神戸王子動物園旧ハンター邸

 

 

コアラも赤パンダもいる王子動物園

 

重要文化財

旧ハンター邸

 

ハンター氏夫人は、大阪の薬種問屋平野氏の娘愛子で、夫をたすけると共に、婦人会・日本済生会・神戸保育院などの公共事業に力を尽くし、賢夫人の誉れが高い方でした。 ハンター氏は1917年75才で永眠し、神戸の再度山修法ヶ原外人

 

基礎は石造、外壁はモルタル櫛目引きで、南面と東面にめぐらされた重層のコロネード(列柱式)べランダ、その張り出し部の上には三角形のベジメント(切妻のこと)があって、棟飾りや唐草模様の装飾がついています。ベランダは、はじめ開放されていましたが、日本の風土に適さないために、窓がはめこまれました。美しくデザインされた窓枠から、ベランダいっぱいに拡がる光は、それ自体が美しい絵画になります。室内は、1階に玄関ホール、書斎、食堂、応接室などがあり、各出入□の上にはブロークン・ベジメントと呼ばれる額縁、大理石のマントル・ピース、チークの床材、ブロンズのシャンデリアなど、当時の豪華な面影をしのばせます。また階段の踊り場には、英国から取り寄せた美しい色模様のステンドグラスが素晴らしく、英国のジ∃一ジアン風の趣きを呈しています。この建造物は、当時の富裕な外人生活の―端をうかがうに足る、いわゆる異人館の好標本であり、緑の山々をバックに、洋風の庭園とよくマッチし、細部にまで神経のゆき届いた意匠とあいまって、この時代の異人館の最もすぐれたものといえます。


7月には外観しか見られませんでしたが観光シーズンの10月は毎日オープン、動物園開園日のみ

 

 

 


 

 


 

 


    • 旧ハンター住宅は、もと神戸市中央区北野町3丁目にあった建物を昭和38年に現在地に移築したもので、現存する神戸の異人館の中では最大の規模のものの1つです。 最初に作られたのがいつかは、はっきりとわかっていませんが、明治22年頃ドイツ人のA.グレッピー氏が英国人の技師に依頼して作ったものといわれています。 その後、英国人のE.H.ハンター氏が、北野町背後の高台に居宅を作るにあたり、この建物を買い取り、改造して現在にみる建造物に仕上げたもので、棟札に「上棟式範多氏」「40年…
    city.kobe.lg.jp でさらに見る
    • 公開日: 2019/02/25
  1. 旧ハンター住宅 - Wikipedia

    https://ja.wikipedia.org/wiki/旧ハンター住宅

     

  2. 旧ハンター住宅(きゅうハンターじゅうたく)は兵庫県神戸市灘区の王子動物園内にある異人館。1889年頃の建立。1966年6月11日に国の重要文化財に指定されている。現存する異人館の中では最大級であり、明治時代の最も優れた洋風 ...竣工: 1889年(明治22年)建築主: A.グレッピー延床面積: 546.271 (1階 263.749、2階 273.499、3階(塔屋)9.023) m²構造形式: 木骨煉瓦造2階建3階建塔屋付、外壁モルタル





スポンサーサイト



美の壺ヴォーリズ建築の別荘を拝見

先日もご紹介した美の壺「日本の避暑地」のヴォーリズ建築
10年前偶然私もこのお宅に招き入れてくださいました。
https://ameblo.jp/moris5235/entry-12497412890.html

イメージ 1


イメージ 2
ヴォーリズ建築の別荘を探していただけなのに、ありがとうございました。
かけがえのない思い出です。


イメージ 3
ヴォーリズらしい素敵な窓。
イメージ 4


夏でも暖炉
戦時中軽井沢に疎開されたフランス文学者の朝吹登水子氏の本は一時読み漁りました、アールヌーヴォの表紙、疎開、フランス留学、恋愛、アンティークの
お話が興味深い。
そのあと、別荘も見学しました。



イメージ 5

蒲郡クラッシックホテルの和朝食

  
イメージ 4

ホテルの部屋から見た竹島。
7月8日から9日の事です。

上の和風の建物で和食がいただけます。うちは無理(;´д`)トホホ
ランチならまだしも。

イメージ 5

二人とも高くてボリュームがある夕食は無理。

六角堂での夕食
ミニステーキ丼やガーロックご飯だけでは足らず、サザエ焼いてもらいました。

一人旅の女性がワインやステーキを注文、元気で羨ましい。

イメージ 1

レストランの天井、六角堂ではなく本館

イメージ 2

エレベータの中

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 7
敷いてあったお皿は昔の竹島風景の物でした。すぐ下げられてしまい写せなくて
残念でした。

イメージ 5

前日に予約する和朝食、私はお粥にしました。
👈はじの丸いものがおいしい。、湯葉団子だったか。
個々の朝食が一番、帝国ホテルや鴎外荘より好みです。

うちの夏休みはこれで終わり。高くなリ、混雑するとといけません。

イメージ 6


イメージ 8

「美の壺」に登場した軽井沢のヴォーリズ設計の別荘に2009年招き入れてくださいました(^^♪

イメージ 1


先日、ここのポストカードは御紹介しました。

そのカードは今のオーナーが文化財の指定受けた記念 に作られたものです。

本で読んでいても個人別荘の位置はなかなか分かりません。

ヴォーリズ自身の別荘もありますが今は違う方の所有です。

格安ホテルの立派なコンスィエルジュ?はヴォーリズの名前すら知らなかった!
イメージ 2

温泉付きでこんな気持ちいい中庭がありました。

イメージ 3

白駒池などで2時間近く歩き回り疲れて早寝したためと
寒くて夜中に何回も起きてしまいました。

朝一番に訪れた軽井沢タリセアンの旧朝吹邸 で聞いてもヴォーリズの別荘はわからず、旧軽井沢ロータリーの臨時観光案内所に行きました。

そのおじ様が始めはなかなか教えてくれないのですが、色々聞いていくとだんだんと教えてくれました!時間はかかるけれど、聞いてみるものですね。

今は雑踏の中にある有名な教会やテニスコートは前に見学したことがあります。

イメージ 4

ここは旧鈴木歯科診療所 の内部です。今は違う方が住んでいらしゃるので庭には入らないでそっと写真撮っているつもりが…

なんと今の御主人が出ていらしゃってちょっとお話しするうちに中に招き入れてくださいました。なんてラッキーだったのでしょう。

イメージ 5


歯科医の鈴木氏がヴォーリズに依頼して建てられた夏だけの診療所。

質素とはおしゃいますが夏はここで診療されるとはなんて優雅。

いかにもヴォーリズの出窓や作りつけの椅子は大勢のお客様をもてなすことができます。大きな収納戸棚などもあり暮らしやすそう。

暖炉もさすが実用品でお飾りではありません。

朝は火を入れていたそうです。私が朝吹登水子 さんの本(といっても私の事ですから朝吹さんが訳されたボーヴォワールやサガンは学生時代にちょっと読んだだけで主に彼女自身の人生についての著作を夢中になって読んだだけなのですが。)を読んだというと喜んでくださって客用寝室、食堂、キッチン、リビング等案内して説明してくださいました!

感謝です。

壁は本壁ではないのでどんどん足先が冷えてくるのがわかりました。

奥様が帰宅されお茶やお菓子まで頂きました。

イメージ 6


このドアや窓、机もアールデコです。好きです。

イメージ 7


今のオーナーは学生時代に避暑に来られていて!(私のような庶民とは次元が違います。)この別荘を入手されたいきさつ伺っているうちにおじい様の出身地と私の母の出身地がそう遠くないことが分かりました。

一緒に避暑に来られた御友人は吉田茂につながります!



ありがとうございました。

ヴォーリズ自身の別荘は今は画家の所有だそうです。

昔はこの別荘から駅が見えたそうです!

今はここも木が茂りちょっと寒いぐらい。
今出来の軽井沢の家はエアコンがいりますがこのお宅は不要です。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR