ピューマとブラックジャガーの女の子、チンパンジーの子供遊びまくる!



2月に生まれているのでもうこんなに成長してました。

高い擬岩からジャンプ!

めまぐるしく訓練してました。
ママも優秀、
午後はさすがに疲れたのか、親子d絵よりそう寝てしまいました。

そのほかにゾウのトレーニング【お辞儀したり、足上げたり、飼育員さんを背中に乗せたり】

や赤パンダやペンギンの餌やりを観ていて、6時間も動物園にいました。

スポンサーサイト



三河の美猫、のんほいパークのステルちゃんの動画♪

 

編集

 

ああ、おなじみになりたい。

9月はおなじみさんがいて私にも撮りやすくしてくださいましたしステルの顔が違います。

 

ステルちゃんは飼い猫になった方が幸せだったと思います。

お金持ちしか飼えません。

www.youtube.com

ああ、おなじみになりたい。
9月はおなじみさんがいて私にも撮りやすくしてくださいましたしステルの顔が違います。

ステルちゃんは飼い猫になった方が幸せだったと思います。
お金持ちしか飼えません。

 https://ameblo.jp/moris5235/entry-12535040407.html←その他の画像はこちら


このすざまじい鳴き声は(・・?

 

昨日東山動物園でテナガザルの隣、ワオキツネザルの隣で大ゲンカのような鳴き声がしました。

 

エリマキキツネザルの鳴き声でした。

隣との壁をどんどんやったりまるでけんかのようなけんか怒鳴り声、また優しい声もします。

 

フクロテナガザルのケイジ君どころではありません。

 

なわばりを示すものらしい。

 

天王寺動物園のコアラが話題になっていますが東山ではじめて外の獣舎にいるコアラを発見!

 

コアラの学習会で外の獣舎にコアラがいたのを見たことがないと質問しましたが。

 

 

 

 
 
 
エリマキキツネザルはマダガスカル島の熱帯多雨林だけに生息しているキツネザルの仲間で、キツネザルの中ではもっとも体が大きく、がっしりした感じがする。クロシロエリマキキツネザル(本種/Varecia variegata)とアカエリマキキツネザル(Varecia rubra / Red Ruffed Lemur)の2種が知られているが、いずれも体色ははっきりと分かれている。クロシロエリマキキツネザルの毛色は白と黒に分けられていて、顔のまわりには長いふさ毛がエリマキのように生えていて、これが名前の由来になっている。また、アカエリマキキツネザルでは、クロシロエリマキキツネザルの白色の毛が赤茶色になっているが、両種共、いずれも体毛は長く、体全体を密に覆っている。キツネのようにとがった鼻も特徴的で、嗅覚は鋭い。本種・クロシロエリマキキツネザルはマダガスカル島東部の湿度の高い常緑樹林に生息していて、ほとんど樹上生活をしている。標高1300m辺りまで生息していて、ふつうは2~5頭程の家族単位の小さな群れで暮らしているが、時には10~16頭程の群れも見られる。昼間に行動するが、特に朝方や夕方には活発に活動し、樹間や枝から枝へと敏捷に動きまわる。行動範囲は食料事情などによって幅があり、0.15~2k㎡と大きく変化するとされている。樹冠近くで主に果実類を採食するが、木の葉や花なども食べる。手は親指と他の指が対向していて、木の枝や物をつかむことができるが、採食するときにはあまり手を使わず、直接口で食べることが多い。また、いくつかの地域では、地上に降りて菌類や土壌を食べることも観察されている。土を食べることはワオキツネザルなどでも観察されているが、これはナトリウムの摂取量を増やすためだと考えられていて、土壌に含まれている塩分を摂取していると言われている。しばしば群れ全体で大きな鳴き声をあげるが、その鳴き声は一頭だけでもかなり遠くまで聞こえる。この鳴き声は動物園などでもよく聞くが、縄張りを示すものだと考えられている。繁殖は6~7月頃に見られ、一夫一婦と言われているが、一夫多妻であるのではないかとも考えられている。妊娠期間は90~102日程で、1産2~6子、普通は2~3子を出産する。キツネザルは原始的なサルだが、エリマキキツネザルはサルにしてはめずらしく樹上に簡単な巣を作り、そこで子育てを行う習性がある。また、キツネザルの仲間は、菜食に出かけるときなどは子どもを一緒に連れて行くが、エリマキキツネザルだけは子どもを巣において採食に出かけると言われている。子どもには半年ほどの授乳期間があり、雌雄共に2年程で性成熟する。野生での寿命は20年程度と言われているが、飼育下では30年を超えるものも知られている。外敵はフォッサなどだが、近年では森林伐採などの影響で、キツネザルの仲間の生息数は減少している。エリマキキツネザルも同様で、生息地も分断されてしまい、生息数はかなり減少している。現在、クロシロエリマキキツネザルには下の3亜種が知られているが、いずれも生息数が少なく、国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって絶滅危惧種・CRとして保護されている状況になってしまっている。クロシロエリマキキツネザル (Varecia variegata variegata)Variegated black-and-white ruffed lemur ・ Pied black-and-white ruffed lemur・ナンブクロシロエリマキキツネザル (V. v.editorum)Southern black-and-white ruffed lemur ・ Hill's black-and-white ruffed lemur・ホクブクロシロエリマキキツネザル(V. v .subcincta)Northern black-and-white ruffed lemur ・ White-belted black-and-white ruffed lemur また、マダガスカル島北東部に分布しているアカエリマキキツネザルも、絶滅危惧種・CRとしてレッドリストに指定されている。

天王寺動物園にジャガーが来園(^^♪


www.youtube.com

 

何かと可哀想な事件が続いた天王寺動物園にジャガーが来園。

 

ルースさん、刺激になるかな、

 

隣のジャガオ君の部屋がシャッター降りてるのは寂しすぎました。

 

東山には大型ネコ科の獣舎がない(´;ω;`)早く作って、導入してほしい。

 

昔は大型ネコ科が好きな園長がいてユキヒョウなど沢山いたという。

 

アライグマ、フェネック、セグロジャッカル、次々死んで淋しすぎる猫監獄部屋。

 

早く何とかしてください!

 


 

こんにちは 飼育スタッフですブログチェックのみなさま ありがとうございますネコ科の動物さんたちにマタタビプレゼントの様子が担当さんから届きましたよ~今回プレゼントしたのはコチラ
IMG_0286s


 

午前の高齢組。

ピューマピコさん♀
前日ににおいをかがせてみたときは特に反応もなかったので、どうかな?と思っていたのですが、

展示場に出るとマタタビにまっしぐら。しばらく顔をスリスリしていました。

IMG_0294s

でも、「レディたるもの、人前でデレデレなんてできないわ~」と思っていたのかどうか??

寝転がったりはせず、立ったままお上品に顔だけスリスリしていました。
IMG_0305s
 

 

ベンガルヤマネコセイ♂

おやつのお肉といっしょに展示場におきましたが、セイがほしかったのはお肉だけ!

マタタビのにおいも何度かかぎに行きましたが、その下にお肉がかくれていないかさがしていただけ…。

ないとわかると踏みつけて歩いて行ってしまいました…。
IMG_0338s

高齢になると反応は薄くなるようですが、若者のころならゴロニャンと喜んだのかな??

 

 

午後の若者組。

ピューマロック♂

いかつい顔をしているのにけっこう繊細なロックくん。
IMG_0373s

たくさんのカメラに緊張したのか、15分以上マタタビはそっちのけで展示場をうろうろ。

みんなが次にマタタビをもらうジャガーのルースちゃんのところに移動したすきを狙って、寝転がってスリスリ開始。
IMG_0437s

1回のスリスリは長くは続きませんが、歩き回っては少しよだれもたらしながらスリスリを繰り返していました。


 

ジャガールース♀

定例のおやつタイムの時間でもあったので、とってもたくさんのみなさまの注目をあびながらも、ルースはマイペース。
IMG_0383s

まずはおやつをさがしまわって味わった後、おもむろにゴロゴロスリスリ。
IMG_0488s

マタタビを前足でかかえこんでゴロニャンとしている姿に「カワイイ~!」と歓声があがっていました。


があがっていました。
IMG_0493s

今回のマタタビプレゼントで一番お客さまのハートをつかんだのは、ルースちゃんだったのではないでしょうか。

 

ルースちゃん、大好き。もう孫までいる!立派(^^♪

ベンガルヤマネコはもういない。


動物園の虐待

https://ameblo.jp/tatemeoyaji2011/entry-12530730532.html


ええ、飼育員が虐待して…円山動物園のその動画は途中までしか見られませんでした、

飼育員によるウッチーさん虐殺事件!

 

なぜ100歳に相当するマレーグマを若いオスに襲わせて、救い出しもせずに!(´;ω;`)

 

 

天王寺のコアラ屋外飼育はいいなと思っていたのに。東山も屋外飼育場あるのに、使われてません、

 

飼育員に質問したら、

後から作りコアラ出入りが困難と、そんな!

 

天王寺は最近、まだ若いトラが死亡してるし、アシカの赤ちゃんが行方不明になり…

 

東山でつい先日マヌルやジャングルキャットの名前書いてほしいという願いに、腰まであるトレッドヘアーの男性有名飼育員は
 
それならメダカにも名前を付けなくなるという返事にはがっくり来ました、
 
沢山の鹿の名前特徴も書いてくれてる女性飼育員もいるのに。

天王寺のまだ若いトラが死んだのも問題ですね。どうしたんでしょうか。
 
  •  

    先日,天王寺動物園でやっとアークさんの顔が見えたのですがその後、渡英すると知り驚愕しました。
  •  
  • ファンの反対もニュースになっています。

  • 天王寺の排水溝にアシカのあかちゃんが!哀しい事故.
  •  
  • 私も昨日、ジャガーのアスカさんがいつもと違い寝てばかりで心配になりました、
  • スマトラトラのオスも面会謝絶です。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR