「おやすみ日本」で、大竹しのぶさんがRADWIMPSの「オーダーメイド」を歌う+放送禁止曲

NHK「おやすみ日本」で、大竹しのぶさんがRADWIMPSの「オーダーメイド」を唄われていました。上手すぎて凄すぎて痺れた……眠気飛んだ……。

  • 大竹しのぶさんは歌う時も憑依型よね。

    今NHKでオーダーメイドを歌ってたんだけど、歌詞一つ一つに感情がこめられていてすごく素敵だった☺️

    今NHKでオーダーメイドを歌ってたんだけど、歌詞一つ一つに感情がこめられていてすごく素敵だった☺️ 真夜中にこんな番組放送してるのに気がついたのは前回三谷さんが出ていたときからです。 そのときは坊さんが出て色々教えてくれていいかもと」 、 今回は大竹さんが出るというので録画 私はあるときから早寝になりましたから。 彼女の祖母は今の津田塾大にはいるほど、内村鑑三、幸徳秋水と交流あり、渡米も。 父母は清貧、平和主義者。

    • 岡林信康「手紙」野田洋次郎さんの『チューリップのアップリケ」も放送禁止曲!
       
      おかしな話ですね。差別や貧困が今もあるのに。
       
      私は大竹さんの演技や歌が好きで宇s、誰にも負けない力があります。
       
      入院中にも「ピアフ」を見に行ったぐらいです。
       

    スポンサーサイト



    松坂屋の「チコちゃんに叱られる」

    松坂屋の「チコちゃんに叱られる」名古屋城とチコちゃん

    5歳のチコちゃんが素朴な疑問で大人たちを不意打ちする大人気バラエティ番組『チコちゃんに叱られる!』の物販イベントが松坂屋名古屋店にやってきます!叱られフォトスポット、縁側セット再現、4月に歌手デビューを果たしたキョエちゃんのステージなど、チコちゃん・キョエちゃんと一緒に撮れる3つのフォトスポットの展示や、300点以上のグッズを取り揃える販売コーナーなど盛りだくさんでお届けします。


     

    キョエちゃんが憎めない。

    名古屋市博物館の絶滅動物研究所も3日もお休みで観られませんでした。

    平日なのでスキスキ、撮影もしましたがスマホ投稿ができないので(´;ω;`)

     

    AD



    「宮沢賢治の食卓」とプラセンタ

    テーマ:

    原作は読んでませんがWOWOWのドラマ化を鑑賞、最初の2話を見逃しました。

     

    本放送も知らなかった。

    https://www.wowow.co.jp/dramaw/kenji/caststaff/

     

    引用はじめ

    『銀河鉄道の夜』『雨ニモマケズ』などで知られる、国民的作家・宮沢賢治。
    孤高の存在として語られる印象とは裏腹に、じつはユーモアに溢れた好奇心の人でした。 賢治とは一体どんな人物で、如何なるものを食したのでしょうか!?

    賢治の愛した食べ物には、家族や隣人、そしてやがて早逝する最愛の妹への深い愛情が
    秘められていました―。

    若かりし頃の天真爛漫な宮沢賢治の青春時代を、彼の愛した食やクラシック音楽を通して、家族や親しい人たちとの関わりを描いた感涙必至の物語。
    特に傑作詩篇「永訣の朝」にうたわれた最愛の妹・トシとの死別に描かれる兄妹愛の行く末は、涙なくして観られません。今までの映像作品ではなかなか描かれなかった、泣いて笑って躍動する、瑞々しい宮沢賢治 by 鈴木亮平に是非ご期待ください!!👈WOWOWHPより

     

     

    宮沢賢治と言えば童話を読み井上ひさしやわらび座の舞台を鑑賞。

     

    3月には松田龍平「イーハトーボの劇列車」👈


     

     

    子供の頃は賢治の童話を読んでも難解でした。

     

    今も井上ひさしの舞台の賢治も観てるだけで理解できてない情けない私。

     

     

     

    大人になって買った「猫の事務所」

    は悲しくて胸が痛かった。差別が一番私にはこたえます

     

    本作は賢治が作った食物、当時は貴重すぎるアイスクリームやシチュウー、焼きリンゴ

    私も大好きだったコロッケの回は見逃し。

     

    母が作ってくれた手のこんだコロッケが懐かしい。私も子供のために作りました。

    今週偶然久しぶりにコロッケ作りました。

    時間はかかるし、手はベトベト、

    でも市販のコロッケを好まない次男も喜んで食べます。

     

    カレーもレトルトではなく家で作ると、好評かな

     

    お話に戻って

    恋人の家の鳥南蛮蕎麦や持参したお重のご馳走。

    朝ドラの「ごちそうさん」の美味しそうな柿の葉寿司や、俵型と三角おにぎり思い出します。

    地域により三角と俵型は意味が違うとか。

     

    動植物の命をもらって体を作ってる人間。

     

     

     

     

     

    そしてやはり悲しすぎる妹の死と、破談

    賢治の恋愛関係には疎いのです。

     

    裕福な家でも結核に罹る。

     

    貧困家庭ならなすすべもない。納屋に押し込まれて死ぬのを待つだけ…

     

    宮沢家は宗教にはまらなければ三井三菱そこまで豪商だったのですね。

     

    妹がヴァイオリン弾いているだけでもわかりますが。

    ミュージカルスターの育三郎君も音楽教師で、登場、あの時代にいつものお洒落な髪型(・・?

     

    最初に賢治の才能を発見した人物として演じられました。

     

    滝の蛍の場面ではCGではなく手をかけて撮影したと。

    鈴木さんのblogに載っています。

     

    引用です。

    「広く作品世界を覆っているのは、作者自らの裕福な出自と、郷土の農民の悲惨な境遇との対比が生んだ贖罪感や自己犠牲精神である。また幼い頃から親しんだ仏教も強い影響を与えている。

    晩年には遺作『銀河鉄道の夜』に見られるようにキリスト教的な救済信仰をも取り上げ、全人類への宗教的寛容に達していたことが垣間見られる。宗教学者からは、賢治のこうした考え方の根本は、法華経に基づくものであると指摘されている[100][101]。この宗教的思想と自然科学の融合した独自の世界観は第二次世界大戦後に日本国外の研究者からも評価され、1996年9月、宮沢賢治生誕100周年を記念して花巻市にて開催された宮沢賢治国際学会では20ヶ国程の研究者、翻訳者が集ったことを歴史家色川大吉は著書で言及している[102]。」

     

     

    追記

    昨日ドラマ「やすらぎの刻」で産婆さんと産婦とその家の男が胎盤を生姜醤油で食べる場面があり仰天。うちの猫のリボンは出産の時食べなかったらしいが…動物は食べると思ってました。

     

    私は昨年秋、乳製品でかつてない腹痛が起きて困ったので、プラセンタ(胎盤)注射するようになりました。弱かった皮膚もましになり、夫は脊柱管狭窄症やひざ痛がよくなりました。彼はコンドロイチンも注射。医師は楊貴妃も胎盤を食べていて、各方面に効くといいます。

    夫は耳鳴りに悩みツボ注射していますがまだ上手くいきません。補聴器の治療も始めます。

     

    かこさとし、日曜美術館

  • facebookでシェア
  • twitterでつぶやく
  • イメージ 1
    加古さんの若い時の作品、戦争で同級生たちは特攻になり、自分は生き残り、ニヒルな自画像を描いていた時代もあった。

    無謀な戦争を見抜けなかったという自責。
    何とかして償わないといけないと!

    大人は何の反省もなかった。

    イメージ 3
    ところがこの笑顔
    子供たちのために生きる。

    労働者の子供たちに、紙芝居を作った。

    その時接した子供の証言かこさんは「同じ目線、やさしい感じだった」という。

    イメージ 2
    馬も鹿も、人間と一緒に踊ってる安富さんの馬思い出します~

    イメージ 4
    読者の中にこれをまねて粘土でパンを作った子供がいます。

    子供からの質問にはすべて返事を書いたかこさん、

    私も子供のために加古さんの絵本を買いました。

    イメージ 7
    「地球ーその中を探ろう」の最後、さすがです。

    イメージ 8
    最後の未完の作品
    イメージ 5
    あらゆる生物の歴史

    人間の歴史は上のはじにあります。
    イメージ 6

    人間の歴史の所には戦争戦争
    愚かな人間。


    2019年7月14日午後8:00-8:45 NHK・ Eテレ「日曜美術館」で「かこさとし」の特集が再放映されます。

    ご存知の「だるまちゃん」シリーズや「からすのパンやさん」とその続編や多数の著作以外にも、手描き紙芝居や絵画作品など2018年5月に92歳で亡くなるまで実に多くの絵を描きました。

    健在だった2017年の貴重なインタビュー(初公開)を交え、そこで語る最後に描きたかったものの下絵も初めて公開。さらなる、かこさとしを知っていただけます。

    放映直後から反響をいただいた番組の再放送です。かこさとし、最後のメッセージ映像にご期待下さい。

    出かけよう、日美旅 「日曜美術館」その舞台をめぐる

    第94回 越前市へ かこさとしも「ふるさと」を訪ねる旅

    かこさとしの生まれ故郷、越前市。
    生まれてから小学2年生までの幼少期のここでの暮らしが、かこの人生において大きな意味を持つことになりました。今も当時の面影が残る自然と暮らし。そこを歩くと、かこさとしの思いを深く感じることができるようです。
    加古さんも通った元庁舎の幼稚園の素敵な建物。☝

    鎌田先生のスクワット、かかと落とし、つま先あげ

  • twitterでつぶやく
  • 鎌田式スクワット&かかと落としのやり方

    最近では、3年間でマイナス9kgの減量を成功させたオリジナル体操も話題の鎌田先生。ウエストも9センチ細くなったようです。
    「カツ丼、カレーライス、揚げ物大好き!」と言うも「食べても太らない身体になった」と話し、その身体を作った“鎌田式スクワット&かかと落とし”を番組で紹介してくれました。

    これも大事ですか鎌田さんの養父の話が感動的だった。

    貧しかったのに、鎌田さんを引き取り大学までいかせてくれた。

    医者になりたいというと「貧しいものが医者に行くときの気持ちを考えなさい」というような意味のことを言われたと。

    今時間があれば医者に行きたい人が多いとか、過酷な労働で心身を壊されてる方が医者にも気軽に行けない後進国、日本です。

    かかと落としやスクワットはおなじみですが、つま先上げ

    私は生まれつきか、片方の足のアキレスが伸びないのでこれは苦手ですが毎日やれば少しできるようになりました。

    大人になるまで転んでばかり、エアロビ習いに行き、転ばなくなりましたが、伸びる方のふくらはぎが太くなってしまいました(´;ω;`)
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    acaluliaのブログ

    鳥待ちdiary

    『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

    アマルフィに憧れて

    しあわせの青い鳥

    東京にしがわ散歩

    心の隙間

    リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
    プロフィール

    hitomi5235

    Author:hitomi5235
    猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR