FC2ブログ

宮崎フェニックス自然動物園、みどりさんのシャワータイム

 

南国、はにわの世界?

高い椰子の木が良いですねえ。

 

 

宮崎市フェニックス自然動物園は、昭和46年3月開業。太平洋に面する宮崎市北東部の一ツ葉(ひとつば)海岸の広大な松の丘陵にあります。 「フェニックス・シーガイア・リゾート」のリゾート施設群に隣接しており、太平洋を望む約130,000平方メートルの松の丘陵地に約100種1,200点の動物たちが飼育されています。 アジアゾウ展示場、アフリカ園、チンパンジー舎、こども動物村など、動物展示場のほかに、遊園地、流れるプール(夏季営業)、レストラン・ショップ、どうぶつ情報プラザや広場などがあります。

 

 

みどりさんのシャワータイムのはじまり♪

今はお散歩やみどりさんに乗ることも出来ませんから考えてくださったのでしょう。

 

動画↑↑

 

 

 

平成30年7月11日より宮崎市フェニックス自然動物園のメスのゾウ「みどり」(17歳)を繁殖目的で借り受けることとなりました。宮崎市より無事到着、長旅でしたが元気です!

借受期間中は、当園のオスのゾウ「マック」(25歳)との間で繁殖に取り組みます。「みどり」は「マック」と交配し、妊娠が確定すれば宮崎市に帰ります。(最長で平成31年6月までの借り受けとなる予定です)
2019年6月追記:期間を延長し、2019年9月まで滞在予定となりました。

日本ではこれまで11頭の子ゾウが生まれましたが、現在6頭しか生存しておらず、マックとみどりの繁殖には大きな期待が寄せられています。


 

 

 

 

 

 

 昨年7月10日より神戸市立王子動物園で妊活中のアジアゾウ「みどり」が、9月19日(木)、1年2か月ぶりに帰園いたしました。
 たくさんの方に見守られる中、輸送檻より出てきた「みどり」は、同行していた飼育員と共に歩いてゾウ展示場に戻りました。静かに様子を見守っていた子ども達も思わず「お帰りなさーい」と声をかけていました。
 フェリーでの輸送途中は水を飲まなかったそうですが、展示場に戻った「みどり」は、まず水を飲み、エサを食べ、砂浴びをして何事もなかったように過ごしており、一安心です。
 今後、お散歩などのイベントへの復帰は、10月以降に再開できればと考えておりますので、もう少し「みどり」の様子を見守っていきたいと思います。

2019年9月20日

 

婚活のため神戸王子動物園に行っていたみどりさん、今は宮崎に帰園しています。

宮崎の人気者。

 

東山動物園でアジアゾさくらが生まれ妹か弟が望まれていますがなかなか難しそうです。

3頭一緒の時

 

 

 

 

バイバイは上記の動画の方がましです。

 

 

 

無料機関誌の充実ぶりに感心しました。

 

東山動物園でも以前はゾウにハーモニカ吹かせたり、フラフープで遊ばせていたのに。

象さんの暇つぶしになるのでは。

 

https://twitter.com/karin_amamiya/status/1315954596884357121?s=20

 

https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/1315934927343427584?s=20

 

https://twitter.com/vanity_temple/status/1315924363678375936?s=20

 

 

AD

スポンサーサイト



沢田研二主演社会派ドラマ「幸せな市民」

 

リクエストスペシャル~もっと、ジュリー~!衛星劇場で、ジュリーこと沢田研二主演のドラマやバラエティ、映画を特集放送!「幸福市民~勤勉とは?」「ふたつの愛」CS初放送!「真理ちゃんとデイト~沢田研二出演回より~」放送!

 

衛生劇場で観ました。

天地真理「真理ちゃんと一緒」やてなもんや三度笠に出ていたとは出ていたとは!!

 

てなもんやではなんと生舞台でタイガースとして歌ってるラブ

 

 

鶴彦は銀行勤めをしていたが企業のために自分を殺して働くことに耐えられず退職、その日から「食えるだけ働けばいい」という主義で何とか生活してきた。損害保険の調査事務所に就職。仕事の手始めはある男が起こした交通事故の内容調査で、鶴彦は被害者・幹夫の行方をつきとめた。幹夫は食べる物を万引きして暮らす毎日だが、鶴彦は幹夫の生き方に共感を覚える。

原作:つる井通真 脚本:中島丈博 !!

 

雲居鶴彦(沢田研二)は、競争社会に嫌気がさして銀行を辞めてしまいました。妻子を養うため損害保険の調査員となり、ある交通事故の被害者・山下幹夫(麿赤児)を探すことになります。やっと出会えた幹夫は元大手電気会社員。しかし今は一切働かず、食べ物を万引して暮らす日々です。鶴彦はそんな幹夫の生き方に共感を覚えてしまい…。つげ義春の世界を思い出してしまうのは小生のみでしょうか? 鶴彦が幹夫とのある「約束」を果たそうとする結末がいつまでも心に残ります。靏井通真の『ある企業逃亡者の軌跡』『損害調査員の事件簿』を原作とした中島丈博脚本のドラマで、第27回ギャラクシー賞奨励賞と第8回向田邦子賞の受賞作です。アカイさん

 

最後なぜか泣けそうになりました。。原作、脚本、出演者豪華。

 

島田歌穂が可愛い、ラブラブ演技も確か。のちにレ・ミゼのエポニーヌでは彼女しか観たくないほどになりました。

 

こんな社会派ドラマがあったとは。

 

れいわ新撰組の安冨教授も人間をスポイルする銀行を退職ビックリマーク

 

3時間もかけて通勤する男性達、女性には働きがいのある仕事はなく....

 

社会の仕組み、世間の冷たさは今はもっとひどくなり、心配でなりません。

 

最後にイマジンイマジンが流れます。

 

さすがのちに反原発や9条の歌を作ったジュリーです。

https://twitter.com/Pon_1970/status/1314344695959412737?s=20

 

https://twitter.com/nakano0316/status/1314378930602700801?s=20

 

https://twitter.com/tamutomojcp/status/1314409248755916801?s=20

 

https://twitter.com/aiko33151709/status/1314377479138676736?s=20

 

https://twitter.com/KazuhiroSoda/status/1314413178147676160?s=20

 

 

 

 

https://twitter.com/aiko33151709/status/1314464151780028416?s=20

 

 

「平家琵琶」の伝統がなぜ名古屋に残るのか?+制服向上委員会

「現代に響く!古典の名作“平家物語〜那須与一”」

名古屋から古典の名作「平家物語~那須与一」をお届けする。平家琵琶の伴奏で語る今井検校の実演は圧巻!

「平家琵琶」の伝統がなぜ名古屋に残るのか?その謎にも迫る。

 

琵琶や琴の演奏♪

 

平家琵琶は鎮魂のためのものだから盲目の検校が演奏すると。

 

 

これは江戸時代には5万坪だったという尾張徳川家菩提寺の建中寺のお宝。

こちらでは有名な7代宗春の母の籠。

 

建中寺で安田文吉氏を迎えて、ロケ。

名古屋で芸能の研究者といえば安田氏、薬膳ラーメンのお店でお見かけしました。

 

 

 

 

 

尾張は裕福で芸事を支える旦那衆が居た、藩主はその先頭を切っていた。

 

尾張徳川家ではもてなしにまず抹茶を出して、能を見せたと、

能は家臣が演じた!

 

だからなのでしょうね、母の実家でも訪問先で抹茶を頂きました。特にお寺。

 

 

初代藩主が有馬温泉で湯治し前田検校の平家琵琶を気に入り、迎えた話や冷泉家とのつながりも興味深い。

先輩の冷泉さんの七夕の公演観たり、テレビでは名古屋のお香の家元を訪問されるのを観ました。

 

朝日 重章文左衛門の日記

『鸚鵡籠中記』の公開がはばかられた理由は、尾張藩への批判や醜聞が記載されていたためと考えられる。例えば4代藩主徳川吉通の大酒などの愚行を記述し、藩主と追従する重臣を批判している。またその生母本寿院の好色絶倫な荒淫ぶりをいくつも記載していたり、当時の生類憐愍の令について、尾張藩においてほとんど取り締まりをサボタージュしていた事実も記載されている[1]

 

彼の趣味は飲酒、歌舞伎、人形浄瑠璃、釣り、

芝居がない時は釣り投網打ちが多い。「生類憐みの令」全盛期であっても、からの禁令が出ても、そのようなものはどこ吹く風。サボタージュを決め込み、友人たちとしょっちゅう「殺生」と称して出かけている[3]

 

 

 

 

 

 

せっかくのこの番組、司会者がどこにでも出てくる方で。友人も観る気がしないと、

内容は良いから、残念

NHKは芸能、歌舞伎に詳しいアナも居るのに。

視聴者が喜ぶと思うのですね、前の司会もたどたどしい、女性タレントでした。

視聴者を馬鹿にしてませんか。

 

 

 

 

 

 



アメブロでUP出来ない、ワクチンと薬だけでは、パンデミックを耐えられない。



ぜひお読みください。


非常に示唆に富んでいます。


武漢で封鎖の日々を綴った方方が「一つの国が文明国であるかどうかは軍隊が強いとか、科学技術が発達している....とかではなく....弱者へ接する態度である。


石を投げる人間に一緒になって石を投げるいやしさ


こういうとき政治家にすがってしまう危険性大である。ヒトラー待望、


今もナチスを見習えと発言した政治屋がのさばってる日本はとんでもない国でしょう。



無理をさせる軍隊や職場は被害を大きくする!!過労死大国日本!


スペイン風邪は本当は米国から始まったのに、第一次世界大戦中でスペインだけは中立国で報道統制していなかったから

こういう名称がついてしまった。


第一次世界大戦では毒ガスが使用され、殺虫剤の研究進み、ユダヤ人虐殺に使用。


兵士も心のダメージも大きく、心の病人激増、生涯治らない人も。


第一次世界大戦後、ドイツに対する過酷な賠償は第二次世界大戦を引き起こした。



ラジオ深夜便便は入院中に特に4時台の「明日への提言」をよく聞いていました。


最近ママ深夜便ニコニコ聞いたらミュージカルの井上君は朗読しているは、


完璧な家事をしようとするあまり、子供の言い分を聞く余裕のなく自分を追い込んでるママに専門家や皆さんがアドヴァイス

えーん







寄稿 藤原辰史・京都大学准教授(農業史・環境史)

 ワクチンと薬だけでは、パンデミックを耐えられない。言葉がなければ、激流の中で自分を保てない。言葉と思考が勁(つよ)ければ、視界が定まり、周囲を見わたせる。どこが安全か、どこで人が助けを求めているか。流れとは歴史である。流れを読めば、救命ボートも出せる。歴史から目を逸(そ)らし、希望的観測に曇らされた言葉は、激流の渦にあっという間に消えていく。

 宮殿で犬と遊ぶ「ルイ16世」の思考はずっと経済成長や教育勅語的精神主義に重心を置いていたため、危機の時代に使いものにならない。IMFに日本の5・2%のマイナス成長の予測を突きつけられ、先が見通せず右往左往している。それとは逆に、ルイとその取り巻きが「役に立たない」と軽視し、「経済成長に貢献せよ」と圧力をかけてきた人文学の言葉や想像力が、人びとの思考の糧になっていることを最近強く感じる。

拡大する写真・図版3月19日、イタリア・ペーザロ市のサンサルバトーレ病院で。本来は総合病院だが、今は新型コロナ患者のためのICUとなっている。医療従事者は12時間交代のシフト勤務。防護服を脱げないため、その間は飲まず食わずでトイレにも行けない。アルベルト・ジュリアーニ氏撮影

 歴史の知はいま、長期戦に備えよ、と私たちに伝えている。1918年から20年まで足掛け3年2回の「ぶり返し」を経て、少なくとも4千万人の命を奪ったスペイン風邪のときも、当初は通常のインフルエンザだと皆が楽観していた。人びとの視界が曇ったのは、第1次世界大戦での勝利という疫病対策より重視される出来事があったためだ。軍紀に逆らえぬ兵士は次々に未知の疫病にかかり、ウイルスを各地に運び、多くの者が死に至った。

 長期戦は、多くの政治家や経済…

明智鉄道・花白温泉と日本一の農村景観と乗馬と

まだ鹿児島、宮崎の動物園体験記も途中ですが。

 

 

 

↑の駅から0分の温泉、ちょうど電車が来てくれましたラブ1両です。

女城主で有名な岩村城とこの温泉は昔来たことあります。

温泉はラジウム温泉、

 

小さな温泉ですが良いお湯、壁画の蓮が可愛い。

 

ココの名物寒天ラーメンは良い香りがして、くどくなく美味しい、中に半熟卵ビックリマーク

画像はスマホとツイッターに

日本一の農村風景だそうです。

この隣に乗馬クラブあります。

今回は生協の無料体験で。苦笑懲りない奴です。

 

人参カットしてお土産に。

夫は温泉狙い

 

 

 

 

 

栗を拾った夫は今日栗の皮むきに励んでました。

 

 

馬にとり便秘が一番怖い、6回ぐらい食べて押し出すと、乗馬クラブでは4回ぐらいしかやる時間がない。

猫が木に登る音や、栗が落ちる音にも怖がるのだそうです。

そんな猫は抱いて撤収ラブラブ 

https://twitter.com/ueno_wan/status/1311956136061399041?s=20

 

 

https://twitter.com/danketsu_rentai/status/1312040453710045184?s=20

 

 

https://twitter.com/babyzoo_info/status/1312202987633217537?s=20

 


 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR