8/tamasaburo_yukinojo.jpg
 『新版 雪之丞变化』 坂東玉三郎の中村雪之丞(撮影:下村一喜)
 8月9日(金)に初日を迎える、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」。第三部で上演される『新版 雪之丞変化』について、坂東玉三郎が語りました。
新たな『雪之丞変化』を
 今年、歌舞伎座の納涼歌舞伎に初めて出演する玉三郎。「納涼らしい、娯楽性が高いものがいいと思い」、今回、『新版 雪之丞変化』の上演に至りました。
 
 これまで何度も映像化、舞台化されてきた『雪之丞変化』。今回、演出も兼ねる玉三郎自らが構成を大きく見直し、新版として生まれ変わります。『雪之丞変化』の物語は、「通常の手法で劇化すると、3時間やっても間に合わない」ので、『新版 雪之丞変化』では映像を用いて物語をスピーディーに展開させ、「芸術と敵討ちを(雪之丞が)自分でどう受け止めるかという話に凝縮し、(雪之丞の)芸術に対する心情に絞って」、見せます。
 
 「敵討ちも、やってしまったら無意味なもの。女方も、役者も消えていくもの。だから、華やかにしなくてはいけないという思いを込めた作品です。敵討ちではないところ、芸道の修行であったり、いろんなところでの修行が主。それで、敵討ちをしてしまったあとに、雪之丞が、そうやって生きてきたけれど、敵討ちというのはなんだったのかという芝居です」。その意図を盛り込むための工夫が散りばめられ、原作にはない七之助の役、秋空星三郎も加えられました。星三郎は雪之丞と同じ一座の先輩役者。才がありつつも若くしてその命を散らした役者の象徴のような役になるようです。
 
期待が込められた抜擢
 玉三郎、七之助、中車に1名を加えた、たったの四人の出演者で進行する、今回の舞台。秋空星三郎の弟子、鈴虫をダブルキャストで勤めるのは、尾上音之助と坂東やゑ六です。「(鈴虫は)とてもいいお役。やっぱり、新人がこういうところに出てくる必要があると思う。活躍してもらいたいので」と、二人への期待が表れます。鈴虫は、狂言回しの役割も果たし、雪之丞の生い立ちや、場面転換を語り、玉三郎が勤める雪之丞とともに物語をつないでいきます。
 
 また、今作では舞台装置は置かず、映像と実演が入り組んで展開していく、「連鎖劇の味」があると玉三郎は明かします。映像を担当するのは、脚本・演出補も勤める、日下部太郎。山崎咲十郎の本名です。玉三郎も今作では脚本の補綴を行っており、「脚本と演出は、二人でやっています。(咲十郎は)立廻りもよくつくってくれているので、どういう風にするかをよく理解している。歌舞伎座の舞台構造のことも、よくわかっている。そして、彼は映像も好き。こういう人に、どんどん、これから活躍してほしい。脚本も、やっぱり幕内からも出てもらいたい。座付作者のように」と、抜擢に至った背景を語りました。
 
 映像を使ったテストはこれからで、「映像を用いた作品は、実際に舞台上で演じる役者と映像を見ないとバランスがわからない。映像は使うのが難しい」としつつ、「これがうまくいけば、(歌舞伎座でも)まだまだいろいろな作品ができるんじゃないかしら」と、思いを込めます。第一部、第二部、第三部と彩豊かな狂言立てが並ぶ「八月納涼歌舞伎」。第三部は「楽しくてあっという間に終わるんじゃないかしら」という玉三郎の言葉に、期待が膨らみます。 

冒頭に政岡と八汐の対決シーン
その他雪之丞がやりたい役ということでぱっぱと映像が飛び出す。

「金閣寺」の雪姫」「八重垣姫」「助六の揚巻」「籠釣瓶」「二人椀久」「鰯売り」の傾城蛍火
大役です。観客には大ご馳走

鷺娘の映像に地獄の炎が上がり、生の舞台では見られない壮絶シーンになりました。これはすごい。



実写の川面のきらめきも美しい、水なしでは生きられない人間、
太平洋戦争では水のない硫黄島で兵士を全滅させた日本政府、軍隊。

イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」名作ですね。






舞台に戻って

いつも七之助に教えてる玉さんがこの舞台では反対に弟子のような役

かたき討ちと芸道に生きる雪之丞

それに中車の5役が絡みます。悪役は得意中の得意。

橋蔵の映画「雪之丞変化」では闇太郎と2役だったような、
この舞台では玉三郎がなんとあの方に扮しスクリーン登場


役者にはお米作るお百姓さんや家を建てる大工のような働きはないと雪之丞は言いますが


芸術家がいなくては国も人間の心もほろびます。

イメージ 2

この舞台、暗いのですが
最後は宝塚のように華やかな元禄花見踊り

このクライマックスにある女性がスマホを光らせて連れの女性と退席、信じられない。


玉三郎はこの立兵庫のかつらがお似合い、
また衣装替えで黒地のこの着物の着替えるとさらに立派。

鈴虫をダブルキャストで勤めるのは、尾上音之助と坂東やゑ六、どちらの役者で観たのかわからないのですが、よかった。

玉三郎は若い人を抜擢します。大役でも自分で独占しないで若手に伝授します
これはなかなかできないことです。
子供には教えるが他人には…


橋蔵の映画「雪之丞変化」が懐かしい。橋蔵も6代目菊五郎の芸養子で女形でしたが
映画界へ。今なら歌舞伎と掛け持ちもできるけれど。

イメージ 2

最後まで6代目譲りの芸風を守った人。舞台も欠かしませんでした。

「藤娘」「源氏物語」(観たかった)「銭形平次」「保名」「娘道成寺」

イメージ 3

当たり役の映画「新吾十番勝負」シリーズは全面広告に出ていたのを覚えています。

のちに京本政樹が南座で演じた舞台の招待券が当たり母と観に行きました。

先代猿之助のパートナーの藤間紫さんが「橋蔵さんを忘れないで」と言っておられました。
その紫さんも今はいない。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

抱腹絶倒「東海道中膝栗毛」



イメージ 1

「東海道中膝栗毛」は昔から有名で歌舞伎の人気作で完売、
どうしてチケが取れないかと、
不思議でした。

イメージ 3


シネマ歌舞伎にもなっていますが私は観たことがありませんでした。舞台も。
昨日
一幕見も大勢さん並んでいて、もう完全に立ち見と言われてもがっかりもせず、
皆さんおとなしく列に並びました。

私は座われるという言われたので並びました。


冒頭に映像から始まりはこれだけで笑いが止まらない。

前作ではラスベガスまで飛んだとか。

ハンサムな幸四郎がおかしなメイクwwwで楽しい。

中車と團子親子、幸四郎と染五郎親子

しばらく見ないうちに大きくなつています。

中車と大きなカマキリや韋駄天のアスリートお七www

にぎやかな海の中や花火、大滝の本水での大立ち回り、これでもか、これでもかと繰り出します。

お富与三郎など歌舞伎のパロディ、宙乗り、
時事問題も繰り出し大サービス
だから一幕目に並ぶしかないのですね。

バカバカしいかもしれないけど、大笑いできるのはうれしい。

「歌舞伎界一番のイケメン」隼人が珍妙なメイクで( ´艸`)

イメージ 2

中村獅童、映画界の大スター中村錦之助、中村嘉津雄は親せき。

以下は歌舞伎美人(かぶきびと)より。

第二部は納涼歌舞伎らしさが詰まった、『東海道中膝栗毛』。猿之助の喜多八と幸四郎の弥次郎兵衛の旅が、いよいよ4年目を迎える今作は、意外な展開で始まります。再び伊勢参りへ向かおうとする二人ですが、今年もそう簡単に事は運びません。空から海へ、さらには山の中へと舞台を変え、災難に巻き込まれながら、珍道中を繰り広げます。
 
 
 『東海道中膝栗毛』左より、市川團子、松本幸四郎、市川猿之助、市川染五郎
 染五郎と團子は雲助の染松、團市として登場。物語を運ぶ役割を果たします。また、七之助が七化けお七として登場したり、中車が鎌川霧蔵でカマキリを彷彿とさせる姿で登場したりと、今年も大勢の出演者で舞台を盛り上げ、客席からは笑い声が絶えません。大滝の中での本水を使った立廻りに、舞台上での花火を使った演出もあり、まさにお祭り騒ぎ。同時宙乗りで二人が浮かび上がると、会場は大きな拍手に包まれました。
 

続きを読む

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankich 天邪鬼&極楽蜻蛉

動物園訪問日記

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR